力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

マイコプラズマ肺炎|幼児が感染した時の症状と対処法

akachan_ha_nyuushi

マイコプラズマ肺炎に幼児がかかった場合、とても心配ですよね。そこで今回は、幼児が感染した時の症状や、その対処法についてもお伝えしていきます。

 

【スポンサーリンク】

 

幼児のマイコプラズマ肺炎の特徴

roujin_museru_seki

幼児の咳が乾いた咳から、段々と湿った咳が出て来るようになったら、それはマイコプラズマ肺炎の特徴です。

初期症状は風邪によく似ていますが、マイコプラズマ肺炎の熱が2週間続く幼児もいたり、下がっていたのにいきなり40度近くまで出る場合もあります。

発熱は、おおよそ3日ほど続きますが、下がりきるまでは1週間かかる幼児もいます。

症状が出てから3〜4日は風邪との区別がつかないので、咳がでずに、熱だけ出るマイコプラズマ肺炎という場合、余計判別が難しくなります。

 

幼児のマイコプラズマ肺炎の症状

baby_kokyuuki_tube

幼児のマイコプラズマ肺炎の最も特徴的な症状は、咳嗽(がいそう)で、夜間に激しい咳が現れます。

発熱もほとんどの場合で、39℃以上の高熱が出ます。

発熱、咳以外に、吐き気・嘔吐・下痢などの症状が出る幼児がいたり、中には、中耳炎鼓膜炎などを起こす場合もあります。

また、マイコプラズマ肺炎にかかった幼児が、喘息になる場合もあり、咳が長く続くケースもあるようです。

因(ちな)みに、4歳以下の乳幼児が感染した場合、ほとんどは軽症か無症状です。

 

【スポンサーリンク】

 

幼児のマイコプラズマ肺炎の検査

medical_igan (1)

マイコプラズマ肺炎の培養検査には、PPLO培地を使用しますが、検査に長時間を用するため、診断は血清抗体価測定に依存しています。

しかし、血清抗体価測定法は早期に診断ができない為、IgM抗体を迅速に検出するイムノカード(IC)法が開発されました。

しかし、この方法は偽陽性例が多く、陽性持続期間も長い為、急性感染を確定する方法ではないとされています。

なので、マイコプラズマ肺炎かどうか、検査して発覚するには時間がかかってしまいます。

 

マイコプラズマ肺炎の対処法 抗生物質は効く?

medicine_capsule

マイコプラズマ肺炎専用のマクロライド系といわれる抗生物質を利用します。

代表的な薬剤は、エリスロマイシン、クラリス、ジスロマックという3つです。

しかし、最近ではマクロライド系の抗生物質に対する耐性が出来ているので、テトラサイクリン系またはニューキノロン系の抗生物質が処方されます。

その代表的な薬剤は、ミノマイシン、クラビット、パシルといった3つです。

 

~まとめ~

マイコプラズマ肺炎は初期症状は風邪によく似ていますが、熱が2週間続く幼児もいたり、下がっていたのにいきなり40度近くまで出る場合もあります。

幼児のマイコプラズマ肺炎の最も特徴的な症状は、激しい咳と高熱です。

発熱、咳以外にも、吐き気・嘔吐・下痢、中耳炎や鼓膜炎などを起こす場合もあります。

「咳が続くな…」と思ったら、早めに医療機関を受診しましょう。

関連記事
マイコプラズマ肺炎が人にうつる期間とうつらない為の対処法
マイコプラズマ肺炎に感染 出席停止日数はどのくらい?

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年8月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031