力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

ブヨに刺された!腫れが治まる平均期間を解説

kayui (1)

ハエに似ている姿だけどハエじゃない、蚊に似て血を吸ってくるけど蚊とは比べものにならないくらい厄介な虫、それが「ブヨ」です。

名前だけ聞くとなんだか弱そうであまり厄介そうに思えないかもしれませんが、油断大敵です!

ブヨに刺されると蚊とは比較にならないぐらいのかゆみが襲ってきます。

そして患部が腫れあがって、酷い人は身動きするのも辛くなるのだとか。

ブヨに刺されてしまった場合、一般的にはどれくらいの期間で腫れが治まるのかを調べてみました。

 

【スポンサーリンク】

 

ブヨってどんな虫?

mushi_sasare

ブヨの外見はハエに似ています。蚊やハエが耳の周りを飛ぶとブーンという音がしますよね?

しかしブヨはこの音を発しないんだそうです。

なので、気づけば刺されているという・・・憎らしい虫です。

蚊が細い吸血用の管を用いて血を吸うのに比べ、ブヨはなんと!私たちの皮膚を噛み千切って血を吸ってきます

そのため、ブヨに刺された瞬間、ちくっとした痛みを伴うので刺されたことに気づく方も多いようです。

 

ブヨにさされたらどうなる?

cry_boy

ブヨは噛み千切った場所をなめるようにして吸血するため、蚊の数倍の毒素が体内に侵入するんだとか。

そのせいで蚊とは比べものにならないくらいのかゆみを伴うのだそうです。

蚊と違いかまれた直後にはかゆみはありませんが、大体1日後から猛烈なかゆみが襲ってきます。

そして患部周辺、酷いときには手や足全体が腫れあがり、熱を持つこともあります。

またブヨの毒素は蚊よりも数倍強いものなので、個人差はありますがアレルギー症状を起こすことがあります。

ハチに刺されると次に酷いショック症状を起こすアナフィラキシーショックというものがありますが、ブヨの毒素でも起こり得ることが分かっているそうです。

 

【スポンサーリンク】

 

腫れはどのくらいで引く?

mukumi (1)

体質による個人差があるので一概には言えませんが、平均的に2週間ほどで腫れはひくことが多いようです。

また体質だけではなく、刺された直後に適切な処置がとれたかどうかが症状改善および期間に非常に大きく関わってくるんだとか。

ということなので、噛まれてしまった場合にすぐにできる応急処置をいくつかご紹介します!

 

1、毒素を出す

刺された直後にしか効果はありませんが、毒素を体外に出すことが肝心です。

ブヨに限らず、蚊やハチなどに刺されたときにも有効な「ポインズンリムーバー」というものがドラッグストアなどで市販されています。

注射器状で、患部に押し当てギューっと毒素をピンポイントで吸い出してくれます。

こういった器具がない場合は手をよく消毒し、爪で傷口を挟んで毒素を絞り出すだけでも十分に効果があるそうですよ。

 

2、冷やすよりもまず温める

これも刺された直後のみの処置ですが、冷やす前に温めてください。

というのも、ブヨの毒素は熱に弱い特性を持っているからです。

お肌の表面を43度以上で30分以上温め続けると毒素を中和させることができ、その後の症状が軽くなることが分かっています。

くれぐれも、かゆみが出始めてからは温めないでくださいね!

あくまでも「刺された直後」にできることです。

 

3、効果的な薬を塗る

ブヨに刺された際はステロイド系の外用薬が効果的です。

さらに言えば、抗ヒスタミン剤を配合してある薬が望ましいと言われています。

市販薬でいえば「ムヒ」などがありますが、かゆみ・腫れが長引くと痕が残ってしまったりするので、できるだけ早く皮膚科を受診し効果的な薬を処方してもらうことをおススメします。

※その他のブヨ刺されに有効な薬の解説は『関連記事ブヨに刺されたらどうなる?有効な市販薬はあるのか』からご覧ください。

 

~まとめ~

万一ブヨに刺されてしまった際、かゆみがないからと言って放置したりしないでくださいね。

そのあと猛烈なかゆみが襲ってきて後悔するのは避けたいところ。

適切な応急処置で腫れが引く期間は変わると言われていますので、ぜひ実践してみてください!

関連記事ブヨに刺されたら治療薬としてリンデロンは有効か

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30