力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

溶連菌感染症は自然治癒しません~放っておくと危険です~

sick_hiyasu_waki (1)

幼稚園生から中学生くらいの子どもたちの間で、毎年溶連菌感染症が流行っています。

本来、溶連菌感染症にかかった場合、病院で抗生物質を処方してもらい、それを飲み続けることで、体内の溶連菌をやっつけることができます。

しかし、最近「溶連菌感染症は風邪のようなものだから、自然治癒するのを待っていれば大丈夫だ。」という噂が飛び交っているようです。

はたして、その噂は本当なのでしょうか…?

 

【スポンサーリンク】

 

溶連菌感染症は自然治癒する!?

hatsunetsu_kodomo (1)

確かに、溶連菌感染症を発症すると、その症状は一見風邪のように見えます。

例えば

・38℃~39℃の発熱
・喉の痛み

などがそうですね。

しかし他にも

・苺舌
・体中に赤い発疹

など、溶連菌感染症にかかっている人特融の症状も出てきます。

このように、症状だけみると、市販の解熱剤などを飲んでいれば、自然に治っていきそうな気がするのも理解できます。

しかし、日ごろ私達が「病院に行くまでもない」と判断し、自力で自然治癒させてきた風邪と呼ばれるものと、溶連菌感染症は決定的に異なることを知っておかなければなりません。

まず、私達が風邪と呼んでいる症状の80%~90%はウイルス性であり、世界に200種類以上存在すると言われ、今もなおその種類は増え続けており、このウイルスを直接やっつける薬は存在しないと言われています。

kin_kabi

しかし、ウイルスは人の体内で長生きできないので、市販されている解熱剤や咳止め、下痢止めなど、その症状に応じた薬を飲み、症状を和らげながら、自力で自然治癒させることができます。

しかし、溶連菌感染症は、ウイルスよりも大きな微生物である溶連菌と呼ばれる細菌が原因となる病気です。

これは、ウイルス性の風邪よりも人の体内で長期間生き続けることができるので、そのまま放置しておくと肺炎や気管支炎など、重度の合併症を引き起こす原因となります。

この溶連菌をやっつけるためには、病院で処方される抗生物質の服用が必須となるのです。

つまり、溶連菌感染症を発症した場合、私達人間は自力で自然治癒させることはできないと言う事です。

 

【スポンサーリンク】

 

ただの風邪のように思っても、病院に行き、検査を受け、溶連菌感染症であれば処方される抗生物質をしっかりと飲みましょう。

発熱などの症状は、抗生物質を飲み始めて2日ほどで回復していきます。

しかし、体内に残っている溶連菌は、感染力は衰えているとはいえ、10日ほど生き残っていると言います。

なので、抗生物質の服用を途中で止めてしまうと、殺しきれなかった溶連菌によって溶連菌感染症が再発してしまう可能性があります。

処方された抗生物質は最後まできっちり飲み切り、回復したかどうかは、病院で医師の診断を受けて確認しましょう。

 

~まとめ~

一見風邪のような症状でも、その原因が溶連菌感染症であった場合、自然治癒させることはできません。

疑わしい時は病院に行くことをためらわず、検査を受けましょう。

検査の結果溶連菌感染症であった場合、抗生物質が処方されるので、きっちりと飲みきることで、はじめて溶連菌を退治することができます。

関連記事
溶連菌感染症は赤ちゃんにうつる病気 症状と治療法のまとめ
溶連菌感染症のうつる期間とうつらない為のポイント
溶連菌感染症に大人が感染!症状と治療方法を解説
溶連菌感染症に感染!出席停止の期間はいつからいつまで?

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30