力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

ブヨに刺されたら治療薬としてリンデロンは有効か

atopy (1)

強いかゆみ、患部の腫れを引き起こすブヨは夏の大敵。

かゆいからと言ってかけばかくほどに患部は悪化していきますので、有効な薬を用いて症状を抑えていくことが非常に大切です。

ブヨにさされた場合、どのような薬を手に入れればよいのか?リンデロンは有効なのか?についてご紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

ブヨによる諸症状

hair_atama_kayui

ブヨは綺麗な水を好み、夏場に多く発生します。

そのため、夏に山や川、ゴルフ場などレジャーを楽しんでいる最中にブヨに襲われる方が多いようです。

ブヨは蚊と違い刺された瞬間に痛みを感じます。

皮膚を噛み千切って吸血するため、体内に入る毒素の量も多いため、かゆさも段違いです。

血を吸われた数時間後から1日後くらいには、猛烈なかゆみに襲われ、患部が赤く腫れあがります。

個人差はありますが、数週間かゆみが残る場合もあるそうですよ。

刺された直後にできる応急処置としては、毒素を体外に排出すること。

消毒したあと、指で患部周辺を押し、血とともに毒素を絞り出すようにしましょう。

このとき、くれぐれも口で吸わないようにしてくださいね。

ピンポイントに患部から毒素を吸いだしてくれる「ポイズンリムーバー」なるものも市販されていますので、レジャー前に購入しておくこともお勧めします。

そのあとは氷や保冷材などで冷やして患部の熱をとりましょう。

大事なことは「どれだけかゆくても、かかない!」ことです。

 

【スポンサーリンク】

 

リンデロンの有効性

medicine_capsule

いくら応急処置を施しても、大体の場合においてブヨにさされた患部はかゆみ、腫れが残ると思います。

そのような場合は皮膚科を受診してくださいね。

皮膚科ではリンデロンという軟膏が処方されることが多いようです。

皮膚の炎症に良く効くステロイドが多く配合されており、炎症によって起こる腫れやかゆみを抑えます。

ステロイドと聞くと副作用を心配される方も多いとは思いますが、ブヨによる虫刺されなど数週間ほどの使用であれば問題ないとされていますのでご安心を。

さらにリンデロンには抗生物質も配合されていますので、患部をかき壊してしまった時など二次的な細菌感染を起こしやすい場合にも有効だと言われています。

 

~まとめ~

ブヨによる虫刺されに有効なリンデロンは医師による処方が必要です。

ただの虫刺されだと放置しているとかゆみも治まらず患部が悪化していく可能性もありますので、面倒がらずに皮膚科を受診し、リンデロンなど有効な薬を処方してもらうようにしてください。

聞き飽きた言葉だとは思いますが、薬の使用時には医師による注意を良く聞き、用量・用法をしっかり守って必要以上の使用は控えてくださいね!

※リンデロン以外で、応急処置として市販薬を使いたい場合は『関連記事ブヨに刺されたらどうなる?有効な市販薬はあるのか』をご参考ください。

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30