力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

下まぶたの痙攣が気持ち悪い!原因や治し方をチェック

computer_tsukare

特に思い当たる原因もなく、ある日突然目の下まぶたがピクピクと痙攣し、自分の意思では止めることができず困っているという話をよく耳にします。

先ほども言ったように、自分の意思とは関係なく動くため、仕事に集中できなかったり、人と会う時に憂鬱な気分になったり…その結果ノイローゼ気味になってしまう人もいるとか。

一体、下まぶたが痙攣する原因とはなんなのか?また、その治し方はあるのか?についてお伝えしていこうと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

下まぶたの痙攣が起こる原因

allergy_me_kayui

まぶたの痙攣が起こる原因には様々なものがあり、日常性を見直すことで症状が軽減するものから、病気が原因となって起こっているものまで、様々です。

数ある諸説の中で、痙攣の主な原因として一番言われているが「目の疲れ」です。

現代私達は、パソコンやスマホ、テレビ、ゲームなど、画面を長時間見続けることで、昔に比べ目が疲れやすい環境に置かれています。

目に疲れがたまることで、目の筋肉が固まり、血流も悪くなることから、まぶたがピクピクと痙攣を起こしてしまうのです。

更に目の疲れによるまぶたの痙攣は、画面を見続けることだけでなく、寝不足やアルコール、たばこの多量摂取、ストレスなど、その日常生活の乱れも起因するので気を付けましょう。

上記したように、まぶたの痙攣は、疲れやストレスなどによる眼精疲労からくることが多いのですが、中には目や脳に病気があり、その初期症状として痙攣を起こしている可能性もあります。

例えば、ドライアイ

dry_eye

悪化すると、結膜炎など目の炎症を引き起こす病気です。

パソコンなどによる長時間の作業中、瞬きの回数などが減ることで、目の表面が乾いてしまうことが原因だと言われています。

また、脳腫瘍や脳梗塞、くも膜下出血などの場合も、目のまぶたの痙攣や麻痺が起こると言われており、注意が必要です。

 

【スポンサーリンク】

 

下まぶたの痙攣の治し方

eyemask

もし、まぶたの痙攣の原因が目の疲れによるものであった場合、その治し方は以外と簡単です。

目の疲れによって、目の筋肉が固くなったり、血流が悪くなることで起こるのですから、筋肉をほぐし、血流を良くしてあげればいいのです。

方法としては

・目を温める
・目の運動をする
・目を休ませる

などがあります。

温タオルなど(やけどに注意!)をまぶたの上にのせ、患部の血行を良くすることで、緊張がほぐれ、目の疲れ回復につながります。

また、目の筋肉をほぐすため、目の30㎝先に指を置き、その数m先に目標を決め、10秒ずつ指と、その先に定めた目標へ交互に焦点を合わせていく運動を行うことで、目の筋肉をほぐすことができます。

そして何より、脳や体の疲れを取ることが重要です。

しっかりと睡眠時間を確保し、規則正しい生活を送ることで、目の疲れによるまぶたの痙攣は回復していくでしょう。

しかし、上記したような方法をとっても、症状が治まらず、悪化の一途をたどるようであれば、目や脳に何かしらの病気を抱えている可能性があります。

そんな場合は、放置せず、まずは眼科、そして脳外科や神経内科など、詳しく検査してくれる医療機関を頼ることをお勧めします。

 

~まとめ~

下まぶたが痙攣を起こす原因は、目の疲労である可能性が高いです。

目の周りの血行を良くし、筋肉をほぐすこと。また、しっかりと睡眠をとるなど、生活リズムを整えることで、回復に向かうことができます。

しかし、まぶたの痙攣は目や脳に病気がある場合の初期症状である可能性もありますので、痙攣が続くようなら、医療機関に相談しましょう。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031