力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

インフルエンザの感染経路 空気感染でうつる可能性はあるのか

virus_syokuchudoku

暑い夏も終わり、これから気温がどんどん下がって、

冬に向かっていく時期ですね。

寒くなると気をつけなければならないのが、

インフルエンザなどの感染症です。

日本でも毎年多くの感染者を出しているインフルエンザなだけに、

しっかりと予防対策していきたいものです。

そのためには、感染経路を把握し、

インフルエンザ予防を行う必要があります。

インフルエンザの感染経路には、

飛沫感染や接触感染がありますが、

関連記事インフルエンザの感染経路を知り、家族感染を防ごう!

空気感染も起こる可能性はあるのでしょうか?

 

【スポンサーリンク】

 

インフルエンザの感染経路

virus_character

インフルエンザは、

人がインフルエンザウイルスに感染することで発症する病気です。

そのため、インフルエンザウイルスを体内に侵入させないための、

感染予防が大切になってくるわけです。

そこで注目しなければならないのが、感染経路

インフルエンザウイルスがどの様な形で人の体内に侵入するのかを、

しっかりと把握しておくことで、

その感染経路を遮断し、インフルエンザ予防となるのです。

インフルエンザの感染経路の主な原因が、

飛沫感染接触感染です。

飛沫感染はインフルエンザにかかっている人がくしゃみをすることで、

インフルエンザウイルスの混ざった唾液が飛沫し、

他者がそれを吸い込むことで感染してしまうというものです。

sick_kansensyou

また、インフルエンザ患者が、

くしゃみや咳を行う際、手で口元を覆うと、

その手にインフルエンザの混ざった唾液が付着します。

そしてそのまま、あちこちの物を触ってしまうと、

手に付いたウイルスは、患者が触った物にも付着してしまいます。

このような流れでウイルスが付着した物に他者が触れてしまうことで、

他者の手にもインフルエンザウイルスが付着してしまいます。

obaasan_woman_tasukeai

インフルエンザウイルスが付着した手で、

食べ物を食べてしまうと、

インフルエンザに感染してしまう…というのが、接触感染です。

 

【スポンサーリンク】

 

インフルエンザは空気感染でも発症するの?

taikiosen_smog_pm25

インフルエンザの感染経路は、上記でお伝えしたような、

飛沫感染と接触感染からなるものがほとんどだと言われています。

しかし、中には空気感染によって、

インフルエンザがうつる可能性もあるという専門家もいます。

理由は、インフルエンザに感染している患者のくしゃみや咳によって、

飛沫したウイルスの含まれる唾液が、しばらくの間空気中を浮遊し、

蒸発することで、インフルエンザ菌の含まれる、

空気のある環境が出来上がる可能性があるからです。

この説は、今は可能性の段階として考えられており、

確実に空気感染が起こるとは言い切れないのが現状です。

しかし、空気感染が起こり得る可能性はゼロでない以上、

空気感染も視野に入れた予防対策が必要となります。

virus_mask_man

これからの時期、飛沫感染、接触感染、そして空気感染によって、

インフルエンザに感染しないためには、

外出先からの帰宅時、また食事の前には、

きちんと手洗いうがいをすることです。

ugai_tearai

そしてウイルスに負けない免疫力を養うため、

健康管理に気を配りましょう。

また、人混みの多い場所でのマスクの着用

関連記事インフルエンザの感染経路 マスクである程度対策出来るの?

そして毎年の予防接種なども大切な予防対策の一つとなります。

関連記事インフルエンザの予防接種は赤ちゃんも可能?副作用はあるのか

そして、その場その場で気を付けるのももちろん大切ですが、

普段から免疫力を高めておき、高めた免疫力を維持する

というアプローチも大切になってきます。

shibou_nensyou

免疫力を高めておくことで、

インフルエンザの感染リスクを減らせるのはもちろん、

夏風邪、冬風邪に感染するリスクも抑えることが出来ます。

逆に免疫力が下がった状態になると、

健康な人が感染しない量のウイルスを

体内に取り込んだ場合も、感染してしまったり、

もちろん、インフルエンザに感染しやすくもなります。

「じゃあ、どうしたら免疫力を高められるの?」

と、免疫力を高め、維持することの重要性に気付き始めたあなたは、

関連記事インフルエンザ予防にハウスの乳酸菌 R1よりも効果テキメンで話題沸騰!

上記の記事で、詳細をお伝えしていますので、

一読頂くのをオススメします。

 

まとめ

インフルエンザは飛沫感染や接触感染によってうつる可能性が高い中、

空気感染でも、うつりうる可能性があることがわかりました。

この3つの感染経路を遮断し、インフルエンザを防ぐためには、

こまめな手洗いうがい日々の健康管理

また予防接種などでインフルエンザ発症のリスクを抑える

というアプローチも大切になってきます。

何よりも重要なのは、普段から免疫力を高め、

高めた免疫力を維持する習慣をつけることです。

インフルエンザが蔓延する冬の時期は、

楽しいイベントが盛りだくさんです。

しっかりと予防対策をして、

心置きなく冬を楽しみたいものですね。

 

関連記事

インフルエンザ予防に栄養ドリンク!?もっと効果的な方法あります

インフルエンザの感染経路 うつる危険性のある時間とは

インフルエンザ 病院でうつされない為の感染対策まとめ

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30