力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

右手の小指に痺れが…考えられる原因とは?

sick_furue

ある日突然右手の小指に痺れを感じたら…。

ほんの些細な症状に感じるかもしれませんが、放っておくと後に深刻な状態に陥る可能性があることをご存知でしょうか?

※左手の小指が痺れる方は『関連記事:左手の小指が痺れてチクチクする…危険な病気の前触れかも』をご覧ください。

 

【スポンサーリンク】

 

右手の小指に痺れを感じたら…

monshin_doctor_serious

机の角などで肘を打った時など、ぶつかったのは肘だったはずなのに、不思議と小指まで痺れがまわった…という経験はありませんか?

その原因は、肘の周辺にある大きな神経が、ぶつかった際に圧迫され、その延長線上にある小指にまで衝撃が届くからだと言われています。

これは一種の疾患で、悪化すると肘の部分を軽く刺激するだけで、小指の痺れを感じるようになります。

主に大工や、工場で作業を行っているような、肘をよく使う職についている人に多くみられるもので、肘部管症候群と呼ばれています。

特に右利きの人の多い日本では、右手の小指に痺れを感じた時、この病気が疑われます。

症状としては、上記のような小指の痺れから始まり、手の筋肉が痩せる、指の曲げ伸ばしが困難になる、小指が曲がった状態になる…などの症状が現れてきます。

そのような症状が出ているにも関わらず放置していると、握力の低下など、日常生活に支障をきたすほどに症状が悪化していくため、早期発見と治療が重要です。

sokutei_akuryoku

肘部管症候群は、肘に刺激を与えなくても小指に痺れをもたらすこともあり、その場合、ただの筋肉疲労だと勘違いし放置してしまうことで症状が悪化する恐れもあります。

症状が悪化した後に、肘部管症候群だと診断された場合、手術による治療を余儀なくされることもあるため、右手の小指に痺れを感じた時は、自己判断せず、整形外科か神経外科へ受診し、医師に相談しましょう。

肘部管症候群は悪化すれば手術が必要になるほど重症化しますが、早期発見することで、鎮痛剤の服用などで、痛みを緩和しながら肘を安静に保つ治療法だけで、回復へ向かうことができるのです。

また、このような症状を防ぐために

・机などに肘をつかない
・横になった際、肘に負担のかからない寝具にかえる

などの予防策があります。

肘をつくことで、肘にある神経が圧迫され、既に症状がある人などは、症状悪化の原因になる可能性が高いです。

また、就寝時の姿勢が神経圧迫の原因となっている可能性もあります。

マットレスや布団の硬さ、自身の寝姿勢を見直してみることで、肘部管症候群の予防に繋がるでしょう。

 

寝姿勢を改善するには?

睡眠は必ず毎日とる行為なので、快適な睡眠をとるために、寝姿勢を改善するのは、とても重要なことですよね。

ただ、それは分かっていても、

「寝姿勢なんてどう改善してよいか分からない」

「自分に合った寝具とかよく分からない」

という方も多いと思います。

そんなあなたにオススメしたいのが、睡眠額の専門家たちも大絶賛している『スリーパードクターズピロー』という枕です。

↓↓↓↓↓詳細はこちら↓↓↓↓↓
スリープドクターズピロー

「え、枕?」と思われたかもしれませんね。

実は寝姿勢を改善するには、自分に合った布団を選ぶことももちろん重要なのですが、それと同等に、質の高い睡眠に最適な枕を使用することが、とても重要なのです。

あなたは朝起きた時、「首や肩が痛いな…」と感じたことはありませんか?

それは、「上手く寝返りが出来ていない」ことが大きな原因の1つだったりします。

人は睡眠中、何回ぐらい寝返りを打つと思いますか?

小さな寝返りと大きな寝返りを合わせて、10~40回程度打つと言われています。

人が寝返りを打つのは、体の調子を整える為に重要な「自律神経」を整えるためなんですね。

 

自分に合わない枕を使っていると?

もし、自分に合わない枕を使っていると、まずは寝返りが打ちにくくなります。

つまり、同じ姿勢のまま眠り続けてしまうという事ですね。

例えば起きている時、ずっと同じ姿勢で座っていたり、寝転んでいたりすると、体が痛くなってきませんか?

それと同じで、ずっと同じ姿勢で寝続けていると、血液やリンパの循環が悪くなってしまいます。

その為、朝起きた時に痛みを生じてしまうのです。

血液やリンパの循環が悪くならないように、私たちは睡眠時に自然と寝返りを打っているのです。

では、横向きで寝たまま、肘を圧迫した状態で寝返りが上手く打てず、眠り続けてしまった場合、どうなるでしょうか?

ご想像された通り、肘の神経を圧迫し続けてしまい、結果、小指のしびれがさらに悪化してしまいます。

そうして肘の神経を圧迫し続けることで、

・小指の痺れが酷くなる

・手の筋肉が痩せてしまう

・指の曲げ伸ばしが難しくなる

・小指が曲がったままになる

こうなってしまうと最悪、手術することを余儀なくされてしまう可能性も…

手術をするとなると、体力的にも精神的にも負担がかかってしまいますし、結構なお金もかかってしまいます。

肘部管症候群の手術にかかる費用は、4万円~6万円前後だと言われています。

これに加え、入院料が1日1万円前後かかると言われているので、経済的にもかなりの負担になってしまいますよね。

手術をしなければならなくなる前に、寝姿勢を改善し、肘部管症候群の予防&回復に努めるのが大切だという事が分かったかと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

スリーパードクターズピローで寝姿勢を改善!

