力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

てんかんの人も車の運転は可能 必要な診断書の詳細

menkyo_gold

てんかんの方でも薬を服用するなどして、日常生活を送ることができる方がたくさんいらっしゃいます。

医師の診断書があれば、自動車の運転免許も取得可能です。

しかし、てんかんの方の自動車免許取得には一定の条件があります。

また、免許取得後にてんかんの発作が発症する方もいらっしゃるので注意が必要です。

そこで、今回はてんかんと自動車免許について説明したいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

てんかんを発症した方が自動車免許を取得できる条件

kenkoushindan_monshin (1)

2002年の道路交通法改正で、てんかんの方にも自動車の運転免許を条件付きで取得できるようになりました。

医師に正直に現在の状態を話して、診断書を書いてもらうと、診断書が公安委員会に送付され可否の決定がなされます。

条件は法律で厳密に定められていますが、簡単に説明すると、運転に支障をきたす発作が2年以上起きていないことです。

軽い発作が起きた場合は1年以上、睡眠時に起きた場合は2年以上経過観察して、問題なしと医師が判断すれば取得できます。

なお、大型免許と第二種は取得できないことになっています。

法律で禁じられている訳ではないのですが、運転を主にした職業は避けましょう。

日本てんかん学会によれば5年以上症状が安定していて、服薬が終わっている状態が、運転適性があると定義されています。

 

【スポンサーリンク】

 

免許の取得や更新で気を付けたいこと

yakuzaishi_soudan

免許を取得した後にてんかん発作を起こした場合は、医師に相談したうえで報告をしましょう。

てんかんを隠して更新した場合、事故を起こした際の刑罰が重くなります。

また医師に止められているにも関わらず運転を続けている患者を医師が公安委員会に届け出ることが可能となりました。

薬を飲み忘れた場合や体調が悪い時は運転は控えましょう。自覚症状があるのにも関わらず、運転をして事故を起こした際の刑罰も重くなります。

てんかんの症状によって、更新ができなかった場合免許が取り消しになりますが、3年未満に病状が回復すれば、試験なしで再取得できるようになりました。

免許が取り消しになっても二度と取得できないという訳ではありません。

安心して治療に励んでください。

bg_hospital_room

また、免許を取得した後に病状が悪化して、運転できる状態ではなくなった時は、運転適性相談窓口などに相談してください。

一度発作を起こすと、運転が怖くなる方もいらっしゃいますが、主治医の指示に従って薬を服用したり、生活リズムを整えていれば、てんかんはコントロールできる病気です。

実際自動車で事故を起こした方は薬を飲み忘れていた方がほとんどです。

周囲からいろいろ言われることもあると思いますが、主治医の許可が下りたのなら、堂々と免許を取得してください。

 

~まとめ~

・てんかんの方でも医師の診断書があれば自動車の運転免許を取得できる
・虚偽の報告で事故を起こすと重罰に課せられる
・一度免許を失効しても再取得は可能

以前まではてんかんの方は自動車の運転免許を取得することができませんでした。

しかし、医学の進歩でてんかんをコントロールすることが比較的容易になり、免許取得への門戸が開かれました。

最近の事故のニュースは心苦しいですね。せっかく開いた扉を自らの手で閉じるのはやめてもらいたいものです。

関連記事
てんかん発作の対応|前兆症状があるって本当?
てんかん発作の原因|ストレスとの関係性はあるのか

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年8月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031