力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

大人の溶連菌感染症 頭痛や喉の痛みが酷い時の対処法

meneki_bad

風邪気味であったり、仕事などの疲れで体が弱っていると、人は免疫力が低下しますよね。

そんな時は大人であっても溶連菌感染症に感染してしまうことがあります。

溶連菌感染症=子どもの病気…と思われがちですが、上記のような条件から大人も感染し、悪化すると様々な合併症を引き起こす原因ともなるので注意が必要です。

この病気は頭痛や喉の痛みなどの症状が現れるのですが、それらの症状がひどい場合、どのような対処法があるのでしょうか?

 

【スポンサーリンク】

 

溶連菌感染症は大人でもなる?

virus_seki

前述したとおり、なんらかの理由で免疫力が低下していると、大人であっても溶連菌感染症に感染し、様々な症状を引き起こす可能性があります。

発熱や喉の痛みなど、一見ただの風邪のようにも見える溶連菌感染症ですが、その感染力は絶大で、子どもであれば学校を出席停止になるほどに感染拡大を恐れられている病気です。

そのため、大人であっても溶連菌感染症にかかったと分かった場合、病院での診断から2日ほどは仕事など、他者と接触する機会を避けた方が良いとされています。

※詳しくは『関連記事:溶連菌感染症に大人が感染 仕事に出勤できる目安期間とは』をご覧ください。

 

溶連菌感染症になると出る頭痛の症状

virus_zutsuu

溶連菌感染症の症状の中には39度前後の発熱や痒みを伴う発疹の他にも、頭痛の症状があります。

それらの症状は体内に入り込んだ溶連菌が原因のため、放置していても自然治癒することはありません。※詳しくは『関連記事溶連菌感染症は自然治癒しません~放っておくと危険です~』をご参照ください。

この溶連菌を無くすためには、病院で処方される抗生物質を飲むしか無いのが現状です。

処方された抗生物質を飲むことで、通常は2、3日で症状は治まってくることでしょう。

先ほども書きましたが、溶連菌感染症は普通の風邪と違い、放置していても自然治癒することなく、悪化すればリウマチなどの二次的疾患が発症する危険性もある病気です。

症状自体は抗生物質によって2、3日で治まったとしても、体内に残る溶連菌は未だ存在するため、病院から処方されるであろう10~2週間分の抗生物質を最後まできっちりと飲み切る必要があります。

 

【スポンサーリンク】

 

溶連菌感染症になると出る喉の痛み

sick_nodo

また溶連菌感染症にかかると現れる症状の中に、強い喉の痛みというものもあります。

こちらも一見風邪のような症状ですよね。

この喉の痛みは、溶連菌が感染した際、喉に細菌が付着し炎症を起こすことで現れてくる症状です

加湿器やうがい薬などで症状の緩和を図る人もいるようですが、基本的には頭痛の時と同様、病院で処方してくれる抗生物質を飲み、溶連菌を退治する方法でしか回復へ向かうことは難しいでしょう。

また、こちらも喉の痛みに対する時と同様、症状が治まっても自己判断で抗生物質の服用を止めるようなことのないようにしましょう。

処方された抗生物質を飲み切り、病院で再検査を受けて陰性がでてはじめて、溶連菌感染症が治ったという確信を持てるのです。

 

~まとめ~

頭痛や喉の痛みの原因が溶連菌であった場合、普通の風邪とは違い自分たちの力だけで自然治癒させることができません。

溶連菌感染症にかかり、頭痛や喉の痛みがひどい時、その症状の改善を図りたいのであれば、一番の近道は、病院で処方される抗生物質をきっちりと飲むことです。

そうすることで、症状自体は2、3日中に治まってくるでしょう。

しかし、症状が治まったからと言って、抗生物質を飲むことを止めず最後まで飲み切り、病院での再検査で自身の回復を確認しましょう!

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30