力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

溶連菌感染症は赤ちゃんにうつる病気 症状と治療法のまとめ

baby_kokyuuki_tube

生後間もない赤ちゃんは、免疫力も弱く、様々な病気にかかりやすい状態にいます。

その種類が様々ですが、中でも溶連菌感染症には注意が必要です。

もし赤ちゃんが溶連菌感染症を発症したら、一体どんな症状が現れるのでしょうか?

今回は、その治療法と共にお伝えできればと思います!※子供の症状については『関連記事溶連菌感染症|子供の症状の特徴と正しい治療法』をご覧ください。

 

【スポンサーリンク】

 

溶連菌感染症に赤ちゃんがかかった時の症状

byouki_akachan_denwa

そもそも溶連菌感染症とは、溶連菌という菌に感染することで起こる様々な症状の総称です。

主な感染経路として、溶連菌に感染している人のクシャミや咳などで、唾が付着しての感染が多くみられます。

発症しやすい年齢として5歳~15歳など、保育園や学校などの集団生活が多くなる時期が挙げられていますが、乳児期の赤ちゃんであっても、感染する可能性はあります。『関連記事溶連菌感染症に感染!出席停止の期間はいつからいつまで?

もし、赤ちゃんが溶連菌感染症を発症したら

・高熱(39度前後)
・のどの痛み
・いちご舌(舌に赤い発疹が出てくる)
・体に発疹(痒みを伴う)

などがあります。

高熱やのどの痛みなどは、一見するとただの風邪のように感じるため、もし赤ちゃんが溶連菌感染症になっていても、その発見が遅れてしまうケースが多いようです。

気を付けなければないらないのは、溶連菌感染症になったまま放っておくと、リウマチや扁桃炎など、重い合併症を引き起こす可能性があるということです。

赤ちゃんは、まだ自分の症状を周囲に伝えることが出来ません。

親の目から見て、ただの風邪かも…と思っても、自己判断せず、すぐに医療機関での検査を受けましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

溶連菌感染症の赤ちゃんの治療法とは?

medicine_capsule

溶連菌感染症にかかっているかどうかは、医療機関で喉の細菌を採取する検査を行うことで判断します。

もし、赤ちゃんが溶連菌感染症を発症していると分かった場合、抗生物質や解熱剤などの薬が処方されます。

溶連菌が体内から完全に消え去るまでには、抗生物質を10日~2週間ほど飲み続ける必要がありますが、発熱などの症状自体は、2、3日で落ち着いてきます。

しかし、症状が落ちつたからと言って、抗生物質を飲ませるのを止めることはやめましょう。

先ほども書きましたが、2、3日で体調が戻っても、体内には未だ溶連菌が潜んでいるのです。

処方された抗生物質の服用を止めることで、残った溶連菌によって溶連菌感染症が再発し、合併症を引き起こす原因となりかねません。

溶連菌感染症が完治したかどうかの判断は、医療機関に再診し、医師の判断にゆだねましょう。

 

~まとめ~

もしも赤ちゃんが溶連菌感染症を発症している場合、発熱・のどの痛み・いちご舌・発疹などの症状が現れます。

治療は抗生物質を飲むことで、体内の溶連菌を殺していく方法が使われます。

抗生物質を飲むことで、容体はすぐに治まりますが、自己判断で服用を止めず、医師から溶連菌感染症が完治したという確認をもらってから、その服用を止めましょう。

関連記事
溶連菌感染症|感染原因は大人も子供も同じなの?
溶連菌感染症に大人が感染!症状と治療方法を解説
溶連菌感染症のうつる期間とうつらない為のポイント

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031