力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

溶連菌感染症|潜伏期間から完治までに気を付けたいこと

hatsunetsu_kodomo (1)

5歳~15歳の子ども達の中で、発症率が高いとされている溶連菌感染症。

この病気は発症時の感染力が強く、人によっては合併症を引き起こす原因ともなる少し怖い病気です。

その名の通り感染症なので、細菌が感染し潜伏期間を終えた後に発症します。

今回は、インフルエンザなどと違いあまり知られていないこの溶連菌感染症に感染した場合、その潜伏期間から症状が完治するまで、何を気を付けなければならないのか、まとめました。

 

【スポンサーリンク】

 

連菌感染症の潜伏期間と完治までに私達が出来ること

dai_byouin2

溶連菌感染症は、感染者が咳やくしゃみなどをすることで、溶連菌と呼ばれる細菌が周りの人の喉などに付着してうつると言われています。『関連記事:溶連菌感染症のうつる期間とうつらない為のポイント

その潜伏期間は2~5日間ほどで、発症すると発熱や強い喉の痛み、時には嘔吐するなど、一見風邪のような症状が出てきます。

その後、かゆみを伴う赤い発疹が体や手足に出てきたり、下にブツブツのできる苺舌などといった症状も現れることがあります。

この病気は感染してから発症するまでの潜伏期間中は、特にできる対策法はありません。

しかし上記したような症状の出始めが最も感染力が強くなる時期であると言われており、病院に行って溶連菌感染症であるという診断を受けた日と、その翌日は学校などに登校することが出来ません。

その際、病院で処方される有効な抗生物質を飲み、24時間経過すると、感染力はほどんどなくなるので、学校側や医師に相談のうえ、登校を再開することが可能です。

 

【スポンサーリンク】

 

また、他に気を付けることとして、発熱などで体内の水分が不足し、脱水症状を起こす危険性もあるので、十分な水分補給を心がけ、喉の痛みが強く固形物を飲み込むことが難しい場合は、お粥など喉ごしの良く消化しやすい食べ物を用意しましょう。

drink_mugicha_pot

そして、発疹が原因で痒みがひどい場合、無意識に掻いて皮膚を傷つけてしまわないよう、爪を短く切っておくと良いです。『関連記事:溶連菌感染症|発疹でかゆみの症状が出た時の対処法

これらの発熱などの症状は先ほども書いた、有効な抗生物質を飲むことで改善していきます。

しかし、症状が改善したからといって、体内に潜伏している溶連菌が完全に死滅したわけではないことを肝に銘じなければなりません。

その感染力や、症状の発症を抑えられているとはいえ、抗生物質を10日~2週間ほど飲み続けなければ溶連菌を退治することはできないのです。

そのため、病院からは溶連菌を退治するために必要な分の抗生物質を処方されているはずですから、それらを最後まで飲み切りましょう。

その後、再度病院を受診し、溶連菌感染症の検査を受け、陰性であってはじめて、溶連菌感染症が完治したと言えます。

 

~まとめ~

溶連菌の潜伏期間は2~5日と言われており、その間は感染力もなく、特に私達ができることはありません。

しかし症状が出始める時期はその感染力が最も強くなるので、病院で処方される抗生物質を飲み、症状が治まるまで外出しないようにしましょう。

また、症状が治まっても体内にいる溶連菌自体は完全に死滅していないので、処方された抗生物質は最後まで飲み切りましょう。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031