力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

インフルエンザ 2016年はすでにA型感染者が続出!対策と予防法まとめ

sick_kansensyou

今年も始まってしまったインフルエンザの流行。

例年は12月から3月がもっとも流行する時期ですが、

今年は例年に比べとても速いペースで、

感染が広まっていることが分かっています。

関連記事インフルエンザ 2016~2017年の流行時期はいつまで?

ご存知の通りインフルエンザにはいくつもの型が存在しますが、

今年度流行し始めているのは現在のところ、

「インフルエンザA香港型」です。

関連記事インフルエンザA型・B型・C型 それぞれの症状や特徴の違いとは

感染が拡大し始めた今だからこそ、

きちんとインフルエンザ対策をして感染を予防しましょう!

どのような予防策が有効なのかお伝えします。

 

【スポンサーリンク】

 

2016年 インフルエンザの流行状況

baikin_genki

小さなお子さんがいるご家庭などではお子さんの感染を防ぐため、

既にいろいろな情報収集をされていてご存知かもしれませんが、

今年のインフルエンザはすでに流行シーズンが早まっているそうです。

9月10日、佐賀県で、

今季初のインフルエンザによる学年閉鎖が発表されています。

9月中に学級・学年・学校閉鎖のいずれかが起きたのは、

2009年に新型インフルエンザが流行して以来だそうです。

また、流行性のある感染症の発生状況を知るために、

医療機関が患者数などの情報を提供する、

「インフルエンザ定点」というデータがあるのですが、

これによると、沖縄県那覇市では第40週(10月3日~9日)時点で、

定点あたり11.17人の感染者数が報告されています。

定点あたり感染者数が10人を超えた場合、

インフルエンザ注意報が発令されます。

沖縄県ではすでに、

インフルエンザの流行が始まってしまっているんですね。

このような状況から、

今年度のインフルエンザ流行開始は例年より早く

一部の地域では既に始まっていると考えられます。

 

インフルエンザ 2016年の流行型は?

meneki_bad

国立感染症研究所が発表した、

2016/17シーズンにおけるインフルエンザワクチンは、

A型2種、B型2種のワクチン株が含まれています。

A/California(カリフォルニア)
A/Hong Kong(香港)
B/Phuket(プーケット)
B/Texas(テキサス)

中でも、既に多くの感染者が出ている、

沖縄県の感染状況から、

今年のインフルエンザはA香港型という型が、

流行すると考えられています。

これは2014/15シーズンに、

主に子どもたちの間で大流行した型なので、

今年も10代の間で特に感染が広まるのではないかと、

危惧されているそうです。

他にも、去年に引き続きB型の流行も予測されており、

今年のワクチンに組み込まれています。

 

インフルエンザの感染を防ぐには?

medical_yobou_chuusya

インフルエンザ感染の拡大を防ぐため、

予防策としてまず挙げられるのは「予防接種」ですよね。

関連記事インフルエンザの予防接種は赤ちゃんも可能?副作用はあるのか

予防接種をするためには、

もちろん流行型にあったワクチンが必要なのですが、

実は今シーズンはワクチンの流通不足が危ぶまれています。

主な理由は二つ、

① 今シーズンのワクチン製作には時間がかかる
②熊本地震の影響により、一部の国内ワクチン製造工場が稼働できない

によるものです。

ワクチンは流行の予測に合わせて作られるので、

毎年成分が違うのですが、

今年のワクチン株は増殖に時間がかかるため、

完成するのに時間がかかってしまうのだとか。

sick_hiyaase

②の懸念に関しては、東日本大震災の際、

同じくワクチン製造工場の影響から、

ワクチンが不足したところもあったようですが、

12月中旬には流通が回復したそうですから、

あまり重くとらえる必要はないかも知れませんね。

しかしいずれにしろ、

低年齢者は2回に分けて、

予防接種を受けなければなりませんし、

早めに予約して、

接種を受けられることをお勧めします。

 

【スポンサーリンク】

 

予防接種以外にもできることはある?インフルエンザの対策法

shibou_nensyou

ただ、残念ながら、

インフルエンザの予防接種は100%ではありません。

つまり、予防接種を受けても、

インフルエンザにかかってしまう可能性はあるんです。

もちろん予防接種にまったく効果がないわけではなく、

万一発症してしまっても、

比較的軽症で終わるなどのメリットはあります。

でも、

「100%じゃないのか・・・」
「もっと効果的な予防策はないの?」

と思いませんか?

もし予防接種を受けていても毎年インフルエンザに感染してしまう、

あるいはもっとできることがあるなら試したい、

という方には、

『インフルエンザにかかりにくい身体作り』

を目指すことをお勧めします!

