力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

溶連菌感染症に感染!出席停止の期間はいつからいつまで?

allergy_hanamizu

ある日、子どもが喉の痛みを訴えてきた時…「ただの風邪でしょ?」なんて油断せず、溶連菌感染症を疑いましょう。

この溶連菌感染症は、病院で抗生物質を処方してもらい、しばらくの間、学校などの出席停止が義務付けられることになる感染症です。

インフルエンザや風疹など、名の知れた病気の場合、その出席停止の期間はだいたい予想ができますが、まだまだ知名度の低い溶連菌感染症にかかった場合、一体どのくらいの期間、休まなければならないのか不安だという声を多く耳にします。

 

【スポンサーリンク】

 

溶連菌感染症にかかったら出席停止!?

kaze_woman (2)

インフルエンザなど、出席停止や自宅での療養をするように言われる病気は、この世界に沢山存在します。

その中で、あまり知られていないのが、溶連菌感染症と呼ばれる病気です。

そもそも、出席停止が命じられる病気は、学校の場合、他の児童や教職員への感染を防ぐことが目的で、学校保健安全法という法律で定められているのです。

今回話題となっている溶連菌感染症も、学校保健安全法の中で定められている病気の中の一つであり、患者が溶連菌に感染しているを確認した時点で、学校などへの出席を停止しなければなりません

 

【スポンサーリンク】

 

溶連菌感染症になってから出席停止が解かれるまでの期間

youchienji_sakura

では、この溶連菌感染症にかかった場合、一体どの位の期間、出席停止しなければならないのでしょうか?

厚生労働省が作成しているガイドラインによると、保育園などは「抗生物質を飲んでから24〜48時間が経過していること」とされていることから、乳幼児に関しては、感染してから、だいたい2、3日で登園が可能ということになります。

また、小学校、中学校、高校、大学も、学校保健安全法の対象となるため「抗生剤治療開始後から、24時間を経て全身状態がよければ登校可能。長くても初診日と翌日を出席停止にすればよい。」という決まりがあります。

つまり、病院を受診した日とその翌日は休み、それ以降は体調が良ければ登校を再開できるということになります。

溶連菌感染症は、上記のように抗生物質を飲み始めて24時間経てば、他の人への感染の確率がほとんど無くなると言われています。

しかし、より確実に感染拡大を防ぐため、幼稚園や保育園の場合、その症状が収まった頃、再度病院に行って、医師からの登園許可をもらわなければならない場合もあります

また、この溶連菌感染症は、抗生物質を飲み始めて、数日で症状は回復はしますが、菌が体内から完全にいなくなったとは言い切れません。

そのため、例え体調が元通りになって、周りからも元気にしている様に見えても、再発する可能性があるとされています。

そうならないために、病院からはおよそ10日〜2週間分ほどの抗生物質が処方されているかと思いますので、それらを最後まで飲みきりましょう。

 

~まとめ~

溶連菌感染症にかかった場合、乳幼児であれば2、3日、小学生〜大学生であれば、病院での診察を受けてから24時間以降に登校再開が可能だとされています。

しかし幼稚園や保育園によっては、被害拡大を防ぐため、医師からの登園許可証を求める所もあるので、確認が必要です。

また、菌の滞在期間は個人差があるので、病院から処方される抗生物質を最後まで飲みきり、確実に体内から菌を追い出すよう努めましょう。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30