力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

唇のカサカサが治らない!その原因と治す方法を伝授

lipchap_woman

乾燥する季節になると、こまめにリップを塗っていても、気付いたら唇がカサカサになってることってありますよね。

唇がカサつくと、女子力が急降下している気がするのは私だけでしょうか?(笑)

唇のカサカサってなんで治らないのかな?と思い、カサカサと荒れてしまう原因と治す方法をまとめてみました。

今日から即実践できる方法もあるので、ぜひやってみて下さい!

 

【スポンサーリンク】

 

唇がカサカサになる原因って何?

shock_woman

そもそも唇は、水分の保有力が低いデリケートな部分です。そのため、すぐにカサついて皮がめくれてしまったり、パックリ割れてしまいます。

唇が荒れる原因は主に8つ考えられます。

  • 乾燥
  • 紫外線
  • 唇の汚れ
  • ビタミン不足
  • 胃腸の荒れ
  • 体質
  • 体内の水分不足
  • 外的刺激

乾燥や紫外線はなんとなく想像できますが、唇の汚れや胃腸の荒れが唇のカサつきに関係してくる理由がちょっと分かりませんね。

 

唇がカサカサになる理由 治す方法は?

それでは、原因別に理由と対処法をご紹介いたします。

 

乾燥

kansouzai_silicagel

唇は非常に薄い皮膚でしか守られていない部分なので、皮脂や汗を出して乾燥から守ることが出来ません。

そのため、乾燥によるダメージを直撃してしまうデリケートな場所でもあります。

また、カサカサして気になるとついつい唇をペロッと舐めてしまいがちなのですが、唾液は非常に蒸発しやすい性質を持っています。

また蒸発するとき、周囲の水分も一緒に連れていってしまうので、唇は益々水分を失ってしまいます。

更に盲点なのが、口呼吸です。口で呼吸をすると、呼吸をするたび唇は、乾いた空気に晒されてしまいます。

つまり、乾燥による唇の荒れには、リップクリームをこまめに塗って鼻呼吸をすることが最善策です。

 

紫外線

natsubate_girl

非常に薄い皮膚でしか守られていない唇は、メラニン色素をほとんど生成することができません。そのため、紫外線の影響をダイレクトに受けてしまいます。

日焼けした皮膚がジンジンして皮がめくれるように、唇の荒れももしかしたら紫外線の影響かもしれません。しかも、日焼けをすると色がくすんでしまいます。

紫外線による唇の荒れは、日焼けした時と同様、冷やして保湿することです。

唇が腫れていれば氷などで唇を冷やし、ワセリンホホバオイルでしっかり保湿して下さい。

最近は、UVカット効果のあるリップクリームが数多くありますので、日中はUVカットが入ったものを使い、夜は保湿成分を重視したものを使うなど、リップクリームを使い分けると良いでしょう。

 

ビタミン不足

fruit_slice09_lemon (1)

食生活が乱れるとまず不足してしまうのがビタミンや鉄分です。特にビタミンB群が不足すると、お肌や粘膜が弱くなってしまうので、唇の荒れにも繋がります。

また、ビタミンB群は、疲労回復やストレス緩和に使われる栄養素ですので、疲れやストレスが溜まりすぎている可能性があります。

レバー類・鶏もも肉・魚(特にウナギとサンマ)・納豆・バナナ・落花生・卵などを意識的に摂取し、なるべく身体を労わってあげて下さい。

 

胃腸の荒れ

virus_fukutsuu

「胃が荒れると唇も荒れる」といわれており、唇と胃腸は密接な関係にあるようです。ちなみに、上唇が胃、下唇が腸と関係していると一般的に考えられているようです。

確かに胃腸が荒れると、体全体になんらかの異変が起きやすいので、あながち間違ってはいないと思います。特に暴飲暴食をした次の日は、唇が荒れているような気がします。

前述のビタミン不足と同様、ストレスが溜まると胃腸も荒らしますので、暴飲暴食を控え、身体を労わってあげることが大切です。

 

体質

virus_zutsuu

一生懸命リップクリームを塗って保湿しているし、食生活にも気を使ってストレスもあまり感じていないのに、まだ唇が荒れてしまう!という方は、もしかしたら使用しているリップクリームが合っていないのかもしれません。

リップクリームだけではなく、口紅や歯磨き粉が合っていない可能性もあります。

唇はデリケートゾーンと何度もお伝えしている通り、アレルギー反応も出やすい場所です。

もし唇が荒れ始めた時、リップクリームや口紅、歯磨き粉を変えていたら、アレルギー反応の可能性が高いです。すぐに別の商品に切り替えましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

体内の水分不足

natsubate_necchusyou_yobou

水分不足は皮膚の乾燥にも繋がります。特に唇への影響が出やすく、水分補給を怠りやすい冬場や冷房のきいた部屋で過ごす場合、意識的に水分補給をすることが必要です。

 

外的刺激

lipchap

食後、きちんと唇を拭いていますか?洗顔時、しっかり唇を洗っていますか?唇の汚れは刺激になり、唇が荒れる原因になります。

また、唇を清潔に保っていると思われてる方!乾いた布やティッシュ等で拭いていませんか?ゴシゴシ洗っていませんか?汚れを落とすときの摩擦も、唇を荒れさせる原因になります。

唇を清潔にするときは、なるべくウエットティッシュなどを使い、洗顔はたっぷりとオイルを使ったり、泡で優しく洗い落としてください。

更に盲点なのがリップクリームや口紅です。硬いリップクリームや口紅も塗るときに摩擦が起きます。ジェル状のリップクリームなど柔らかく摩擦が起きにくいものを使うとバッチリです。

 

~まとめ~

唇がカサカサする原因と治す方法をお分かりいただけたでしょうか?

ポイントは

  • 体質に合ったリップクリームを使う
  • 日中と夜でリップクリームを使い分ける
  • 汚れ落としは、こすらず丁寧にする
  • バランスよく食生活をして、ストレスをため込まない

の4つです。

プルプル唇を目指す方は、蒸しタオルで唇を温め、ワセリンをたっぷり唇に塗ってからラップで唇を覆い、パックをする感じにしてください。約5分間行うことで、プルプル唇に近づけます♪

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年8月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031