力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

ポケットドクター|アプリの使い方や特徴を優しく解説

オプティムとMRTがスマホやタブレットを使った、遠隔診断サービス『ポケットドクター』のサービスが2016年4月から順次開始されると、発表されました。

アプリの『ポケットドクター』をダウンロードすることで、サービスを利用することが出来るのですが、今回はそんなアプリの使い方や特徴を、優しく解説したいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

ポケットドクターをスマホでダウンロード 高性能な特徴とは

smartphone-1184883_640

ポケットドクター、略してポケドク。スマホやタブレットで24時間、いつでもどこでも医師に相談できるサービスで、これからどんどん普及していく、注目のサービスとなるでしょう。

そんなポケットドクターは、アプリをダウンロードすることで使用可能になりますが、その特徴が素晴らしく、自分が伝えたい症状をピンポイントで伝える事が出来るのです。

もう少し具体的に特徴をお伝えしていくと…

 

・相談者の詳細な情報を、瞬時に医師に伝える事が出来る

⇒アプリのビデオカメラ機能で、映像や画像を使って患者の表情や具体的な症状のある個所を映せるのはもちろん、血圧や体温、心臓のデータ等のバイタルデータと呼ばれる情報も共有することが出来るのです。

 

・医師が相談者に直接指示出来る

⇒相談者が画像や動画をシェアしている時に、医師が『赤ペン機能』『指さし機能』等を使い、詳しく見せて欲しい箇所を直接指示することが出来ます。

 

・医師は空き時間や医療機関以外で診察が行える

⇒診察時間以外の隙間時間も『予約相談』『今すぐ相談』を受け付ける事が出来るので、空き時間を有効に使えます。また、産休育休中で医療機関で診察が出来ない女性医師も、このサービスがあれば引き続き、患者さんを診察出来ますね。

 

・アプリをダウンロードする事でサービズを受けられる

『ポケットドクター』のアプリをダウンロードすることで、相談者や医師や医療機関はサービスを使う事が出来ます。iPhoneであればiOS8.0以降Androidであれば、4.0以降のスマートデバイスで使用可能です。

今分かっている特徴としては、こんな感じです。4月から順次サービスがスタートしていきますので、新たな特徴が発覚次第、追記致します。

 

【スポンサーリンク】

 

ポケットドクターの使い方

pasokon_kyoushitsu

ポケットドクターが当たり前の時代になると、いつでも気軽に医師に相談できるので、いざという時に本当に安心ですよね。

直接診察が必要な患者にだけ来院してもらう事で、本当にすぐ対処が必要な人に、出来るだけ早く適切な処置が出来る、そういう効果もあるのではないでしょうか。

可能性に満ちたポケットドクター、その使い方ですが、まだサービスが始まっていない現段階では、確実な使い方は定かではありません。なので現時点で大まかな使い方をお伝えしておくと…

サービスメニューは『かかりつけ医診療』『予約相談』『今すぐ相談』の3種類が存在し、4月の時点でまずは『かかりつけ医診療』からサービスを始めていく予定です。

使い方は、3種類のサービスはいずれも、ポケットドクターのアプリを使用します。そこでアプリの指示に従ってメニューを進めていき、ご希望医師から再診を受けたり、お気軽に相談出来るサービスなどが展開される予定です。

サービスの使い方はもちろん、料金の支払い方法なども疑問ですよね。そんな方はこの後の関連記事を是非ご覧ください。
関連記事ポケットドクターの料金支払い方法 事前ポイントの購入方法とは

 

~まとめ~

4月から順次サービスが開始されるポケットドクターの特徴や使い方について、大まかに解説致しました。開始からしばらくは、遠隔診療サービスを受け入れられない方も多いと思います。

ただ、今後の日本の医療体系が変わるキッカケになる事は間違いないので、今から使い方を把握し、遠隔医療のメリットを最大限に受け取りましょう。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30