力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

ヘルパンギーナの原因や対処法を解説~病院に行くべきか~

kaze_woman

毎年6月~8月にかけて、発症者が急増するヘルパンギーナ。夏風邪の一種と言われていますが、そもそもヘルパンギーナとはどんな症状なのでしょうか。発症する原因や対処法、病院に行くべきかについて、お伝えしていきます。

 

【スポンサーリンク】

 

夏風邪の代表症状『ヘルパンギーナ』とは?

ヘルパンギーナは、あまり聞きなれない病気ですが、いわゆる『夏風邪』の一種です。そんなヘルパンギーナに感染しやすいのは、乳幼児などの子供が多い傾向にあります。

主に、6月~8月にかけて、感染者がピークに達します。詳しい症状については後で言及しますが『高熱が出る』『口の中に炎症が起こる』これが主な症状であり、こうした症状が発生した場合は、ヘルパンギーナを疑っても良いでしょう。

 

ヘルパンギーナ発症の原因となるウイルスは『エンテロウイルス』

baikin_komatta

ヘルパンギーナは、ウイルスが感染源となる、ウイルス感染症ですが、その原因となるウイルスが『エンテロウイルス』に属するウイルス群、つまりエンテロウイルスに含まれているウイルスが原因なのです。

そのウイルスの中でも『コクサッキーウイルス』が主な原因として、発症します。ここで、エンテロウイルス中に含まれる代表的なウイルスは

コクサッキーウイルス(A群)
コクサッキーウイルス(B群)
エンテロウイルス(68~72型)
エコーウイルス

これら4つです。このうち、ヘルパンギーナ発症の原因となるエンテロウイルは『コクサッキーウイルスA群』になります。ヘルパンギーナの他、代表的な夏風邪とされる『手足口病』なども、A群のコクサッキーウイルスが原因となるようです。

 

ヘルパンギーナの具体的な症状とは

まずは、ヘルパンギーナの代表的な症状をご覧ください。

・38度以上の発熱(39度、40度を超えるケースもあります)
・口の中に口内炎や水泡のただれなどが発生する
・口内や咽頭に炎症が起こり、食事時も強い痛みを伴う

これらの症状が1つ、もしくは複数当てはまる場合は、必ずここから先を確認しておいて下さい。

まず、38度から40度を超える高熱を発症するケースが多いというのを、把握しておく必要があります。ただの高熱であれば、普通の風邪、もしくは疲れによる風邪の場合もありますが、

これに加えて、水泡が口内に発生した場合は、ヘルパンギーナの可能性が高くなります。水泡は、ヘルパンギーナ独特の症状で、主に上あごや、咽頭部分(のどちんこ周辺)に出来る傾向が多いのです。

kounaien

ちなみに大きさは2ミリ~4ミリ程度の大きさなので、もしあなたのお子様が6月~8月辺りの期間に38度を超える熱が出て、食事を取りたがらない場合は、一度口腔内を確認してみましょう。

口の中に水泡や口内炎のようなものが複数出てきている場合は、ヘルパンギーナの可能性が考えられます。ただ、お子様の口腔内を確認する際は

1、直接手で水泡や口内炎などに触れない
2、必ずマスクを着用して確認する

この2点は守るようにして下さい。というのも、ヘルパンギーナは感染性のウイルスなので、接触や飛沫により感染してしまいます。それらを防ぐためにも、上記2点の対策を取った上で、確認してあげて下さい。

 

【スポンサーリンク】

 

ヘルパンギーナを発症~病院に行くべきか~

この記事を読んでいて「ヘルパンギーナかもしれない」と思った方は、まずは病院には行かず、自宅で適切な対処療法を行いましょう。

というのも、ヘルパンギーナに有効な予防接種や、抗ウイルス剤は現在ありません。なので病院に行っても最適な治療が受けられないので、まずは正しい対処療法で、自宅にて安静にしておくことをお勧めします。具体的には

・水分補給をこまめに行う
・とにかく布団で寝て安静に過ごす

この2点が重要です。特に脱水症状を防ぐためにも、水分補給はこまめに行いましょう。口腔内に水泡などが出来ていて、子供が痛がる場合は、刺激の少ないイオン飲料を飲ませてあげるとベストです。

熱は2~3日で下がり、水泡や口内炎も約1週間程度で落ち着くので、安心して頂きたいのですが、もし2~3日以上経っても熱が下がらない場合は『骨膜炎』などの合併症を引き起こしている可能性があるため、この時はすぐに、病院へ向かうようにしましょう。適切な処置をしてもらえます。

 

ヘルパンギーナの2次感染の対処法 大人が発症しない為に自己管理の徹底を

sick_kansensyou

ヘルパンギーナは子供だけが発症する病気なのでしょうか?実は大人でも十分感染する可能性があるのですね。しかも、大人がかかった場合、子供がかかるよりも症状が重くなる傾向が多いので、注意が必要です。

ただ、感染したからといって、必ず症状が出る訳ではなく、何も症状が出ないケースもあります。ちなみにかかりやすい人は

・免疫力が落ちている

という状態(体調不良)に陥っている人が多いです。という事は、ヘルパンギーナの対策には、免疫力を下げない生活習慣を心がけると良いですね。具体的には

・あまり早寝早起きはしない
・1回に取る食事量を腹八分目以下に心がける
・毎日30分以上歩く(走るのは体に負担をかけてしまうので注意)

です。あれ、一般的に言われている事と違いますね。実は早寝早起きは、体に悪影響を及ぼすことが、オックスフォードの研究で明らかになっています。

人間のパフォーマンスというのは体温に依存します。体温が低い時は身体中の機能が著しく低下します。人間の一日のなかでの最低体温というのは、個人差もありますが朝の4時から6時。一方で最高体温となるのが夕方4時から6時。したがって、ケリー博士の言う通り、朝早くから活動をするのは年齢に関係なく危険なのです
引用元URL:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/45782?page=3

つまり、早寝早起きは、免疫力の事を考えると、逆効果になってしまうのです。なので、朝6時以前に起きていた場合は、朝6時以降に起きるようにし、寝るのも22時~23時ぐらいに寝れるようにするのが、ベストなのですね。

そして残りの2つの事項も守る事で、免疫力を最大限に高める事が出来るので、2次感染を防ぐためにも免疫力をあげる生活習慣を心がけていきましょう。

 

~まとめ~

ヘルパンギーナを発症した場合、まずは自宅で適切な対処療法を行いましょう。万が一熱が2~3日経っても下がらない場合は、合併症も考えられるので、すぐに病院へ向かいましょう。

そして、2次感染を防ぐためにも

・あまり早寝早起きはしない
・1回に取る食事量を腹八分目以下に心がける
・毎日30分以上歩く(走るのは体に負担をかけてしまうので注意)

これらを心がけて、日常生活を送りましょう。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年6月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930