力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

溶連菌感染症に大人が感染!症状と治療方法を解説

sick_nodo (1)

幼い子ども達の間で、多く発症すると言われている溶連菌感染症ですが、実は大人である私達も発症する可能性があることをご存じですか?

子どもと大人では、その症状や治療法は違ってくるのでしょうか。

※子供が溶連菌感染症を発症した場合は『関連記事溶連菌感染症|子供の症状の特徴と正しい治療法』をご覧ください。

 

【スポンサーリンク】

 

溶連菌感染症に感染…大人の症状

sick_netsu

先ほども書きましたが、溶連菌感染症と言えば、子ども達の間で、その感染が多く報告されているイメージがありますよね。

しかし大人であっても、免疫力が低下している時などには、この溶連菌感染症を発症することがあります。

感染経路は、くしゃみや咳からだと言われているので、自宅で子どもが溶連菌感染症になり、そこから菌が飛沫して、両親にも感染した…と言うケースが多いようです。

溶連菌感染症にかかった時に見られる症状で特徴的なのは

・喉の痛み(悪化すると扁桃腺付近に白いブツブツが出てくる)
・発熱(38~39度)
・苺舌(舌に赤いブツブツができる)
・体に発疹(痒みを伴う場合もある)

などがあります。

その他にも、頭痛や下痢、嘔吐などの症状を併発することもあり、苺舌や発疹以外は、よくある風邪の症状と似ています。

しかし、風邪ではなく溶連菌感染症を発症している場合、抗生物質を使わなければ、体内からその菌をなくすことができません。

また、溶連菌感染症であることに気が付かないまま放置していると、症状が悪化し、腎炎やリウマチなどの合併症を併発してしまう可能性もあるので、気を付けなければなりません。

 

【スポンサーリンク】

 

溶連菌感染症に大人が感染した時の治療法

medicine_capsule

一見風邪のような症状であっても、家族や職場の同僚など、身近な人の中で溶連菌感染症を発症した人がいる場合、また、風邪薬を飲んで2日以上経っても症状が改善されない場合は、内科を受診し検査を受けましょう。

その結果、溶連菌感染症を発症している場合、医療機関での診断を受けて抗生物質を処方してもらう必要があります。

抗生物質を飲み始めると、2日ほどで発熱などの症状は治まってくるはずです。

しかし、体内の菌を完全に殺してしまうためには1週間~10日間ほど、この抗生物質を飲み続ける必要があります

症状が落ち着いたからと言って、途中で飲むのを止めてしまうと再発してしまったり、腎炎などの合併症に繋がる可能性があるので、医療機関から処方された分は、最後まで飲み切りましょう。

また、外出や職場復帰は、発症してから2~3日は控えた方が良いです。

抗生物質の飲み始めて、2~3日後に改めで医療機関を受診し、医師の了承を得てからであれば、確実に大丈夫でしょう。

 

~まとめ~

大人が溶連菌感染症に感染した場合、その症状は、ただ風邪を引いているだけのように見えます。

しかし、悪化すると腎炎やリウマチなどの合併症を起こすこともある危険な病気なので、他への感染を防ぐ意味でも、早期発見と抗生物質の服用が必要になります。

抗生物質を飲み始めると、その症状はかなりの速度で治まってきますが、体内に残っている溶連菌を完全になくすために、処方されている分は最後まで飲み切りましょう。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031