力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

溶連菌感染症|子供の症状の特徴と正しい治療法

sick_hiyasu_waki (1)

幼児や低学年の子供達の間で多く発症すると言われている、溶連菌感染症。

発症すると、高熱や喉の痛みなど、一見すると風邪を引いているだけのように見えます。

しかし、この溶連菌感染症は、もし発症しているのなら、出席停止になるほど感染力が強く、様々な合併症を引き起こす恐れもある怖い病気なのです。

そんな溶連菌感染症から、子供達を救い、更なる感染や再発を防ぐために、私達大人がこの病気の特徴や治療法をしっかりと認識する必要があります。

関連記事溶連菌感染症に感染!出席停止の期間はいつからいつまで?

 

【スポンサーリンク】

 

溶連菌感染症の症状とは

hatsunetsu_kodomo (1)

溶連菌感染症は、溶連菌と呼ばれる最近が原因となって起こる感染症で、その多くは喉から感染し、扁桃炎などを引き起こすと言われています。

特に幼児や低学年の子供達間で発症が多く見られます。

溶連菌感染症にかかった時の主な特徴は

・38〜39度の高熱
・喉の痛み
・嘔吐

など、一見風邪を引いているかのような初期症状から始まり

・体や手足に赤い発疹(痒みを伴う)
・舌にブツブツができる(苺舌)

などの溶連菌感染症特有の症状が出てきます。

また、解熱して1週間ほど経つと、手のひらが赤くなることもあります。

発症しやすい時期として、冬と春〜夏にかけて、年2回があり、主に幼稚園や小学校内での感染が多いとされています。

 

【スポンサーリンク】

 

子供が溶連菌感染症になった時に出来る治療

hospital_ansei

子供が溶連菌感染症と診断を受けると、病院からは、抗生物質が処方されます。

それを飲み始めると、熱が下がるなど、比較的はやく症状は回復していきますが、リウマチや急性系球体腎炎などの合併症を防ぐために、症状が収まっていても処方された分は最後まで飲みきりましょう。

また、療養中に私達が子供にしてあげられることが沢山あります。

例えば

・充分な水分補給
・のどごしが良く、消化しやすい食べ物の準備
・子供の爪を短く切ってあげる

などがあります。

高熱が出ているため、水分不足で脱水にならないように気をつけましょう。

bousai_water

また、溶連菌感染症は強い喉の痛みを伴うことが多く、固形物を飲み込むことが困難である可能性があります。

そのことを踏まえつつ、食べやすい食事の準備をしてあげてください。

そして、発疹が出ている間は、患部の痒みが出てくるため、小さな子供達は無意識に掻きむしってしまいます。

肌を傷つけないためにも、爪の長さに注意し、長いようなら切ってあげましょう。

また、症状が落ちつても、体内に溶連菌が残っている可能性があります。

上記したような合併症や、病気の再発を防ぐために、症状が回復してから2〜3週間後に、診断を受けた医療機関で、尿検査を受けるなどして、その回復が確実であることを確認しましょう。

 

~まとめ~

溶連菌感染症に子供がかかると、高熱や喉の痛みなど、私達の目から見ると「ただの風邪?」と思わされる症状からはじめります。

そのような場合、油断せず、医療機関にて検査することで、溶連菌感染症であるかどうか確認することができます。

溶連菌感染症であった場合、病院から抗生物質が処方されるので、たとえ症状が回復していても最後まで飲みきり、再度病院で検査を受けて、体内に溶連菌が残っていないかをしっかりと確認しましょう。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30