力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

ノロウイルスの感染経路 咳や唾液からうつるの?

baikin_genki (1)

冬になるとノロウイルスの感染拡大がよく話題にのぼりますね。

激しい腹痛をもたらすウイルスで、

主な感染経路はウイルスに汚染されたカキやシジミなどの二枚貝を、

十分に加熱調理せずに食べた“経口感染”であると言われています。

いわゆる食中毒の1つですね。

関連記事食中毒|自己判断で薬を飲むのは危険!薬以外の対処法とは

食中毒のイメージが強いノロウイルスですが、

例えば感染者の咳や唾液から移る場合もあるのでしょうか?

考えられる感染経路についてお伝えしていきます。

 

【スポンサーリンク】

 

ノロウイルスとは?

hand-1218086_640

ノロウイルスとは冒頭にもある通り、食中毒の一種です。

主な11月から3月に海中で増殖し、

カキなどの二枚貝に付着することが多く、

ウイルスが死滅できていないそれらの食品を食べることで、

嘔吐・下痢などの症状が発生します。

 

ノロウイルスの主な感染経路

virus_syokuchudoku

ノロウイルスの主な感染経路は、

“経口感染”

“接触感染”

“飛沫感染”

3つです。

 

経口感染

sick_syokuchuudoku (1)

経口感染は言うまでもなく、食事による感染ですね。

やはりこれが感染経路としては一番多いと言われています。

 

接触感染

virus_benpi (1)

次に接触感染があります。

実はこの感染経路が侮れません。

ノロウイルスは主に感染者の腸内で繁殖し、

下痢やおう吐によって体外に出てきます。

感染者と同じトイレ(便器)・タオル・風呂(水)などに触れると、

ウイルスが身体に付着してしまいます。

ノロウイルスは空気中に長く存在できるため、

消毒・手洗い・うがいが不可欠です。

 

飛沫感染

virus_seki (2)

そして最後が飛沫感染です。

感染者がをしたり、唾液が飛び散ると、

ウイルスは確かに体外に飛散してしまいます。

しかし、実は咳や唾にはそれほどウイルスは含まれていません。

 

【スポンサーリンク】

 

ノロウイルスは咳や唾液でもうつる?

kafun_kusyami

上述したように、ノロウイルスは主に、

ウイルスに汚染された食品を食べることで感染(経口感染)します。

その後、腸内でウイルスは増殖していきます。

嘔吐後すぐの唾液にはもちろん、

ウイルスが含まれていますが、

この唾液自体が他者の体内に入ることは稀でしょう。

嘔吐後すぐの感染者とキスなどをすれば話は別ですが、

あまりそういうケースはないのではないでしょうか。

咳をした場合も同様で、

ウイルスが咳と共に体外に排出される可能性はあります。

しかしやはりウイルスは微量だと考えられています。

また、ノロウイルスの主な症状は下痢と嘔吐のため、

ノロウイルスが原因で咳自体が頻発することは考えにくく、

咳だけでうつる可能性も自然と低いと考えられます。

 

まとめ

ノロウイルスは感染力が強い食中毒ではありますが、

きちんとした予防策を講じれば未然に防ぐことは可能です。

ウイルスの増殖しやすい時期には、

二枚貝をきちんと加熱処理して食べる。

自覚症状がない感染者もいる場合があるので、

小学校や病院やレストランなど、

他人に食事を提供する人は接触感染の可能性を常に考え、

手洗い・調理器具の消毒を欠かさない。

そしてノロウイルスに限らず、

不調を感じた場合はマスクを着用し、

ウイルスを他者にうつさない配慮をする。

とても当然のことのように思いますが、

やはり毎日続けるには自覚と努力が必要なものですよね。

ノロウイルスにかからないためにも、

できることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

食中毒は人にうつる?うつさない・うつらない為の対処法

食中毒|症状が嘔吐のみの時にとるべき対処法

これは辛い…生牡蠣で食中毒になった時の症状と対処法

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031