力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

ジカ熱|小頭症以外の赤ちゃんへの影響はあるの?

mushi_sasare

蚊による感染が主とされているジカ熱。

妊娠中の女性が感染すると、お腹の中の赤ちゃんが小頭症という障害を持って産まれてくる可能性があります。

しかし、大人がジカ熱に感染しても、発熱などの症状はありますが、療養していれば自然と回復していくきます。

赤ちゃんもお母さんがジカ熱に感染したからと言って、100%小頭症になるというわけではなく、特に妊娠後期に感染した場合、その確率は非常に低くなると言われています。

そこで一つ気になるのが、妊娠している女性がジカ熱に感染した場合、赤ちゃんが発症するかもしれない病気は小頭症だけなのでしょうか?

 

【スポンサーリンク】

 

ジカ熱に感染!お腹の中にいる赤ちゃんが小頭症になると…

akachan_ninshin

小頭症とは、脳の発達が遅れたり、停止することで、頭が通常より異常に小さい状態になってしまう病気のことです。

また、頭の大きさだけでなく、知的発達の遅れや、けいれん発作などの症状を伴うこともあります。

原因としては遺伝によるものや、栄養失調などがありますが、最近ではウイルスに感染した蚊が運んでくるジカウイルスによって、妊娠中の女性がジカ熱になり、

お腹の中の赤ちゃんにも感染することで、小頭症になってしまうということもわかってきました。

 

【スポンサーリンク】

 

妊婦さんがジカ熱にかかった時の赤ちゃんにふりかかるリスク

ninshin_akachan

先程も説明したように、妊娠している女性がジカ熱に感染すると、お腹の赤ちゃんは小頭症になってしまう可能性があります。

小頭症の症状を持って産まれてきた赤ちゃんのお母さんの羊水を調べた結果、ジカウイルスが発見されたり、

小頭症で亡くなった赤ちゃんの脳内からもジカウイルスが発見されたりしたことから、ジカ熱と小頭症の繋がりが分かったとされています。

特に、妊娠初期にジカ熱に感染した場合、赤ちゃんが小頭症になってしまう確率が高いそうで、妊娠後期になるとその確率は低くなると言われています。『関連記事:ジカ熱|妊娠後期に感染した時に知っておきたいこと

どちらにしても妊娠している女性は夏場でも蚊に刺されないような対策が必要となってくるでしょう。

bug_hitosujishima_ka

小頭症の他、に妊娠している女性がジカ熱に感染して、お腹の赤ちゃんに影響を与えたという事例は上がってきていませんが、

このジカ熱には対抗できるワクチンがなく、未だに研究段階だと言われています。

そのため、今後どの様な症例が出てくるのかまだわかりません。

特に今年はジカ熱の発症率の高いとされる中東でのオリンピックが予定されていますよね。

そこから、他国への感染拡大が危惧されている中、大人も子どもも、もちろん妊婦さんも、ジカ熱に感染しないために、万全の対策を行なう事が大切です。

 

~まとめ~

ジカ熱に妊婦さんが感染した場合、赤ちゃんが小頭症になるリスクがあることがわかりました。

その他にジカ熱が胎児へ与える影響は未だ発見されていませんが、ジカ熱は未だ研究段階の病気であり、ワクチンすら発見されていません。

そのため、今後どのような症例が現れてくるのか計り知れないため、私達はジカ熱の予防対策を徹底する必要があるでしょう。

関連記事
ジカ熱に感染した時の潜伏期間と感染経路のまとめ
2016年以降に要注意 日本でジカ熱に感染した時の対処法

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年6月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930