 

免疫力アップでインフルエンザを撃退!効果的なのはやっぱり乳酸菌

character_eiyou_drink

インフルエンザに限らず、

季節の変わり目や体調の変化で、

風邪をひきやすい人とそうでない人の違いとは、

身体に備わっている免疫力の強さによります。

子供や高齢者が風邪をひきやすいのは、

免疫機能が十分に育っていないか、

低下しているためですし、

健康な成人でも仕事で疲れていたりすると、

風邪をひきやすくなりますよね。

インフルエンザにかからない可能性を上げるには、

免疫力を上げることも大事なんです。

ではこの免疫力を上げるのには何が大事なのか?

それが近年注目されている“乳酸菌”です。

drink_nyuusankin-2

私たちの腸内には様々な菌が生息していますが、

大まかに言ってしまうと、

免疫力を上げたりと良い働きをするのが“善玉菌”

毒素を生み出したり善玉菌の働きを妨げるのが”悪玉菌”です。

この両者は常にせめぎあっていて、

どちらにバランスが傾いているかで、

私たちの体調は大きく変化します。

body_chou_kin2

であれば、もちろん善玉菌の活動が活発である方が望ましいですよね。

善玉菌を増やすには、

ヨーグルトなどの乳製品に含まれている、

乳酸菌の摂取が良いことはわかっているのですが、

食事などで摂取する乳酸菌のほとんどが、

腸に到達するまでに死んでしまうため、

なかなかうまくいかないのが困りもの。

そんななか、ハウス食品が独自に開発した、

“加熱処理をした乳酸菌”を使用した、

『ラクトプラン L-137』が注目されているのをご存知ですか?

公式サイトラクトプランL-137

 

腸まで強く届く乳酸菌 ラクトプランL-137

virus_zendama_good (1)

「えっ、乳酸菌って”生きて腸まで届く”から意味があるんじゃないの?」
「加熱処理をしちゃった乳酸菌なんかで本当に効果があるの?」

と思われましたか?

実はこの”加熱処理をしている菌”

というのがポイントなんです。

乳酸菌が腸に到達するまでに、食道や胃など、

菌を殺してしまう消化液のあるところを、

たくさん通りますよね。

生きた状態の乳酸菌とは、

こうした過酷な環境下で本来持っている、

”守る力”が場合によっては、

弱まってしまうことがあります。

ほとんどの乳酸菌は、

加熱処理をすれば死んでしまうものですが、

ハウスが発見したL-137は、

加熱処理で菌が死んでしまっても、

その”守る力”が弱まるどころか、

むしろ生きた乳酸菌よりも強く長く、

安定的に力を発揮するのです。

yakkyoku_yakuzaishi

「乳酸菌は生きている方が良い」というイメージを覆す、

ハウスの大発見!と言われています。

そしてハウス食品がこの加熱処理を施した、

L-137を使用してつくったサプリメントが、

「ラクトプラン L-137」

“守る力”をきちんと腸まで届け、

善玉菌の活躍を活発にしてくれます。

ラクトプランの公式サイトでは、

実際に試された方から、

「効果を実感した!」

という感想を確認することもできます。

公式サイト⇒乳酸菌という新習慣 ハウスのラクトプランL-137

皆さんの声を厳選して、

下記にまとめ直してみました。

・ラクトプランで毎日元気に飛び回っています!乳製品が苦手な私にも飲みやすく、強い味方です。
・朝から「元気だな」と思えるのがうれしい。ラクトプランL-137のおかげで調子がよく、前向きな気分になれます。
・宮司という休みがない仕事をしているので調子を崩すわけにはいきません。日ごろからラクトプランL-137で健康維持をしています。

 

まとめ

予防接種をしていてもインフルエンザにかかってしまう

とお悩みの方は、ぜひ免疫力アップにも、

目を向けていただければと思います。

「腸内環境が大事」って最近では良く耳にするので、

頭ではわかっているつもりですが、

目に見えるものでもないので、

『自分は大丈夫だろう』

と思いがちですよね。

でも日ごろから風邪をひきやすかったり、

それこそインフルエンザにかかりやすい方というのは、

免疫力が低下している場合が多いんです。

もう流行シーズンが始まったとは言え、

まだまだ遅くはありません!

できることから始めて、

今年のインフルエンザ流行を乗り切りましょう!

「今年はもう、感染してしまった…」

という方も、来年以降は感染しないように、

今のうちに免疫力を高めておくのをオススメします。

もう、抵抗力に悩まない負けられないあなたを乳酸菌で応援!ハウスのラクトプランL-137

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031