力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

大人がプール熱に感染 会社に出勤できるのはいつ頃?

home_gaisyutsu_man

子ども限定の病気と思われたがちなプール熱ですが、大人もかかる可能性があるってご存知でしたか?

プール熱は非常に感染力が高い病気のため、子どもが発症した場合登校・登園禁止となってしまうことも…

では大人の場合はどうなのでしょうか?

子どもと違ってすぐに、そして長期的に仕事を休んだりできない人もたくさんいますよね。

大人のプール熱、特に会社に出勤できる時期についてご紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

そもそもプール熱とは?

virus_character

プール熱の正体はアデノウイルスというウイルス性の感染病です。『関連記事アデノウイルスとプール熱の違いとは?それぞれの症状を解説

50種類以上も型があるアデノウイルスのうち、3型などに感染すると高熱や喉の炎症など“喉頭結膜炎”を引き起こします。

この“喉頭結膜炎”のことを世間一般ではプール熱と呼んでいるのです。※潜伏期間にもうつるのか?については『関連記事プール熱|潜伏期間中に感染する可能性はあるのか』からご覧ください。

ではなぜプール熱と呼ぶのか?それは体力・免疫力の低い子どもが感染しやすいこと、そして幼稚園や小学校のプールの水を媒介にして感染が広まりやすいからです。

アデノウイルスに感染した患者の体液(唾液や涙、鼻水など)がプールの水を介して他者の身体に侵入し、感染者が広まっていきます。

しかし感染経路はプールの水に限ったことではありません。

子どもと同じプールに入っていない大人でもかかることはあります。

それはアデノウイルスは飛沫感染・接触感染・糞口感染という感染経路も有しているからです。

患者となったお子さんの看病を家でしている際に、同じタオルをつかったり唾液や鼻水などに触れた手で自分の目や口元に触れたりすると、体力が落ちている大人も感染します。

 

【スポンサーリンク】

 

プール熱に感染で会社に出勤できない?

hikikomori_woman

上述したようにアデノウイルスは感染力が高いため、文部科学省はプール熱を学校伝染病(※正しくは学校において予防すべき伝染病)の第2種に指定しています。

そのため、プール熱と診断されたら発症から症状が治まってからも2日後まで、登校・登園を禁止しています。

しかし子どもと違って大人はなかなか仕事を長期間休むことはできませんよね。

プール熱による出社禁止があるかどうかは社の方針にもよると思いますが、医師から出社禁止を言い渡されるケースもあるそうですよ。

仕事に行かなければいけない場合、気を付けなくてはいけないのは感染の拡大を防ぐことです。

職場はもちろんのこと、通勤中もマスクを着用しつばや鼻水などに含まれたウイルスが拡散しないよう心がけましょう。

また、トイレ後にはしっかり手洗いをし、タオルの共有などは避けてください。

 

~まとめ~

自分がアデノウイルスにかからないようにするのはもちろんのこと、他人に移さないよう手洗い・うがいを心掛けるのは社会人のマナーですよね!

お互いの気遣いで感染拡大が防げる病気です。周囲に患者が出た場合はいつも以上に手洗い・うがいを心掛けましょう。

関連記事プール熱に大人が感染した場合 症状の程度はどのくらい?

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30