力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

慢性胆嚢炎|症状の原因と正しい治療法を解説

kaisya_woman_bad

慢性胆嚢炎の症状は慢性的に胆嚢が炎症を起こしている状態が続き、痛みはさほど強くない為、気がついた時には胆嚢組織破壊がおきます。

そんな慢性胆嚢炎の原因と、正しい治療法はどのようなものなのでしょうか。※急性胆嚢炎の症状や治療法については『関連記事急性胆嚢炎|症状の原因と正しい治療法を解説』からご覧ください。

 

【スポンサーリンク】

 

慢性胆嚢炎の症状

iryou_nyuin

慢性胆嚢炎の症状は急性胆嚢炎と基本的には変わりありませんが、慢性化の特徴として痛みはさほど強くありませんが、中には強い痛みに苦しむ患者も当然います。

消化器系の炎症において共通している特徴は、慢性化すると痛みが基本的に薄らいでいくことです。

しかし、気がついた頃に症状はかなり進行していて、萎縮をはじめる臓器も炎症の共通の特徴です。

胆嚢炎もまた、例外ではありません。胆嚢組織破壊がおきます。

慢性胆嚢炎の症状は、小さな臓器に起こる炎症ですから、膨満感や不快感などの異常を感じたとしても、大きな苦痛を起こすことは、先ずありません。

圧迫感のような痛みもほとんどなく、血液検査をしても異常は特に見当たりません。

所謂(いわゆる)、右季肋部痛や上腹部の不快感や鈍痛腹部の膨満感などを感じますが、何(いず)れも大抵は軽症です。

自覚症状の薄い病気といえるでしょう。

 

慢性胆嚢炎の症状の状態と原因

virus_fukutsuu (1)

それでは、この時、患者の体内はどのような状態なのでしょうか。

血液検査は有効ではありませんが、超音波検査やCTスキャンで調べてみると異常が見つかります。

先ずは、胆嚢の萎縮です。臓器が縮み、硬くなります。

また、硬化に合わせ、胆嚢壁も弾力性を失って、分厚くなります。

症状が軽度だからと言って放置していると、やがて全体の石灰化を起こし、磁器様胆嚢などを合併します。

胆嚢に炎症が起こる病気が、胆嚢炎です。

炎症の原因ですが、ほとんどの場合、細菌感染によって引き起こされます。

baikin_genki (1)

細菌は腸内の大腸菌などが十二指腸を通って感染したり、胆管の細菌が肝臓に感染し、胆汁へ排出される場合などがあります。

胆汁の流れが悪くなると、胆汁が胆嚢内に溜まり、凝縮され、細菌が繁殖し易くなります。

胆嚢炎の患者には多くの場合、胆石と呼ばれる石が見つかります。

胆石が胆汁の流れを妨げて炎症を発生させるのです。

 

【スポンサーリンク】

 

慢性胆嚢炎の治療

monshin_roujin

慢性胆嚢炎の治療は、症状が強めであれば、脂肪の多い食事や、暴飲暴食をひかえ、慢性の消化不良状態を改善します。

重症の場合は、急性胆嚢炎と同様の治療を行うのが一般的です。

「痛みの発作が激しい」「炎症が強い」など重症化している場合や、胆石がある時には、開腹手術や、腹腔鏡を使った手術による胆嚢摘出も検討します。

特に、繰り返し胆嚢炎による発作を起こしている場合、色々な合併症を引き起こす危険性が高まる為、手術が最善と考えられます。

合併腹膜炎の場合も手術が必要です。

 

~まとめ~

慢性胆嚢炎は胆嚢が慢性的に炎症を起こしている状態です。

慢性胆嚢炎は痛みがさほどひどくない為、症状が悪化するまで気がつかない場合もあります。

重症の場合は、急性胆嚢炎と同様の治療を行うのが一般的です。

慢性胆嚢炎の治療は、脂肪の多い食事や暴飲暴食をひかえ、慢性の消化不良状態を改善します。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30