力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

食中毒の症状の1つ 熱が出た時の正しい対処法

virus_fukutsuu (1)

長く続く下痢、激しい吐き気、止まらない嘔吐・・・これらは食中毒の代表的な症状です。

ですが原因菌によっては高い熱が出ることもあることをご存知ですか?

食中毒かどうか定かではないけれど、熱が出ちゃった!という時、とるべき対処法、逆にやってはいけないことをご紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

一般的な食中毒の症状とは

virus_oetsu (2)

食中毒にかかった場合、対処法を誤ると症状がさらに悪化し、最悪死に至るケースもあります。

原因菌も多種多様で、潜伏期間の長さや発症している期間、症状もまちまちです。

共通して言えることは主に腹痛・下痢・吐き気・おう吐などの症状が出ること。『関連記事食中毒|症状が胃痛だけの時があるって本当?

これらの症状が出て、「食中毒かな?」と思って、実際にすぐに医療機関に駆け込む方は少ないのではないでしょうか。

食中毒の原因となる細菌・ウイルスには特効薬がないものが多く、

私たちの身体のメカニズムのひとつである、異物や悪いものを体外に排出する働きにより回復していくケースがほとんどです。

つまり、下痢やおう吐で悪いものを体外に出し切ってしまえば緩やかに回復していくということですね。

sick_syokuchuudoku

このような症状で治まっている間は、自宅でセルフケアという処置も有効です。

下痢やおう吐で体内の水分が失われているため、十分な水分補給を心掛けてくださいね。

経口補水液がおススメです。

また、下痢止めや吐き気止めなどは細菌を逆に体内にとどめてしまうことになり、

症状の長期化や悪化につながりかねませんのでくれぐれも飲まないようにしてください。

 

【スポンサーリンク】

 

食中毒で発熱した場合

hatsunetsu_kodomo (1)

下痢やおう吐だけでなく、発熱や酷い腹痛があるなどの場合は、感染性胃腸炎など重症化している恐れがあります。

すぐに医療機関を受診してください。

発熱を引き起こす食中毒の原因菌として代表的なものは、サルモネラ菌、O-157、カンピロバクター菌、ノロウイルスなどが挙げられます。

関連記事サルモネラ菌で苦しまない為に試したい予防法8選

発熱したときの対処法は、下痢やおう吐を伴う食中毒の際とあまり変わりありません。

まずはこまめな水分補給を心掛けること、そして解熱剤を使用しない、ということです。

発熱しているということは、私たちの身体が正常に機能し、細菌と戦っているという証です。

解熱剤を使用すると、下痢止め薬などと同じように、身体の働きを妨げることになってしまいます。

食中毒の症状は数日内に治まることがほとんどですが、どうしても熱が引かないなど症状が悪化しているような場合には、

自宅療養にこだわらず必ず医療機関を受診してくださいね。

 

~まとめ~

食中毒で発熱すること自体はさほどまれなことではありません。

食中毒の細菌は多種多様なため、発熱を伴う原因菌があるということも覚えておいていただければ、

いざという時に慌てずに済むのではないかと思います。

関連記事
食中毒の症状が辛い…完治までの期間はどのくらい?
食中毒の潜伏期間 何時間後に症状が現れるの?
生卵で食中毒になるの?症状とかからない為の対処法

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30