力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

進行性乳がんで手術できない場合も…その原因とは

medical_shujutsu

いつ発症するか分からない進行性の乳がん。そんな進行性乳がんですが、手術できないケースもあります。

では、もし手術できない場合にはどういった治療法が行なわれるのでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 

進行性の乳がんで手術できない場合とは?

monshin_doctor_serious

手術が困難な乳がんは、「局所進行乳がん」と呼ばれる乳がんです。

局所進行乳がんには

・がんが胸壁に及ぶ
・がんが乳房表面の皮膚に及ぶ
・鎖骨上リンパ節に転移がある
・炎症性乳が

のような条件があります。

ステージ3の局所進行乳がんは、早期乳がんと比較して、遠隔転移率、局所再発率が高く、その予後はあまり宜しくありません。

局所進行乳がんの治療には、抗がん剤などの薬物療法が中心になります。

腫瘍やリンパ節の腫れを薬物療法によって小さくし、可能であれば、放射線治療や手術を行います。

 

局所進行乳がんの治療

doctor

局所進行乳がんは

・炎症性乳がんの場合
・鎖骨上リンパ節にまで転移が及んでいる場合
・がんが乳房表面の皮膚や胸壁に達している場合

であり、ステージ3B、ステージ3Cの状態です。

通常、しこりは見られませんが、皮膚が赤く浮腫(むく)み、毛穴が目立つ、熱感などの症状がみられます。

局所進行乳がんは手術が困難であり、体のどこかに微小転移(目には見えない小さな転移)を伴う可能性が高いため、主に薬物療法を行います。

薬物療法を行って、乳房のしこりや腫れていたリンパ節が縮小した場合には、放射線療法や手術などの追加を検討します。

治療には、化学療法、ホルモン療法、抗HER2療法、薬物療法などがあります。

基本的には化学療法を選択し、ホルモン受容体陽性であれば、化学療法とホルモン療法を併用し、HER2陽性であれば、化学療法と抗HER2療法を併用します。

 

【スポンサーリンク】

 

局所進行乳がんの手術・放射線療法とは?

手術が困難な局所進行乳がんの場合、薬物療法後の治療としては、放射線療法が有効といわれています。

もし、手術が可能な場合には、乳房切除術+腋窩リンパ節郭清、若しくは乳房温存手術+腋窩リンパ節郭清を行います。

 

手術可能な局所進行乳がん

kenkoushindan_monshin

全身疾患の可能性が高いステージ3の局所進行乳がんに対する初期治療は、化学療法を選択します。

術前化学療法と術後化学療法では予後に差がないため、手術可能な局所進行乳がんで患者さんに温存希望がない場合は、手術先行も許容されます。

標準的化学療法レジメンは、手術可能乳がんと同様に、HER2陰性ではアンスラサイクリン含有レジメンとタキサンとの併用療法であり、HER2陽性では抗HER2療法と化学療法の同時併用します。

なお、化学療法後の局所療法は、外科療法単独、放射線療法単独、外科療法+術後放射線療法ですが、外科療法+術後放射線療法が最も有効です。

 

~まとめ~

局所進行乳がんは手術が困難であり、主に薬物療法を行います。

局所進行乳がんは、ステージ3B、ステージ3Cの状態です。

通常、しこりは見られませんが、皮膚が赤く浮腫(むく)み、毛穴が目立つ、熱感などの症状がみられます。

薬物療法を行って、乳房のしこりや腫れていたリンパ節が縮小した場合には、放射線療法や手術などの追加を検討する形となります。

いずれにせよ、早期発見であるほど5年生存率も上がり、治療の選択肢も増えますので、定期的な乳がん検診を受ける事をオススメ致します。

関連記事
小林麻央も発症 乳がんのステージ別に余命生存率を解説
進行性乳がんとは?具体的な症状と原因を解説
進行性乳がん|ステージ別に余命生存率を分析

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30