力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

え、ノロウイルスだったの?症状が軽い場合でも注意すること

 

virus_fukutsuu (1)

全国的に熱い日が続いた今年の夏も、

ようやく終わる気配を迎え、

そろそろ風が冷たく感じるようになりましたね。

秋、そして冬になると、

インフルエンザをはじめとして、

様々なウイルスが流行します。

気を付けていてもなかなか、

すべてをブロックすることは難しいものです。

冬に流行する病気にはいろいろなウイルス、

さまざまな症状がありますが、

なかでも激しい下痢おう吐に襲われる、

ノロウイルスは怖いですよね。

しかしノロウイルスに感染していることにも気づかないほど、

症状が軽い場合があるってご存知でしたか?

そしてそういう場合には特に注意すべきことがあります。

今回はノロウイルスの症状が軽い場合についてご紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

ノロウイルスの特徴

virus_oetsu (2)

ノロウイルスは冬場の海で繁殖し、

主に二枚貝などに付着し、

私たちの体に取り込まれます。

ノロウイルスに感染すると、

最短で24~48時間ほどの潜伏期間を経て、

食中毒症状を発症します。

激しい嘔吐・下痢が主な症状としてよくあげられますが、

実は37~38度の熱が出ることもあります。

関連記事食中毒の症状の1つ 熱が出た時の正しい対処法

そのほか、頭痛腹痛胃の痛み

体のだるさ倦怠感などが現れる方も。

gogatsubyou_man

しかしノロウイルスと一言に行っても、

ウイルスの型は多数存在しており、

人によっては感染しても軽度の症状で済んだり、

あるいはまったく症状が出ずに終わってしまう人もいます。

本人にとっては症状が軽く済むのは願ったりかなったりですが、

自覚症状がないまま、

ノロウイルスを拡散してしまうこともあるので、

注意が必要です。

 

ノロウイルスの検査方法

kenkoushindan_monshin (1)

そもそもノロウイルスに感染しているかどうかを、

どのように判断するのかご存知ですか?

激しい腹痛や下痢に襲われて、

「あれ、ノロウイルスかな?」と思ったら、

病院を受診しますよね。

病院でノロウイルスに感染しているかどうかを調べるには、

大きく2つの方法があります。

 

1、検査キットを使う方法

sick_vaccine

料金は3,000~5,000円ほど。

患者の実費負担になります。

比較的安く、そして早く結果が出ることがメリットですが、

簡易的なものなので、

正しい検査結果が出ない場合があることが難点です。

 

2、精密検査

medical_igan (1)

電子顕微鏡・リアルタイムPCR法・RC-PTR法など、

主に3つの方法があります。

精密検査だけあって正確な診断が下せるのですが、

1~3万円ほどかかること、

そして時間と日数がかかってしまいます。

こちらも患者の実費負担となっています。

電子顕微鏡などを用いた検査に関しては、

どちらかというと、

個人の患者さんが受けるというよりも、

病院や小学校で集団感染している可能性がある場合、

原因を特定するために行われる場合が多いようです。

ただいずれの場合も、

検査を受けるにはそもそも自覚症状があってのことです。

 

【スポンサーリンク】

 

ノロウイルス 症状が軽い人が気を付けるべき注意点

mask_kafun_woman

ノロウイルスの自覚症状がない、

そのため検査にもいかない、

症状が軽いまま治まってしまう人。

悪いことは何もないように思いますが、

周囲にウイルスを拡散したり、

家庭にウイルスを持ち込んでしまう可能性があります。

たとえ症状が軽くても、

ノロウイルスの可能性が少しでもある場合は、

以下のような点に気を付けて周囲への感染を防ぎましょう。

 

患者が触れた場所の消毒

te_syoudoku

ノロウイルス患者が触れた場所はウイルスが付着し、

新たな感染源となる場合があります。

衣類、コップ、ドアノブ、便器などですね。

ノロウイルスを殺菌するには、

塩素系漂白剤のハイターが有効です。

 

タオルの共有を控える

furo_bathtowel-1

きちんと手洗いをしているつもりでも、

100%菌が殺菌されているとは言えません。

わずかに付着したウイルスからも、

感染が広がることがありますので、

たとえ家庭内でもタオルの共有は控え、

使い捨ての紙タオルなどを使用しましょう。

 

お風呂の水

ofuro

少し不潔な話になりますが、

ノロウイルスは人の腸内にひそんでいます。

お風呂のお湯くらいの温度では死滅しません。

意外にもお風呂の水から、

ノロウイルスが拡散する可能性はありますので、

お気を付けください。

 

まとめ

いかがですか?

ノロウイルスと言えば、

酷い腹痛や下痢のイメージが強いので、

軽い症状の場合、

ノロウイルスの自覚がない人も多いようです。

しかし自分の気の緩みで回りに、

ウイルスを拡散しては迷惑がかかってしまいますよね。

少しでも可能性に思い当たるなら、

できることから始めてウイルス拡散を防ぎましょう。

 

関連記事

ノロウイルスの感染経路 咳や唾液からうつるの?

頭痛が辛い…それ、実は食中毒の症状かも

食中毒の原因|セレウス菌の症状と効果的な予防法

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031