力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

ウェルシュ菌による食中毒 具体的な症状と治療法を解説

virus_oetsu (2)

これから真夏に向けて、食中毒予防として食品の管理が大切な時季になってきましたね。

食中毒の原因となる菌は様々ですが、その中にはいくら加熱処理を行っていても、発生するものもあります。

その代表格として有名なのが、ウェルシュ菌です。『関連記事:ウェルシュ菌は加熱効果なし!?正しい殺菌方法とは

このウェルシュ菌に感染し、食中毒になると一体どのような症状を引き起こし、またその治療法とは一体どの様なものなのでしょうか?

 

【スポンサーリンク】

 

ウェルシュ菌による食中毒の症状とは

cooking02_itameru

今回題材となっているウェルシュ菌は、人や動物の腸内、または水中などに存在すると言われています。

食品の中では、肉類や魚介類などから多く検出され、熱に強いため加熱処理を行っても死滅しない厄介な菌です。

このウェルシュ菌に感染し、潜伏機関である6〜18時間を過ぎると、腹痛と水のような下痢を繰り返すようになります。

食中毒の症状としては、比較的軽い方ですが、先ほども書いたようにいくら加熱処理を行っても菌は残るうえ、調理後に常温でおいておくと更に菌が増殖するため、

学校の給食など、一度に大量の調理が行われる給食施設などでの発生率が高く、集団感染などで、その規模が大きくなってしまうことが多々あります。

予防法としては、食品を調理した後はできるだけ早く食べること。

もし作りおきしておきたいのなら、調理後に速やかに冷却し、室温で放置することは避けるようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

ウェルシュ菌に感染した時の治療法

iryou_nyuin

もしお腹が痛くて、下痢が止まらない等の症状が起こった場合、ウェルシュ菌に感染し食中毒を引き起こしている可能性があるので、医療機関に相談しましょう。

多くの場合、お腹の状態を診てもらい、症状が重い場合は点滴などで症状の改善を図ってくれます。

抗生物質は処方されませんが、腸内環境を整えてくれる薬などが処方されることもあります。

その後は家で十分に水分補給を行い、消化の良い食べ物をとるよう心がけながら安静に過ごしましょう。

 

~まとめ~

ウェルシュ菌に感染し、食中毒を引き起こすと、腹痛や水便などの症状に苦しむことになります。

このウェルシュ菌は加熱処理を行っても死滅しないため、これからの時季、調理後に室温で放置した食べ物には注意が必要です。

病院で診断を受けたあとは、処方された薬をしっかりと飲み、水分補給や消化の良い食べ物を摂取することに気をつけながら、体を休めてあげれば、他の食中毒に比べ比較的早く回復するでしょう。

また、このウェルシュ菌は加熱処理を行っても死滅しないため、これからの時季、調理後に室温で放置した食べ物には注意が必要です。

関連記事
厄介な腸炎ビブリオ|人から人にうつる可能性はある?
食中毒の原因!腸炎ビブリオの症状と正しい治療法とは
食あたり 発症までの時間や潜伏期間を菌ごとに徹底解説

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30