力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

プール熱|子供から大人にうつる可能性~頭痛の症状にご用心~

sick_nodo (1)

子どもの夏風邪の一つにプール熱という病気がありますよね。大人にうつる可能性もあるプール熱。

夏になると子どものプール教室や保育園、小学校のプールの授業で感染が広まっていく、厄介な病気です。

その感染経路、そして名前から子どもだけがかかる病気だと思っている方もいるかもしれませんが、要注意です!

どういう時に大人がプール熱に感染するのか?どのような症状があるのか?についてご紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

プール熱に大人がかかるケース

hatsunetsu_kodomo (1)

大人の場合、どのようにしてプール熱に感染してしまうのでしょうか?

まず、プール熱は正しくは“喉頭結膜炎”という病気です。喉頭=ノドと、結膜=目に炎症が起こり、高熱や頭痛などの症状も見られます。

プール熱を引き起こす犯人はアデノウイルスというウイルスです。『関連記事アデノウイルスとプール熱の違いとは?それぞれの症状を解説

アデノウイルスの特徴は感染力が非常に高いこと。そして通年性であることです。

つまり夏場に限らず、一年中かかる可能性は捨てきれないのです。

そしてプール熱という名前から、感染経路はプールの水だけというイメージがあるかもしれませんが、アデノウイルスは飛沫感染・接触感染・糞口感染などでも感染します。

そのため、小さいお子さんがプール熱にかかっているご家庭で看病している親御さんが感染してしまうケースが多いんだそうです。

目やにやつばなどの体液に潜むウイルスが体内に侵入すると疲労などで免疫力が低下している大人でも感染します

ご家庭の中とはいえ、タオルの共有などは控え、ウイルスが付着した可能性のある手すりやドアノブなどはこまめに殺菌しましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

大人のプール熱の症状は?

virus_zutsuu

プール熱は大人が重症化しやすい他の夏風邪などの病気に比べ、比較的大人の症状は軽いと言われています。『関連記事プール熱に大人が感染した場合 症状の程度はどのくらい?

とはいえ、プール熱の特徴である1週間以上続く高熱は大人も変わらず発症するそうです。

また、喉頭炎は子どもよりも悪化し、喉の痛みの激しさが増す人も多いのだとか。高熱が続くため頭痛などの症状も起こります。

大人にも子どもにも言えることですが、アデノウイルスは感染力が非常に高いため、他の人にうつさないようにする気遣いや努力が必要です。

特にお子さんの場合、発症が分かってから症状が治まって2日後まではどこの学校や幼稚園でも一般的に登校が禁止されます。

たくさんの子どもが集団生活する場ではどうしてもウイルスが広まりやすいため、こういった措置がとられるのですね。

大人の場合は明確なルールはありませんが、会社によっては何らかの規則を設けているかもしれません。一度確認してみるのも良いですね。『関連記事大人がプール熱に感染 会社に出勤できるのはいつ頃?

 

~まとめ~

大人だからといってプール熱にかからないとは限らないということがお分かりいただけましたでしょうか?

お子さんを看病される際は、ウイルスが体内に侵入しないようマスクの着用、手洗い・うがいを心掛けてくださいね!

関連記事感染力が強いプール熱~看病する大人も細心の注意を~

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30