力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

頭痛が辛い…それ、実は食中毒の症状かも

cooking_hoon_chouriki

いままでは気温・湿度が上がり食品が傷みやすくなる夏場に多く発生してきた食中毒ですが、

最近では冬でも室内が暖かく保たれている場合が多く、年中を通して発生する病気の一つと言えるようになりました。

そんな食中毒の症状ですが、腹痛・下痢・吐き気・おう吐などがメジャーですよね。

原因菌によっては頭痛を伴うものがあることをご存知ですか?『なんだか頭が痛いけど風邪かな?』と思っていたその症状、食中毒が原因かもしれません!

 

【スポンサーリンク】

 

食中毒の諸症状

baikin_genki (1)

食中毒の症状は原因となる細菌やウイルスによって違います。

頭痛を伴う原因菌もいくつか代表的なものがありますが、例えばサルモネラ菌、カンピロバクター菌、ボツリヌス菌などがあります。

サルモネラ菌は食肉、とくに鶏肉や鶏卵からの感染が多く、名前をご存知の方も多いはず。

加熱の足りない食肉を食べたり、使用後の殺菌・消毒が不十分で細菌が増殖した調理器具からの感染が多いと言われています。

関連記事:鶏肉が原因の食中毒|具体的な症状と潜伏期間とは

カンピロバクター菌も加熱不足の食肉や、使用後の調理器具からの感染が多く報告されています。

また、海外で水道水を飲んだ人が腹痛や下痢を起こした場合、カンピロバクター菌により食中毒を起こしている可能性が高いです。

関連記事:カンピロバクターは冷凍により死滅する?効果的な予防方法とは

ボツリヌス菌は、自家製の保存食や海外の加工食品から感染することが多いと言われています。

頭痛に加え、視力障害呼吸困難まで発症することのある、非常に怖い菌です。

 

【スポンサーリンク】

 

頭痛からはじまる食中毒症状

hinketsu

食中毒の代表的な症状と言えば、冒頭に述べた通り腹痛・下痢・吐き気・おう吐があります。

このような症状が出れば食中毒になった可能性に思い至りやすいのですが、風邪や肩こり、単なる偏頭痛と思っていた頭痛が実は食中毒にかかったサインである可能性があります。

頭痛を伴う食中毒の原因としては、神経に作用するタイプの細菌や、ウイルスが悪さをしている場合が考えられます。

このような頭痛をともなう食中毒は、最初に頭痛を発症し、次に嘔吐や下痢などの症状が出やすいと考えられています。

もし頭痛から下痢、嘔吐など一般的な食中毒症状を続けて発症した場合は単なる風邪と考えず、自分で対処せずに医療機関を受診し治療を受けるようにしてください。

食中毒を引きおこす原因はじつにさまざま。中には放置したり、自己流で対処している間に悪化してしまうケースがあります。

もしすぐに病院に行けないような場合は、嘔吐や下痢で水分が失われてしますので脱水症状にはくれぐれも注意してください

 

~まとめ~

食中毒は身近な病気ですが、いざかかってみるまでは自分とは無関係と思いがちですよね。

特に普段から「自分は健康だし若いし大丈夫」と思っている方こそ危ないかもしれません。

どんなに健康な人でもかかる可能性があるのが、食中毒。

頭痛も食中毒の症状の一つである可能性をぜひ念頭に置いておけば、いざという時に正しい判断ができますよ!

関連記事
食中毒の症状の1つ 熱が出た時の正しい対処法
食中毒の症状が辛い…完治までの期間はどのくらい?
食中毒|症状が胃痛だけの時があるって本当?

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30