力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

インフルエンザ 潜伏期間中に予防法を実践しても効果はあるのか

medical_samuke

高熱が続き、重篤な場合は死に至るケースもあるインフルエンザ。

感染力が非常に高いため、発症したら登校や出社できなくなってしまいますよね。

また、受験シーズン、就職活動期間である冬場に流行するため、

どこのご家庭でも感染予防に余年がないと思います。

関連記事:2017年もインフルエンザに要注意!症状の特徴や気を付けたいこと

インフルエンザも風邪や他の感染性の病気と同じく、

潜伏期間(ウイルスが体内に入ってから発症するまで)というものがあります。

既にインフルエンザのウイルスが体内に入っていても、

うがいや手洗いのような予防法は効果があるのでしょうか?

 

【スポンサーリンク】

 

インフルエンザの潜伏期間

virus_syokuchudoku

インフルエンザウイルスの潜伏期間は短くて1~3日長くて一週間と言われていますが、

インフルエンザの怖いところは、『潜伏期間中でも感染する』ということ。

一旦高熱のような症状が出てしまったら、

できるだけ外出を控えるように医師から忠告されますよね。

学校、会社へも行けなくなります。

しかしまだ症状が出ていない、

潜伏期間中の人のカラダのなかにも、ウイルスは潜んでいるのです。

たとえば、もし知人のインフルエンザ発症前、

一週間の間に接触があったなら、

あなたも感染している恐れがあるということ。

 

インフルエンザの感染経路

virus_seki (2)

インフルエンザの主な感染経路は『飛沫感染』と言われています。

くしゃみや咳でウイルスが空気中に拡散し、

他人の体内へと侵入していくのです。

インフルエンザウイルスは低温低湿を好みますので、

冬場で空気が乾燥している間は特に、

ウイルスが長く空気中に留まるため、

感染率が上がってしまいます。

それ以外にも、患者と同じものを触ることで感染してしまう、

『接触感染』などの感染経路も考えられます。

そのため、できるだけウイルスを体内に入れないようマスクを着用したり、

手洗い・うがいなどの予防法が推奨されているんですね。

 

インフルエンザ潜伏期間中の予防法には効果はあるの?

ugai_tearai (1)

一説には、教室や職場のような閉鎖空間に、

ウイルス保有者(発症している人でも潜伏期間中の人でも)がいる場合、

同じ空間にいる人は、インフルエンザに感染していると考えられているそうです。

それでは、ウイルスが体内に入ってしまって症状が出るまでの間である、

潜伏期間中に手洗い・うがいなどの予防法を実施すれば、

発症は免れるのでしょうか?

残念ながら、そうではありません。

発症するかどうかは、その人のカラダに備わっている、

免疫力の高さにかかっています。

それではうがいや手洗いは全く無意味かというと、そうでもありません。

先ほど、インフルエンザウイルスの主な感染経路は、

『飛沫感染』『接触感染』であると書きましたように、

うがい・手洗い・マスクの着用は、

他の人へそれ以上ウイルスを拡散しないためにも、

必要であると考えます。

 

【スポンサーリンク】

 

インフルエンザウイルスに打ち勝つカラダになるために

dumbbell_woman

じゃあインフルエンザを発症しないようにするには、

どうすればいいかというと、

カラダに備わっている免疫力を高めることが肝心です。

免疫力を高めるためには、

・栄養バランスのとれた食事
・十分な睡眠、休息
・腸内環境の改善

などが挙げられます。

栄養バランスのとれた食事を心がけ、

睡眠を十分にとってもインフルエンザにかかってしまった・・・

という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には腸内環境を改善する食事を摂ることをオススメします。

腸内環境の改善と言えば、

ヨーグルトなどの乳酸菌製品が人気ですよね。

でも毎日ヨーグルトを食べ続けるのは飽きちゃうし、

なかなか効果が出ないという方も。

大丈夫です。そんな方に朗報です!

 

「飲む、抵抗力」免疫パワーをアップするサプリメントで負けない体に

kusuri_nomu_ojiisan

ハウス食品が研究、開発したのが「ラクトプランL-137」というサプリメント。

ハウス食品が研究開発ラクトプランL-137

ヨーグルトや多くの乳酸菌食品は、乳酸菌を摂取して

『生きたまま腸に届ける』ことを目的に作られています。

しかしラクトプランL-137は、あえて加熱処理を施し、

死んでしまったL-137を使用しているのです。

「それで効果があるの?」と思いますよね。

L-137は、ビフィズス菌のような”おなかに役立つ”乳酸菌ではなくて、

細菌やウイルスに負けないカラダを維持する能力が高いんです。

加熱して菌が死んでしまっても、

L-137の場合はむしろ菌が生きていた時よりも強く・長く・安定的に、

この”守る力”を発揮することができるんですね。

実際にラクトプランを試した方からは

・季節の変わり目に良く体調を崩していたが、元気に過ごせるようになった

・朝起きた時から調子が良く、一日元気に過ごせるようになった

という喜びの声が、上記の他にも沢山挙がっています。

このように、すでに沢山の実績があるのはもちろん、

誰もが聞いたことがある『ハウス食品』が作っている

というのも、信頼できるポイントですね。

免疫力は、健康状態に大きな影響を与える為、

なるべく良質なサプリメントを摂取するのが重要です。

であれば、すでに大きな信用と信頼を得ている

『ハウス食品』が提供しているサプリメントをお試しすることで、

病気知らずな体になる、第一歩を踏み出してみまぜんか?

守る力で体を守る負けられないあなたを乳酸菌で応援!ハウスのラクトプランL-137

 

まとめ

「まだ夏だからインフルエンザにかからないし・・・」

と思っている方、気をつけてくださいね。

関連記事インフルエンザは夏にも流行する!?症状と予防法のまとめ

夏でも最近はエアコンをつけっぱなしにしている場所が多く、乾燥しがちです。

インフルエンザに限らずさまざまなウイルスや細菌が空中に飛散していますが、

こんな暑い時にマスクなんてしたくありませんよね。

それならばいっそ、自分が本来持っている、

カラダを守る力をパワーアップしてみませんか?

病気に負けない健康なカラダへ一歩近づくことができる「ラクトプランL-137」

ぜひ一度試してみてください。

死んで腸まで届くサプリメント乳酸菌という新習慣 ハウスのラクトプランL-137

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30