力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

ヘルパンギーナ|妊娠中に感染した時の対処法まとめ

baikin_genki (1)

夏場に子どもたちを中心に流行する夏風邪のひとつにヘルパンギーナがあります。

手足口病と似たような症状が出るこの病気はウイルス性のため、人から人へと感染が広がっていってしまいます。

妊娠中の方はいろいろな病気にかからないよう注意深くなっていらっしゃると思いますが、いくら警戒していてもかかってしまった!ということはありますよね。

妊婦がヘルパンギーナに感染してしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?

 

【スポンサーリンク】

 

ヘルパンギーナ 妊娠中の胎児への影響

akachan_ninshin (2)

まず気になるのはヘルパンギーナに感染することで何か妊娠中の胎児に影響があるのかどうか?ということだと思います。

答えから言うと、妊娠初期から後期にヘルパンギーナに感染したとしても胎児には影響はないとされています。

しかし出産直前に感染してしまうと、新生児がエンテロウイルスに感染する危険性があるそうです(あくまで「可能性」です)

エンテロウイルスはヘルパンギーナの原因ウイルスとなるコクサッキーウイルスが属しているウイルスの一種です。『関連記事コクサッキーウイルスの感染経路や症状~心筋炎の原因に~

新生児がエンテロウイルスに感染すると、お母さんと同じようにヘルパンギーナに感染したり、手足口病になったりします。

新生児は免疫力・体力ともに低いため、稀にではありますが重症化したり死に至るケースもあるそうですので、妊婦さんは出産直前には十分に注意しましょう!

また、ヘルパンギーナの症状の一つに喉奥にできる水泡があるのですが、これが非常に痛みを伴うらしく、飲食がままならないという人が多いようです。

そのため、脱水症状には注意が必要です。

妊娠中は身体が出しているサインには平時以上に敏感になっているとは思うのですが、脱水を起こす可能性があるということをぜひ心にとどめていただければと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

妊婦がヘルパンギーナに感染した場合の対処法

ninshin_akachan (1)

手足口病と同じく、ヘルパンギーナはウイルス性の病気です。そのため、劇的に治るような特効薬はありません。

妊娠中の方は効果の高い薬を服用することができないので、いずれにしろ対症療法になってしまいます。

ヘルパンギーナの主な症状は39~40℃の高熱、喉奥に発生する水泡とそれに伴う痛み、嘔吐、頭痛などです。

特別な治療をしなくても熱は1~4日で下がり、大半の方が1週間程度で症状が治まっていくそうです。

妊婦の方に気を付けていただきたいのは、体力が落ちることです。

喉が痛い、熱がでてだるいなどの症状から食欲が落ちてしまうと思いますが、うどんやおかゆ、冷ややっこ、ゼリーなど冷えていてのど越しの良いものを中心に食事を続けるようにしてください。

また、上述したように妊娠後期での感染は胎児への影響が心配されますので、ただの夏風邪と思わず、医療機関を受診することも大切ですね。

 

~まとめ~

妊娠中はただでさえ母体に負担がかかることが多いので、できるだけ病気にはかからず過ごしたいと誰しも思っていらっしゃると思います。

以前の記事『関連記事ヘルパンギーナの感染経路と知っておきたい予防法』で感染経路と予防法をご紹介していますので、ぜひご参考にしていただければと思います。

関連記事
ヘルパンギーナの原因や対処法を解説~病院に行くべきか~
手足口病の潜伏期間と気を付けたい感染経路のまとめ
手足口病の潜伏期間中に接触してもうつるのかを解説

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年6月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930