力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

VDT症候群の症状や治療方法をチェックしよう

dry_eye

VDT作業という言葉をご存じでしょうか?

それはコンピューターなどを用いた作業の総称であり、近年このVDT作業を行う人々の中に体調不良を起こすVDT症候群と呼ばれる症状が現れ始めたことで、その症状や治療法に注目が集まっています。

関連記事下まぶたの痙攣が気持ち悪い!原因や治し方をチェック

 

【スポンサーリンク】

 

VDT症候群の症状

computer_tsukare

ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル作業の略称であるVDT作業は、パソコンやゲームなどのOA機器を使用した作業を主とします。

このVDT作業を長時間行う人々の間で、目に不快感を感じるなどの体調不良の訴えが相次ぎ、それが後にVDT症候群と名付けられることになりました。

VDT症候群は別名・テクノストレス眼症とも呼ばれ、その名のとおり、パソコンやスマホ、テレビゲームなどの画面を長時間見続けることで、ドライアイや屈折異常など目に異常が現れる症状が起こります。

また、目だけでなく、長時間同じ姿勢でいることが多いことが原因となり、ヘルニアや手根管症候群などの整形外科の症状や、頭痛や不眠、うつ症状などの精神神経の症状までも起こりうるとされています。

そのような事態にならないためにも、日頃からVDT症候群を予防対策する必要があります。

そのためには

 

目を休ませる:一時間に10分~15分の休憩をとる。

体をほぐす:軽い運動でかまわないので、固まった筋肉をほぐしましょう。

クーラーや暖房の風が直接当たらない場所で作業する:目に当たり続けるとドライアイに、また長時間体に当たり続けると体調を崩してしまう恐れがあります。

メガネやコンタクトレンズが合っているか確認する:度が合っていないと目への負担になります。定期的に眼科へ受診しましょう。

これらに気を付けるようにしましょう。

また、上記したことを行っても、疲れがとれない、体調不良が悪化する…という場合は、すでに何かの病気にかかっている可能性が考えられます。

その場合は、すみやかに医療機関へ相談しましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

VDT症候群の治療方法とは?

dai_byouin2

もしVDT症候群にかかってしまった場合、その治療法とはどの様なものなのでしょうか?

まず、目の症状が悪い場合、眼科での治療で改善させることができます。

また、整形外科系の症状が悪い場合、悪くなった血行を促進させるため、温熱療法を行ったり、針や指圧などの治療を受けて症状の改善を図るほか、ウォーキングや水泳など、日常的に体を動かす生活を心がけることで、再発を防ぐことができるでしょう。

そして、頭痛やうつ症状などの精神神経の症状の場合、まず大切なのが、十分な休息をとることです。

また、カウンセリングや精神科への受診などで精神状態を判断してもらい、自身にあった治療を行い、そこで処方される薬などに頼ることで、症状を安定させるのも手です。

 

~まとめ~

私達の日常生活に欠かせない存在となったOA機器。

その普及と必要性に伴い、VDT症候群になってしまう人々が年々増えてきています。

パソコンやゲーム、スマホを長時間使用し続けることは避け、整った生活習慣を心がけることが、予防に繋がります。

しかし、もしもVDT症候群になってしまった場合でも、その症状に合わせた治療法が必ずあるので、医師の指導の元、症状改善に努めましょう!

関連記事下まぶたが痙攣して辛い時に試す対処法

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031