力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

2017年もインフルエンザに要注意!症状の特徴や気を付けたいこと

hana_kosuru

毎年12月から3月ごろの冬場に大流行するインフルエンザ。

予防注射を受けたりマスクを着用したり、毎年のことながら大変ですよね。

その年によって流行する型も変わってくるので、症状にも変化があります。

まだまだ夏本番ではありますが、

早くも2016年末~2017年のインフルエンザ流行について、

症状の特徴や気を付けるべきことなど、

今分かっている情報をご紹介していきます。

 

【スポンサーリンク】

 

2017年のインフルエンザ流行の特徴は?

virus_syokuchudoku

毎年12月~3月にかけて猛威をふるうインフルエンザですが、

2017年は例年より早い11月ころから流行が始まると言われています。

これは2016年のインフルエンザが比較的流行が遅かったからだそうです。

年が明けてから本格的に流行しだし、夏頃までゆっくりと流行していました。

その反動なのでしょうか。

2017年のインフルエンザの流行時期は、

例年より早くなると予想されているそうです。

 

【スポンサーリンク】

 

2017年インフルエンザの予防接種時期はいつ頃にすべき?

iryou_chusyaki

流行時期が早まるようであれば、もちろん予防接種時期も前倒しで考えるべきです。

インフルエンザの予防接種を受けて身体の中に免疫ができ始めるまで、

約4週間程度かかると言われています。

さらに、予防接種の効果は免疫ができ始めてから2~3ヵ月程度までですが、

間隔をあけて複数回予防接種を受けることで、

予防接種の効果も長く持続するそうです。

となると、早くて11月頃にインフルエンザの流行が始まるとすると、

遅くても10月初旬には1回目の予防接種を受けることが望ましそうですね。

そのあとはインフルエンザの流行状況に合わせ、

予防接種による効果が持続できるよう、

複数回受けることも視野に入れておいた方がよさそうです。

インフルエンザの流行状況(感染者とその分布)を確認できる、

便利なサイトがありましたので、ご紹介しておきます。

「インフルエンザ流行マップ」が確認できるサイト⇒インフルニュース

※タイミングによって見れない場合もございますので、

見れない場合は、数日時間を置いてから再度確認してみて下さい。

例年、インフルエンザの流行が始まるとニュースで報道されますが、

今年は少しでも早く自分で情報収集をし、

自分の周囲で感染が広まっていないか目を光らせておくのも良いかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしょうか。

流行時期が早まるということは、

それだけ油断をしている多くの人が感染してしまう可能性も高くなるということ。

予防接種だけでなく、空気が乾燥したら適切な湿度を保つ、

人の多い場所ではマスクを着用するなど、

インフルエンザウイルスが体内に侵入しないよう気を付けましょう。

また、睡眠不足やストレス、

暴飲暴食で体力が落ちていると身体がウイルスに負けてしまいます。

今のうちから体力・免疫力を高め、

インフルエンザに負けない健康な身体づくりを目指しましょう!

関連記事
インフルエンザは夏にも流行する!?症状と予防法のまとめ

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30