力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

インフルエンザA型に感染!出勤できるのはいつ?

medical_samuke

インフルエンザA型に感染してしまった!

病院でお薬ももらったしもう安心・・・

ではありません!

お医者さんにも言われるかとは思いますが、

インフルエンザに感染したあとは、

他の人にインフルエンザをうつさないためにも、

外出を控える必要があります。

でも、具体的にはどれくらい外出を控えればよいの?

熱が引いたらすぐに出勤してもいいんじゃない?

といった知りそうで知らない、

インフルエンザ感染後の注意点についてお伝えしていきます。

 

【スポンサーリンク】

 

インフルエンザにかかったら外出を控えなくてはいけない理由

medical_houmon_iryou_man

インフルエンザは非常に感染率の高い風邪の一種です。

たとえ予防接種をしていても、

感染してしまう可能性のある、

ウイルス自体の感染力の高さもさることながら、

多数の型が存在するため、

一冬の間に違う型のインフルエンザに何度もかかってしまう

なんて事態もあり得るんです。

baikin_genki (1)

そんなインフルエンザウイルスですから、

万一感染・発症してしまった場合には、

周囲への感染拡大をストップしなくてはなりません。

国が定める「学校保健安全執行規制」という法律により、

インフルエンザであると診断された子供は、

「解熱後2日間(幼児は3日間)、発症後5日間は出席停止」

と定められています。

こうした厳重な対処をしていても、

やはり冬場となるとインフルエンザで、

『学級閉鎖』『学校閉鎖』になるというニュースはよく聞きますよね。

でも、大人の場合、

会社に出勤していいかどうかの判断は誰がするのでしょうか?

 

インフルエンザにかかっても出勤して良いの?

home_gaisyutsu_man-2

インフルエンザにかかったあと出勤していいのかどうか、

大人のインフルエンザに関しては定められた法律はありません。

大人がインフルエンザに感染・発症したあと、

出勤できるかどうかは、

勤務している会社によって違うので確認が必要です。

就業規則を確認してもいいですし、

不安な場合は人事部などに問い合わせましょう。

「インフルエンザでも絶対出勤しなくちゃ!」

というのは周りにも結果的に迷惑をかけることになるので、

仕事が忙しくてもしばらくは出勤を控える方が良いでしょう。

kafun_kusyami

マスクや手洗いで、

インフルエンザウイルスを予防することはできますが、

上述のようにインフルエンザウイルスの感染力は非常に高いため、

あまり空気を入れ替えず暖房がききっぱなし、

といった職場の場合は空気感染で感染が拡大するかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

出勤できるのはいつから?目安が知りたい!

hand-1218086_640

それではインフルエンザにかかったあと、

いつから出勤できるのか?

意外に知られておらず注意が必要なのが、

「解熱後でもウイルスが健在」という点です。

先ほど子供がインフルエンザに感染した際の法律について触れましたが、

“解熱後2日間”とあったのにお気づきでしたでしょうか。

「熱が下がった!よし明日から出勤だ!」

と思うのは大間違い。

熱が下がったからといって安心してはいけません。

熱がさがってもインフルエンザウイルスは、

身体の中に存在しています。

そしてその状態でも、

十分他人にうつる可能性はあるんです。

インフルエンザに感染すると、

一般的には下記のような日程で症状が進行します。

 

感染後1~3日

walk_boy

感染してからすぐに発症する人というのは稀です。

1~3日ほどの潜伏期間があります。

この間もインフルエンザウイルスは、

身体の中でどんどん増殖していっているので、

自覚症状がなくても、

他の人にうつしてしまうことがあります。

 

発症後1~3日

hatsunetsu_kodomo (1)

突然の高熱(38度以上)、

寒気・悪寒・関節痛・倦怠感などの全身症状などが現れます。

 

高熱などの諸症状が治まってから1週間

allergy_hanamizu

諸症状が治まったあとも、鼻水やくしゃみ、

咳やのどの痛みなど呼吸器系の症状が続く場合があります。

あるいは吐き気など、

消化器系の症状が現れることもあるので、

留意が必要です。

個人差はあるものの、

大体10日前後で症状が落ち着くのが一般的です。

この間、インフルエンザウイルスが、

最も力を増しているのは、

症状が出てから2~3日間と言われています。

ですから、お仕事が忙しくてすぐに出勤しなくてはいけない、

ということもあるとは思いますが、

2日間くらいは間を置くべきでしょう。

体調が戻ったからといって油断していると、

また別のインフルエンザウイルスに感染したり、

風邪をひくこともあるので、

ぜひその間は家で療養していただければと思います。

 

まとめ

仕事ともなると、

なかなか急に長期のお休みをとりにくいこともあるかもしれませんが、

インフルエンザは感染力が高いため、

職場に迷惑をかけないという点でも、

休みを取る必要があります。

職場の規定がある場合はそれに従い、

すぐにわからない場合でも上司に相談しましょう。

 

関連記事

インフルエンザ 2016年はすでにA型感染者が続出!対策と予防法まとめ

2016年 新型インフルエンザが流行する可能性はある?

インフルエンザ予防に栄養ドリンク!?もっと効果的な方法あります

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031