力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

ウェルシュ菌にご用心 2日目以降のカレーに要注意

food_curryruce

カレーと言えば、老若男女問わず人気のメニューですよね!

特に、作ったその日よりも2日目以降のカレーの方が味に深みが増して、美味しく感じるため、作りおきしておく方も多くいるのではないでしょうか?

しかし最近、調理されてから2日目以降のカレーは食中毒になる危険性が高いということがわかってきました。

原因はウェルシュ菌と言う食中毒菌…。

一体どのようにすれば、このウェルシュ菌から身を守ることが出来るのでしょうか?

 

【スポンサーリンク】

 

カレーに潜むウェルシュ菌

cooking_hoon_chouriki

ウェルシュ菌とは、土の中や肉類、魚類等に潜んでいる菌で、感染すると下痢などの食中毒症状を引き起こします。

耐熱性菌と呼ばれ、100度以上の熱であっても殺菌できません。

つまり、いくら熱処理した食品であっても、菌を死滅させることができないため、一度ウェルシュ菌が増殖した食べ物は食べることができなくなるのです。『関連記事:ウェルシュ菌は加熱効果なし!?正しい殺菌方法とは

この菌の弱点は空気を嫌うということです。

なので鍋料理などの場合、鍋底は空気が届きにくいため、長時間放置しておくと菌の増殖を助けることになります。

これらの菌の特徴から、特に調理を行ってから2日目が美味しいと言われているカレーはウェルシュ菌が潜んでいる確率が高く、食中毒になりやすいので注意が必要になってくるのです。

vegetable_curry

カレーには土の中で育ったジャガイモ、玉ねぎ、人参が使用されるため、いくら調理前に洗っていても、菌を完全に取り除けていないことが多いのです。

また、使用する肉類にもウェルシュ菌が付着している可能性もあります。

それらの食品に付いているウェルシュ菌は、最初はたとえ少しの量であったとしても、空気の届かない鍋底で2日以上常温で放置されることで菌が繁殖し、食中毒を引き起こす可能性が高くなってしまうのです。

 

【スポンサーリンク】

 

また、先ほども書いたように、ウェルシュ菌は熱処理をしても死滅することはありません。

そのため、作り置きしておいたカレーを再加熱しても、既にウェルシュ菌が増殖していれば手遅れなのです。

そうならないために私達は

・調理するときは鍋の底からかき混ぜ、カレー全体に空気が行き届く様にする。
・作ったカレーはその日のうちに食べるようにする。
・カレーが余ったら、小分けにして冷凍保存する。

などを心掛けるようにする必要があります。

 

~まとめ~

2日間以上おいていおいたカレーにはウェルシュ菌が潜んでいる可能性が高く、食べると食中毒を引き起こす危険性があることが分かりました。

ウェルシュ菌による食中毒は下痢などの症状を引き起こし、日常生活に不快をもたらします。

そのような状態を避けるためにも、作ったカレーはその日のうちに食べるか、小分けにして冷凍保存しましょう。

また、調理している時も鍋底からかき混ぜ、ウェルシュ菌の嫌う空気をカレー全体に送るように心掛けましょう。

関連記事:ウェルシュ菌による食中毒 具体的な症状と治療法を解説

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30