力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

乳歯|生え変わりの時期や順番の平均をまとめてみた

akachan_ha_nyuushi

親にとって子どもの成長は嬉しいことです。その過程で周りの子ども達と比べて自分の子どもは正常に成長をしているか?遅れてはいないのか?などの気がかりがいつも付きまとうものですよね…。

今回はそんな子どもの成長の一つとも言える、乳歯の生え変わりの時期や順番についてお伝えしていきます。

 

【スポンサーリンク】

 

乳歯から永久歯への生え変わりはいつ?その平均を解説

pikapika_ha

通常子どものあごは成長に伴い、大きくなっていくものです。しかし歯に限っては、身体がいくら成長してもその大きさが変わることはありません。

そこで、あごの成長にしたがって、歯とあごの大きさのバランスを合わせるために幼児期に生えていた乳歯から、大人の歯である永久歯へと生え変わっていくそうです。

永久歯は生後3ヶ月頃から歯茎の中ではじまっており、その成長が十分に果たされると、現在生えている乳歯の周りに組織を破壊する細胞があらわれ、乳歯の根を徐々に溶かし、自然と抜け落ち永久歯へと生え変わるという仕組みとなっています。

また乳歯が20本なのに対して、永久歯は親知らずの4本を足すと32本にもなり、乳歯の抜けた位置に生える20本の他に、新たな歯が生えてくるわけです。

dental_fross_boy

気になる時期や順番ですが、乳歯から永久歯への生え変わりに関して、その時期及び抜ける順番などは個人差が大きく一様に「この時期でこの順番が正常」とは言い難いでしょう。

この「乳歯から永久歯への生え変わり時期と抜ける順番」は、歯の研究者によっても意見が別れているようですが、一般的には「乳中切歯」と呼ばれる下の前歯2本が早く抜けやすいようです。その後、上の前歯2本、そして奥の歯が抜けていく…という傾向が多いといわれています。

 

【スポンサーリンク】

 

乳歯の抜け始める時期ですが、一般的には6歳前後から生え変わりはじめると言われています。ただ、4歳を過ぎたあたりで乳歯がグラグラしはじめる子もいる一方で、小学生まで抜けない子もいるそうで、その時期に関してあまり気にしすぎない方がいいでしょう。

しかし抜けた後、すぐに永久歯が生えはじめないケースも多くあり、歯並びや虫歯などが気になる場合は歯科医に診てもらう必要があります。

なぜなら乳歯は永久歯が生えてくる過程で、その生える方向を導く道標の役割を持っているため、例えば「どうせ抜け落ちるから」とデンタルケアを怠ることで虫歯となり、その子の成長に反する時期に抜歯してしまうなどすると、永久歯は道標を失うため歯並びが悪くなってしまうからです。

歯並びが悪くなると、歯磨きをする際にブラシが届きにくい、もしくは届かない箇所ができてしまう場合が多いため、虫歯の原因となります。

kenkoushindan06_shika

生え変わった後一生付き合っていく永久歯のケアは勿論大切ですが、その道標となる乳歯のケアも大事にしなければなりません。

そのためにも、生え変わる時期や順番の心配はしなくても大丈夫ですが、乳歯の時期から歯科医での定期検診などが推奨されているようです。

 

まとめ

乳歯から永久歯への生え変わり時期は一般的には6歳前後、順番は下の前歯から抜け始める場合が多いようです。しかしこの時期や順番は個人差が大きく、「どの時期にどこから…?」をあまり気にする必要はないといえます。

ただ、今生えている歯が乳歯の場合、その下に生えている永久歯を導く大切な役割をもっているのでケアを怠らないようにしましょう。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30