力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

9月病とは?具体的な症状や予防法を徹底解説

utsu_man (1)

9月病という病気があるのをご存知ですか?5月病ならよく聞くし知っているけど…という方がほとんだと思います。

今年ももう6月、4月から新しい生活をスタートさせ、無事5月を乗り切った人でも安心してはいけません。

楽しい夏を終えた時に9月病になってしまうかも!?9月病の具体的な症状や予防法を詳しくご紹介します!

 

【スポンサーリンク】

 

9月病とは?

gogatsubyou_man

あまり聞き覚えのない9月病ですが、具体的な特徴は5月病とあまり変わりません。

そもそも5月病とは、4月に大きな環境の変化を迎えた新入社員や新入生が、環境の変化にうまく適応できず過度のストレスを抱え、ゴールデンウィーク明けに身体に不調をきたしたり気分がふさぐ、いわばうつ状態に陥ることを指します。

9月病の場合も同じように、8月にお盆休みや夏休みなどの長期の休暇があり、これが終わり日常生活に戻る際に気分がうまく切り替わらず、落ち込んでどうしようもない状態になったりすることをいいます。

そして9月病は新人に限らず、配置転換や転勤、転職などで環境が大きく変化した30~40代の社会人にも当てはまると言えますね。

9月病の主な症状としては、

 

やる気の低下
集中力の減少
思考力の低下
無気力
何をしても楽しいと感じられない
何を食べてもおいしいと思えない
食欲不振
気分がふさぐ、落ち込む
外出するのがおっくうに感じる
どうしようもない不安感
訳のわからない焦り

などなど、ココロの症状があります。さらに、

 

睡眠時間の減少
眠りが浅くなる
どれだけ寝ても寝た気がしない
途中で何度も目が覚めてしまう
朝なかなか起きられない
頭痛
肩こり
めまい
お腹が痛い

など、カラダの症状もあります。

 

9月病にかかってしまう原因は?

yuenchi_merry_go_round

一概には言えないことですが、9月病の場合、夏休みの長期化が原因となっている可能性があります。

つまり、職場から離れ長い夏休みを満喫したあと、なかなか日常生活に戻ることができず気分が落ち込んでしまうためです。

また、休みの長さだけではなく、海外旅行や遊園地など、現実と大きくかけ離れたところにいくことも原因だと考えられています。

日頃の疲れを癒すため、一年に一度くらい日常とかけはなれた場所で思いっきり休暇を満喫したい!

という思いがあるからこそ旅行や遊園地にでかけるのに、なかなかその気分から現実に戻れず9月病になる可能性があるということです。

また、四季がはっきりしている日本ならではの原因として、季節の変わり目の急激な温度変化に身体がついていけず、自分で考えている以上に疲れがたまったり、心身のバランスが崩れている時に9月病に陥りやすいとも言われているそうですよ。

 

【スポンサーリンク】

 

9月病の予防法

9月病にかからないためにはどうすれば良いのでしょうか?

一つには、日頃のストレスを解消するという方法があります。

 

日頃のストレス解消

kids_chanbara

9月病のような心因性の高い病気になってしまう場合、ストレスを溜め込みすぎている可能性があります。

ストレスが多いなと感じる人は、まず「溜めない」こと、そして「解消する」ことを心がけましょう。

自分一人だけでリラックスできる瞬間・方法を見つける、考え込みすぎる癖のある人は「そんなこともあるよね」くらいに前向きに考えてみる、失敗が怖くて身動きがとれない人は「誰でも失敗している、私だけじゃない」と思ってみる…

意外にも、周囲の環境よりも自分の考え方一つを変えるだけでストレスを感じなくなることは多いようです。

まずは自分の弱いと思っている部分を見つめて、それが悪いと思い込まず、うまく良い方向に切り替えてみてくださいね。

二つ目の方法は生活習慣を改善することです。

 

生活習慣の改善

onsen_ojiisan

5月病、9月病には「睡眠」に関する症状が多く見られます。

そのため、日頃から質の良い睡眠をとることで9月病を予防することもできます。

質の良い睡眠に一番良いと言われているのは、寝る前にカラダをよく温めること。

寝る1~2時間前にはパソコン、スマートフォンの使用をやめることです。

こういった電子機器の使用により脳が興奮状態になり、快い睡眠を妨げているからです。

人間は寝ている間に一日に起こった出来事、得た情報を整理していると言われています。

うまく眠れているつもりでも脳の一部分が興奮して休息状態に入っていなければ、整理されず混乱した情報がつぎの日、また次の日にもちこされていくことになりますよね。

脳にどんどんストレスが蓄積していく様子がイメージできるのではないでしょうか。

 

~まとめ~

9月病にはココロとカラダのバランスが大きく関わっているということがお分かりいただけたと思います。

そしてその予防のためには、普段から自分がどんな状態にあるかを知り、ストレスがあればその原因と向き合うことも肝心です。

そして寝るという行為は私たちのカラダの必要上、何気なく行っている行為なのでその重要性をあまり意識していないかもしれませんが、

自分の脳とカラダ、そしてココロがリンクしているということを意識して、睡眠中くらい脳を休ませてあげるつもりで、心地よい睡眠をとってみませんか?

睡眠時間を削って見たテレビやネット情報が健康と比べられるほど価値があるものなのか、私たちは考え直した方が良いかもしれませんね。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30