力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

インフルエンザB型の特徴的な症状 下痢になった時の対処法

virus_benpi

毎年12月~3月頃に猛威をふるうインフルエンザ。

関連記事:2017年もインフルエンザに要注意!症状の特徴や気を付けたいこと

「高熱が出て辛い」というイメージが多いですが、

中には熱はあまり出ていないのに、

腹痛・下痢に悩むパターンもあるそうです。

その場合、考えられるのはインフルエンザB型に感染している可能性

A型、C型に比べB型はお腹へのダメージが出やすいと言われています。

インフルエンザB型に感染して下痢になったとき、

どのように対処したら良いのでしょうか?

 

【スポンサーリンク】

 

インフルエンザB型の特徴

kin_kabi

インフルエンザは大きく3つの型に分けることができます。

それがA型、B型、C型と呼ばれるもので、

インフルエンザの流行が確認されると同時に、

ニュースでよく耳にするようになりますね。

関連記事:インフルエンザA型・B型・C型 それぞれの症状や特徴の違いとは

インフルエンザB型には実はさらに2種類のタイプがあり、

「山形型」「ビクトリア型」と呼ばれています。

近年、インフルエンザB型の感染数のうち、

約2/3がビクトリア型で、残りの1/3が山形型だそうです。

この2種類は遺伝子配合も違うため、

予防接種やウイルスに対する免疫も当然違ってきます。

ということは、B型のインフルエンザに、

1年で2回感染するということもあり得るんです!

インフルエンザB型の特徴としては、

A型に比べると比較的毒性は弱く、

重症化する可能性も低いことにあります。

しかしA型よりも長期間微熱が続く、

風邪のような後遺症がだらだらと続く、

という傾向があるそうです。

そしてお腹へのダメージ(腹痛・下痢)も、

強く出ることが大きな特徴と言えます。

 

【スポンサーリンク】

 

インフルエンザB型に感染!下痢になった時の対処法

kenkoushindan_monshin

インフルエンザB型に感染した場合、

タミフルなどの抗インフルエンザ薬を投与することになります。

関連記事:インフルエンザ 異常行動の原因はタミフルやイナビルなど薬のせい?

しかし症状が治まるまでには多少の時間がかかりますし、

腹痛や下痢などの症状に襲われることもあります。

まず気を付けるべきは『脱水症状対策』です。

発汗や下痢などによって体内の水分が失われがちですので、

脱水症状を起こさないようにこまめに水分補給をしましょう。

drink_water_boy

特にお子さんや高齢者の方は、

自覚がないまま脱水症状に陥りがちですので、

看護している方の注意が必要です。

経口補水液、スポーツ飲料などで水分を補給するのも良いですし、

食事もうどんおかゆなど、

水分を一緒に摂取できるものにするのもオススメです。

food_udon

注意すべきなのは、絶対に下痢止めを飲まないこと!

A型に比べ高熱とまでいかず、微熱で下痢が続くため、

インフルエンザに感染したという自覚症状がなく、

ついつい薬に頼ってしまうかもしれませんが、

インフルエンザの流行期間中に下痢になった場合は、

インフルエンザにの可能性も疑ってみましょう。

 

まとめ

インフルエンザと一口に言っても、

型によってはさまざまな症状が現れますし、

人によっても差が出てきます。

「自分は予防接種したから大丈夫」と思っている人でも、

予防接種した型と流行している型が違えば意味がありません。

また、「今年一度B型に感染したし」と思っていても、

別の種類に感染することだってあり得るんです。

インフルエンザの流行期間中は、

自分の些細な体調変化も見逃さないようにする必要がありますね!

関連記事
インフルエンザB型の初期症状と対処法まとめ
インフルエンザ 予防接種済みの時に出る症状の特徴
子供がインフルエンザA型を発症 症状の特徴や正しい治療法を解説
インフルエンザ予防にハウスの乳酸菌 R1よりも効果テキメンで話題沸騰!

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30