力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

プール熱に大人が感染した場合 症状の程度はどのくらい?

sick_netsu

夏に子どものプール教室や保育園・幼稚園などで流行しやすいプール熱。

子どものかかる病気と考えがちですが、大人もかかる可能性があるってご存知でしたか?

もし大人がかかった場合、症状は子どものプール熱と違うのか?

大人のプール熱の症状、注意点についてご紹介します!

 

【スポンサーリンク】

 

プール熱は大人もかかるの?

hatsunetsu_kodomo (1)

プール熱の正体はアデノウイルスというウイルス。50種類以上も型があるアデノウイルスのうち、3型などに感染するとプール熱を引き起こすと言われています。『関連記事アデノウイルスとプール熱の違いとは?それぞれの症状を解説

そもそもなぜプール熱と言われるかというと、患者の唾や目やになどのウイルスに侵された体液がプールの水などを媒介して感染が広まることが多いからなんだとか。

しかしアデノウイルス自体は非常に感染力が強く、プールの水にとどまらず、飛沫感染・接触感染・糞口感染でも感染します。

そのため、プール熱にかかったお子さんを自宅で看病している際に、親御さんが感染するケースも多いそうです。よって、大人も充分に感染する可能性があります

プール熱の潜伏期間は大体5~7日と比較的長く、この期間中からウイルスに感染する可能性はあるでしょう。

お子さんがプール熱に感染している際は、ご自分もウイルスを保有している可能性があることを念頭において、周囲にウイルスを拡散しないよう心がけることが肝心です。

 

【スポンサーリンク】

 

大人のプール熱の症状は?

sick_nodo

プール熱の症状は主に3つあります。

1、目が赤く充血する
2、喉が赤くはれる(時には膿も出ます)
3、38度以上の高熱が続く

大人がプール熱を発症した場合、『目が赤く充血する』『発熱』などの症状は比較的軽く、『喉が赤くはれる』症状が顕著に現れるそうです。

発熱もあるにはありますが、子どもがプール熱にかかった際に4~7日も高熱が続くのに比べ、大人は比較的熱が出にくいようです。

特に喉の炎症は激痛と言えるほどひどくなるケースも多いようで、膿が出ることもあるのだとか。

そういった時は微熱を伴う場合もありますし、食事もしにくくなると思います。

喉が痛いと水分を十分に摂れず脱水症状を起こすことがありますので、水分補給には注意してくださいね。

 

~まとめ~

このように夏風邪の一種とはいえ、やはり感染してしまうと厄介な病気です。

感染力が高いとはいえ、100%感染するワケではありません。体力が低下しているなどの体調不良、高齢者で免疫力が低下しているなどの場合に感染する可能性があるということです。

また、感染力が高いウイルスではありますが、手洗い・うがい・タオルの共有を避けるなど、プール熱回避のためにできることはたくさんあります。

身の回りでかかっている方がいる場合、自分は大人だから大丈夫と高をくくらず日ごろ以上に手洗い・うがいを心掛けてくださいね!

関連記事プール熱|潜伏期間中に感染する可能性はあるのか

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031