力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

食べ過ぎで吐きそうな時や「おぇ」っと吐いた時の対処法

seikatsusyukan_highcalorie

よく「収穫の秋」と言いますが、

秋から冬にかけてはいろいろな食材が美味しくなる季節ですよね。

欲張ってついつい食べ過ぎてしまうこの時期、

自分の限界を知っていて、

途中で食べるのを止められればいいのですが、

お腹がいっぱいになるまで気づかず食べ過ぎてしまって、

「もう吐きそう!」となってしまうことも。

でも、“吐く”という行為は、

胃腸や食道を胃酸が逆流するので、

思っている以上にダメージがあるものなんです。

できれば吐かずに吐き気を抑える方法があると、

体へのダメージも減らすことが出来ますよね。

今回はお腹がぱんぱんでもう「おぇっ」となる、

限界一歩手前の苦しさを、

少しでも和らげる方法をお伝えしたいと思います。

そして本当に我慢ができず、

万一吐いてしまったときはどうすればよいのか?

など、正しい対処法についてもお伝えします。

 

【スポンサーリンク】

 

軽い運動で気持ち悪さを減らそう

sport_walking_oldman

お腹がいっぱいになると、

どうしても動くのが”おっくう”になってしまいますよね。

でも昔から言われているように、

食べたあとすぐに横になるのはよくありません。

胃に食べ物がいっぱいにつまった状態で、

長時間動かないでいると、

気持ち悪さが解消されるどころか、

食べ物を腸へと送る蠕動運動(ぜんどううんどう)が行われず、

食べ物が胃に居座った状態が続きます。

食後は軽い散歩などで胃腸の働きを促しましょう。

 

食べ過ぎでどうしても動けないときにとるべき体勢

neru_woman

動く余力が残っているならまだ良いですが、

「軽い運動なんて無理・・・もう動けない!」

というほど酷い胃もたれを起こしているようなときは、

おとなしく安静にしていましょう。

ただ横になるだけではなくて、

いくつかのポイントを抑えて、

少しでも早く不快な気分を解消していきましょう。

まず、『身体の右側を下にして横になる』こと。

自分から見たとき、

胃の形は左上から右下に向けた形になっています。

右側を下にして横になることで、

少しでも食べ物を腸へと動くようにする体勢です。

またこの時には、

・体をしめつけない服装をする
・胃よりも口や食道の位置を高くする

なども行うと、より早く気持ち悪さを解消できますよ。

 

食べ過ぎの気持ち悪さに効くツボがある!

ashimomi-1

体にはいろいろなツボがありますが、

食べ過ぎに効くというツボもあるそうです。

胃の働きを活性化させたり、

胃もたれを軽減する効果があるそうなので、

知っておいて損はないですね。

 

中かん

胃袋の真上、おへそから身体の中心線をなぞって、

約12cmのところにあるツボです。

押すときは少しまえかがみになり、

息を吐きながらゆっくりと優しく、

マッサージするように押してください。

 

太白

中かんは胃の近くですから、

よく分からないのに、

見当違いのところを押しすぎて逆効果になったら・・・

と不安を覚える方は、太白を押しましょう。

足の内側、親指からかかとにむかって指でなぞって、

最初にへこんだところが太白のツボです。

ぎゅーっとゆっくり親指で、

押し込むようにして刺激してください。

便秘にも効果があるツボとのことですから、

胃腸の不調を感じた際は、

押せるように覚えておくと良いですね。

 

内関

下を向くとぱんぱんのお腹が圧迫されるので、

足のツボを押すのもつらい!

という方には、手にある内関というツボがおススメ。

手のひらと手首の境目から、

指3本分あけたところの中心にあるツボです。

このツボは両手にあるので、

交互に刺激するとより効果的です。

 

【スポンサーリンク】

 

それでも食べ過ぎで「おぇ」っと吐いてしまったら?

virus_oetsu (1)

吐き気解消には他にも、

・ぬるま湯を飲んで胃酸を緩和する
・胃もたれ解消効果のある大根を食べる
・ガムを噛んで消化酵素の分泌を促し、消化を助ける
・素直に胃薬や消化薬にたよる

などなど、いろいろな解消法がありますが、

どれを試してみてもやっぱり吐き気が治まらず、

吐いてしまうときってありますよね。

吐いたすぐあとは吐いたものや、

胃液が口の中にのこっていて、

不快感がありますから、

ついつい水を飲んでしまいますよね。

でも、吐いたすぐあとは胃腸の動きが落ち着くまで、

できるだけ何も飲食しない方が良いのです。

水をがぶがぶ飲んでしまうと、

また胃がびっくりして再度吐いてしまったり、

気分がより悪くなるということもありますので、

様子をみながら少しずつ飲みましょう。

そして吐き気が治まらない、

吐き切った感じがしないからといって、

指や手をつっこんで無理に吐くというのもお勧めしません。

指や爪が口のなかやのどの奥を傷つけて、

炎症を起こしてしまう可能性があります。

それに胃液が食道を逆流するというのは、

目で見えない部分だから実感はないかもしれませんが、

意外にもダメージが大きいものなのです。

「吐く」という行為はつらいものですから、

訳もわからず間違った方法をとってしまいがちですが、

焦らず正しく対処していただく必要があります。

 

まとめ

食べ過ぎが原因に限らず、嘔吐するというのは、

本来はよっぽどのことがないと起こらない事態です。

ただ、一度吐いて気分がすっきりすると、

「吐けば楽になる」と思って、

何かあったときに吐く癖がついてしまう方もいます。

しかし繰り返しになりますが、

『吐く』という行為は胃腸はもちろん、

胃酸が逆流する食道や、

指や手をつっこんで吐く場合に、

喉の粘膜を傷つけて炎症を起こしたりと、

気づかないうちに色々なリスクも背負っています。

食べ過ぎで吐き気を感じた際もできれば吐かずに済むよう、

今回ご紹介した気分が良くなる方法を、

覚えておいていただければと思います。

 

関連記事

下痢対策サプリ 黒梅日和で辛い過敏性腸症候群にサヨナラ

過敏性腸症候群になったから分かる!下痢や吐き気の治し方を解説

腸内フローラの改善に役立つサプリメントや食べ物をご紹介

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30