いざ手術となると、沢山の費用がかかってしまう事が分かりました。

精神的にも肉体的にも、手術は辛いですよね。

そうなる前に、スリーパードクターズピローで、寝姿勢を改善してみませんか?

今すぐ寝姿勢を改善する⇒睡眠の専門家も絶賛!【スリープドクターズピロー】

寝姿勢を改善する枕は、スリーパードクターズピロー以外にも販売されていると思いますが、なぜこの枕が良いのか?

特に推奨する理由を、2つに絞ってお伝えしていきます。

 

1、独自開発された特殊3Dカット加工を採用

特殊3Dカット加工という、独自開発された加工を採用しています。

これは、日本でしかできない精密な加工で、普通は2Dにしか出来ないものを3D加工にすることで、よりスムーズで滑らかな寝返りを実現することに成功しました。

そして頭だけではなく、背中ごと枕で支えられているので、寝返りをした際に枕から落ちてしまう事がありません。

通常の枕だと、頭が枕から落ちてしまう事で、その後の寝姿勢が悪くなり、結果として体の至る所に負担をかけてしまいます。

寝返りを打っても決して落ちることのないこの枕は、寝姿勢を改善するのに最適な枕だといえるでしょう。

また、背中ごと支えることで、首や肩に負担をかけないのも、スリーパードクターズピローを推奨する理由です。

 

2、寝返りのしやすさをとことん追求している

寝返りを打つことの重要性は先ほど理解して頂いたと思います。

寝返りをすることで、血液やリンパの循環を良くします。

寝姿勢になることで、起きている時に負担がかかっていた首や背骨、関節の疲労がリセットされるので、良い寝姿勢は、体の疲労回復にダイレクトに繋がってきます。

良い寝姿勢に欠かせないスムーズな寝返りを追求したのが、スリーパードクターズピローで、主に3つの工夫がなされています。

 

1、首元を優しく支える為に、理想的な高さを実現

高さが合わないと、後頭部に負担をかけ、寝返りを妨げてしまいます。

スリーパードクターズピローは、人間工学に基づき、理想的な高さにすることを実現したので、寝返りを妨げることがありません。

 

2、寝返りしやすいウェーブライン

スリーパードクターズピローの特徴の1つであるウェーブライン。

これにより、左右で無理のない寝返りを実現させることに成功しました。

このウェーブラインが無いと首が圧迫され、首コリ、肩こりの原因になってしまうので、なにげに重要なラインなんですね。

 

3、枕の真ん中のくぼみがポイント

枕の真ん中でくぼみをキープできるようにしたことで、睡眠時に重要なS字カーブを維持することに成功しました。

S字カーブが維持できないと、特定の場所に負担がかかってしまい、肩こりや首コリ、床ずれの原因になってしまいます。

S字カーブを維持できるように作られているのも、スリーパードクターズピローを推奨するポイントですね。

いかに、スリーパードクターズピローが寝姿勢を考えた枕なのかが分かりますね。

「寝姿勢に枕が重要なのはよく分かった!」

「今すぐ寝姿勢を改善したい!」

「肘部管症候群で手術する前に予防・回復したい!」

という方は、スリーパードクターズピローをお試し頂くのをオススメ致します。

今すぐお試しする⇒スリープドクターズピローの詳細はコチラ

 

ただ、ちょっと…

肘部管症候群の予防・回復には、寝姿勢を改善するのが重要だという事が分かりました。

その必要性も分かったと思います。

「ただ、ちょっと購入するのに勇気がいる…」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

一番ネックになっているのは、スリーパードクターズピローの価格だと思います。

確かに、枕にしては少し高いと感じるかもしれません。

ただ、先ほど前述した通り、寝姿勢を改善しないまま症状を悪化させ、最悪手術になった場合、手術代だけでも4万円~6万円かかってしまいます。

さらに、入院料も1日1万円前後かかってしまう事を考えると、今、寝姿勢を改善しておいた方が、結果的にお金を使わずに済みます。

また、スリーパードクターズピローを1年間使い続けた場合、1日当たり約83円ほどになります。

缶コーヒー1本以下の価格なので、費用対効果は高いでしょう。

さらに、肘部管症候群の予防・回復だけではなく、寝姿勢自体を改善することで、

・肩こり解消

・首コリ解消

・いびきの改善

・睡眠の質が上がる

・起きた時に体がラクになる

・良質な睡眠によるアンチエイジング効果

・呼吸の改善による不眠や日中の疲れ改善

などなど、これだけのメリットがあります。

睡眠は、毎日必ず行うものです。

どうせ毎日行うなら、出来るだけ質の高い睡眠をとり、健康な体を維持していきませんか?

今すぐ試してみる⇒【スリープドクターズピロー】

 

まとめ

右手の小指に痺れを感じた時、肘部管症候群の症状を発症している恐れがあります。

自己判断で放置していると、日常生活に支障をきたすほどに症状が悪化し、手術が必要になる場合もあります。

日頃の肘への負担が原因と言われている病気なので、出来るだけ早期発見することが大切です。

肘を安静に保つことで症状の改善が図れるため「些細なこと…」と油断するのは禁物。

右手に痺れを感じた時点で、整形外科か神経外科へ受診することをオススメします。

そして、スリーパードクターズピローで寝姿勢を改善することで、肘部管症候群の予防・回復を目指しましょう!

今すぐお試しする⇒睡眠の専門家も絶賛!【スリープドクターズピロー】

 

関連記事
エコノミー症候群の症状|ふくらはぎや太ももの痛み、しびれ症状に要注意
夏に手足のしびれが…それ、熱中症かもしれません

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年8月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031