力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

乳歯|生え変わりの時期 4歳~5歳で抜けるのは早い?

akachan_ha_nyuushi

親としては気がかりな子どもの乳歯の生え変わり。4、5歳ごろから乳歯がグラグラしはじめる子たちもいるそうです。

※さらに乳歯の生え変わりの詳細については『関連記事乳歯|生え変わりの時期や順番の平均をまとめてみた』こちらの記事で解説しています。

はたして4、5歳から乳歯が生え変わるのは時期的に早いのか?という点をお伝えしたいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

4、5歳での生え変わりは早いのか?乳歯の抜ける時期を検証

teeth_sashiba

一般的に6歳前後に生え変わるといわれている乳歯。しかし近年子どもたちの成長が早くなってきているらしく、4、5歳で乳歯がグラつく子もいるようです。

4、5歳で乳歯が抜けた子の親の中には、そんな我が子を見て「時期が早すぎるのではないか?」と心配される方がいるそうです。

しかし歯科医師の話では「3歳で乳歯がグラグラしはじめる子もいる。」ということなので、乳歯の生え変わりの時期は個人差が大きく、多少早くても問題はないようですね。

そのことから考えて、乳歯の生え変わりは「6歳の前後2年は範囲内」と思っておくと、あまり気にならないかもしれません。

ただやはり4、5歳ごろ抜けるというのは一般的に言われている6歳に比べると早いといえます。なので永久歯がすぐに生えてこない場合も多く、気をつけなければ虫歯になったり、歯並びに影響を及ぼす可能性があります。

 

【スポンサーリンク】

 

例えば乳歯がグラグラしはじめたり、永久歯が生えはじめると歯や歯茎が痛くなり、4歳の子どもであれば歯磨きを嫌がる場合もあるでしょう。しかし生えたての永久歯は大人の歯に比べて柔らかいので、虫歯になりやすいのです。

それらの理由から、歯ブラシやデンタルフロスなどの口内ケアを怠ると、乳歯をはじめこれから生えてくる永久歯も虫歯になってしまいます。

haguki_shisyuubyou

これから一生付き合っていく永久歯をいかに虫歯にしないかが重要なので、4歳でも6歳でも、新たに永久歯が生えてくる時期は子どもだけで歯ブラシを終わりにせず、必ず親が仕上げの歯ブラシをしてあげましょう。

仕上げの歯ブラシをしてあげることで、歯を綺麗に保つことはもちろん、子どもの口内状況を把握できるチャンスになります。

日々の丁寧な歯ブラシや歯科医での定期検診を心掛けるなどして、虫歯を未然に防ぐよう観察し続けることが大切です。

虫歯の兆候としては

・奥歯の溝が黒くなる
・歯と歯茎の境目が白い
・デンタルフロスの際、引っかかる
・冷たい物や熱い物がしみる

などの症状がでてきたら要注意だそうで、発見したら歯科医に受診してください。

 

まとめ

4、5歳での乳歯の生え変わりは一般的にいわれている6歳に比べると多少早いといえるでしょう。しかし生え変わり時期は個人差があり、4歳で乳歯が抜けたとしても心配する必要はありません。

ただ乳歯の生え変わりのタイミングで虫歯になると、その後一生付き合っていく永久歯に悪影響なので、しっかりとしたケアが必要です。

また、無事乳歯の生え変わり時期に突入した際に、子供が痛がり、歯磨きするのを嫌がる事があります。そんな時は『関連記事乳歯が生え変わりで痛みを感じた時に試す対処法9選』こちらの記事で対処してみて下さい。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年6月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930