力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

インフルエンザは夏にも流行する!?症状と予防法のまとめ

virus_syokuchudoku

インフルエンザは冬の間だけ罹(かか)ると思ってはいませんか?実は夏にもかかる恐れがあるのです。

そこで、夏に流行した際の症状や、罹らない為の予防法をお伝えしたいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

インフルエンザは夏にも罹(かか)る

virus_seki (2)

実は、インフルエンザには夏場にも罹(かか)る可能性があります。

ただの、夏風邪だと思っていたら、実はインフルエンザだったということもあります。

では、どうしてインフルエンザが夏の間にも流行するのでしょう。

また、その症状と対策とは、一体どういうものなのでしょう。

 

インフルエンザの流行

baikin_genki

インフルエンザは寒い冬のカラカラに乾燥した時期に流行し易いイメージがあります。

確かに、寒い冬場はインフルエンザウイルスの感染力が強くなりますので、流行し易いでしょう。

しかし、夏にもインフルエンザに罹(かか)ってしまう人が、近年、徐々に増えてきています。

一体、これはどうしてでしょう?

 

インフルエンザの種類

meneki_bad

インフルエンザにはA型、B型、C型などの種類があり、インフルエンザウイルスの種類は、もっとたくさんあります。

日本で流行(はや)っているのは、今はこの型とされています。

しかし、最近はグローバル化し、外国人が日本に訪れることが増えていますが、熱帯地方では、1年を通じてインフルエンザが流行しています

つまり、東南アジアなどからインフルエンザウイルスの新しい型が入ってきやすい状況となっているのです。

 

インフルエンザウィルスの進化

byouki_oldman

また、ウイルスは人間の免疫機構をどうにかして潜(くぐ)り抜ける為に、日々進化しています。

こういった状況で、新型ウイルスが発生し易くなり、夏でもインフルエンザに罹(かか)ることがあります。

特に沖縄県や鹿児島など南の方の地域では、夏場のインフルエンザの流行は極(ごく)普通のことです。

 

【スポンサーリンク】

 

夏場のインフルエンザの症状と対策は?

sick_kansensyou

夏場のインフルエンザの症状は、普通に冬に流行(はや)るインフルエンザの症状と基本的に同じと考えて大丈夫です。

しかし、危険なのが「夏のインフルエンザには罹(かか)らない」という決めつけから、ただの夏風邪と思う人が多いことです。

他の人にインフルエンザをうつさない為にも、その症状をしっかりと把握しましょう。

特に、妊婦の方や子供や高齢者にとっては、命に関わる場合もありますので、しっかりと対策しましょう。

インフルエンザの可能性が高い症状の特徴は主に2つあります。

 

体温が38度以上

sick_netsu

高熱は、インフルエンザの特徴です。

熱が高くなったら、医師の診断を受けましょう。

 

体の節々が痛くなる

pose_kubifuri_woman

体の節々が痛くなるのは、インフルエンザに特徴的な症状です。

関節が痛くなったり、筋肉が痛くなったら、インフルエンザを疑いましょう。

体が怠い、寒気、頭痛、目眩(めま)いなどは、夏バテと勘違いし易い症状です。

インフルエンザでも同じような症状になりますから、ほうっておいてはいけません。

 

夏場のインフルエンザの予防法

teisyoku_hiyayakko

身体の栄養や水分が夏場には不足しがちで、免疫力が低下しています。

たくさんの睡眠と、バランスの良い食事で栄養を摂ることが大切です。

そうすれば夏バテ対策にも繋がるので、特に食事については気をつけることが肝心です。

ゴーヤチャンプルなどは、栄養価も高く、夏バテ防止と共に、インフルエンザの予防にも繋がるでしょう。

 

~まとめ~

インフルエンザは、夏にも罹(かか)ることがあることを知っておくことが大切です。

普通の風邪とは違うな?と思ったら、インフルエンザを疑ってください!

手洗いやうがいを習慣化すると共に、食事や睡眠で免疫力を高めておくことも心がけましょう。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年8月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031