力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

マイコプラズマ肺炎が人にうつる期間とうつらない為の対処法

hana_kosuru

「風邪かな?」と思ったら要注意。実はそれ、マイコプラズマ肺炎かもしれません。

そこで今回は、マイコプラズマ肺炎とは、どのような病気なのか。そして、マイコプラズマ肺炎のうつる期間や、 うつらない為の対処法について、お伝えしていこうと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

マイコプラズマ肺炎とは?

sick_nodo (1)

マイコプラズマ肺炎は、非定型肺炎とも言われ、肺炎全体の約10-20%を占めている「うつる肺炎」です。

マイコプラズマ肺炎の症状は、咳や発熱などの風邪症状から始まり、強い咽頭痛など段々症状が重くなる病気です。

熱が下がっても、咳が1か月近く続き、重症の肺炎になったり、髄膜炎、脳炎、心筋炎、ギラン・バレー症候群などの合併症を引き起こす場合もあると言われています。

 

マイコプラズマという病原微生物の正体

baikin_genki (1)

マイコプラズマ(Mycoplasma pneumoniae )は、細菌の仲間ですが、疫学的な観点から正確には、細菌でもウイルスでもなく、微生物です。

マイコプラズマの大きさ・形は、125-250nm・球状、若しくは繊維状で、大きさが光の波長より小さい為、光学顕微鏡では見ることができません。

ですから、早期診断が非常に困難である病気です。

 

マイコプラズマの感染経路

sick_kansensyou

マイコプラズマは、動物や人の細胞に付着し増殖する病原体でり、人から人に感染し、上気道炎や気管支炎、肺炎やその他の病気を引き起こす微生物です。

マイコプラズマは、飛沫感染(咳やくしゃみ)や、接触感染(皮膚や粘膜に触れる)によって感染します。

マイコプラズマは、喉や気管から侵入し増殖をはじめ、増殖した細菌は気管支や肺の奥まで入り込み、粘膜を破壊します。

また、マイコプラズマには自己増殖ができるという特徴がありますが、熱に弱く、石鹸でも除菌ができます。

 

【スポンサーリンク】

 

マイコプラズマ肺炎がうつる期間

マイコプラズマの潜伏期間は、およそ2-3週間だと言われていますか、潜伏期間は病原体が体に侵入してから、発症するまでの期間です。

また、マイコプラズマ肺炎は、感染者のうちの3-10%であると言われていますので、ほとんどの人はマイコプラズマに対して不顕性感染の状態(症状が出ない状態)で終わります。

マイコプラズマの二次感染の可能性が最も高い期間は、発症の8日前~発症後2週間ですが、厳密には、細菌の排出期間を6週間とする説もあり、潜伏期間を含め、長期間にわたり人にうつる可能性がある病気です。

 

マイコプラズマ肺炎の感染対策

kafun_kusyami

マイコプラズマ肺炎は、誰でもうつる可能性があり、マイコプラズマの侵入を防ぐことが、対策のポイントでしょう。

マイコプラズマ肺炎の感染を防ぐために、

・マスクを使用する
・感染者との距離をとる
・手洗いをしっかりとする
・タオルを共用しない

ことが重要な対策となります。

 

~まとめ~

マイコプラズマ肺炎は肺炎全体の約10-20%を占め、咳や発熱などの風邪症状から始まり、強い咽頭痛など段々症状が重くなる病気です。

マイコプラズマ(Mycoplasma pneumoniae )は、大きさが光の波長より小さい為、早期診断が非常に困難な病気で、潜伏期間は、およそ2-3週間だと言われています。

マイコプラズマは二次感染の可能性がある為、長期間にわたり人にうつる可能性がある病気ですので、マスクを使用する、感染者との距離をとる、手洗いをしっかりとする、タオルを共用しないなどの対策を十分行いましょう。

関連記事
夏型過敏性肺炎はうつるの?原因はエアコンのカビだけではない!?
夏型過敏性肺炎の症状とは?対策や治療・正しい予防法を解説

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年8月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031