力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

大人でも発症|てんかんの原因と症状のまとめ

hinketsu (1)

てんかん発作というと子供のころに発症する病気と誤解されがちですが、大人になってから発症する方もいらっしゃいます。

ではてんかん発作はどのような原因で発症し、前兆症状やてんかんの症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 

大人でも発症するてんかん発作

cry_boy

てんかん発作自体は3歳以下に最も発症率が多い病気です。

子供のころに発症して、大人になってからも付き合っていく場合が多いのですが、まれに大人になってから発症する場合があります。

交通事故などによって脳が損傷する場合などです。

また、子供のころから持っていたてんかんが、大人になってから突然発症するパターンもあります。

高齢者になると脳血管障害でてんかん発作をおこすことが多くなるので、てんかんは幼児から高齢者まで起こりうる病気といえます。

 

てんかんの原因

iryou_nyuin

てんかん発作はまだ研究段階の病気で、わからないことも多いのですが、特発性てんかんと、症候性てんかんに大別されます。

特発性てんかんは原因不明のてんかんで、脳に異常がみられません。

遺伝などで生まれつきなりやすい体質の子供がいると、主張する学者もいます。

特発性てんかんについては今後の研究に期待しましょう。

症候性てんかん脳に傷がついた場合に起きるてんかんです。

 

【スポンサーリンク】

 

てんかんの症状

medical_tenteki

てんかん発作は部分発作全般発作に分けられます。部分発作は脳の特定の部分が起きる発作です。

原因が特定しやすいため、治療も比較的容易です。

症状の特徴として体の一部分が痙攣して、その後体全体に行き渡る突然に目の前がゆがむなどがあります。

部分発作はさらに以下に細分化されます。

 

てんかんの部分発作

・単純部分発作

意識がはっきりしている痙攣で、前兆症状も覚えています。『関連記事てんかん発作の対応|前兆症状があるって本当?

 

・複雑部分発作

意識が朦朧としていて、既視感(デジャブ)などがしょうじます。

 

・二次性全般化発作

部分発作が起きた後に、全般発作になります。

全般発作は大脳全体が原因となっておきるてんかん発作です。意識がなくなることがほとんどです。

全般発作を細分化すると以下になります。

 

てんかんの全般発作

・欠神発作

突然20秒間ほど意識を失い、その後急に回復します。意識がなかった時の記憶はありません。

 

・ミオクロニー発作

突然両手足が発作を起こします。周りの物や人をたたいたりします。この時、意識はありません。

 

・強直発作

全身が硬直します。当然意識はありません。お風呂上りや家に帰ってきたときなど、ほっとした瞬間になりやすいです。

強直発作の後に全身が痙攣する発作を強直間代発作といいます。

 

・脱力発作

突然体の力が抜けて倒れ込んでしまいます。子供に多い発作です。

 

・重積発作

発作が長時間続いたり、何度も連続して起きる状態で、重責発作が起きると、静脈注射をする場合が多いです。

 

~まとめ~

・てんかんは大人でも起きる
・てんかんの原因は完全には解明されていない
・発作には部分発作と全般発作がある

大人になっても急にてんかんになる方はいらっしゃいます。

子供のころに発症しなかったから大丈夫というわけでないのです。

関連記事
てんかんが人から人へうつる可能性はあるの?
てんかんの人も車の運転は可能 必要な診断書の詳細

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031