力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

夏型過敏性肺炎はうつるの?原因はエアコンのカビだけではない!?

virus_seki (1)

職場や家でクーラーを頻繁に使うようになる夏、なんだか咳が止まらない日が続いたことはありませんか?それ、実は『夏型過敏性肺炎』という病気かもしれません。

「夏風邪かな・・・とりあえず風邪薬を飲んでおこう」と思って放置していると大変なことになってしまう怖~い病気。

今回は『夏型過敏性肺炎』の主な原因や症状、人にうつってしまうものなのか、そして予防法までお教えします。

 

【スポンサーリンク】

 

夏型過敏性肺炎ってどんな病気?

夏型過敏性肺炎とは、読んで字のごとく、特定の物質を大量に摂取してしまうことで身体が過敏に反応し肺炎症状を引き起こす、いわゆる一種のアレルギーです。

原因となる物質が夏場に発生することが多いため、「夏型」と言われています。

 

夏型過敏性肺炎は何が原因?

では、その特定の物質とは何なのでしょうか。夏型過敏性肺炎を引き起こす主な原因は、ずばり「カビ」

kin_kabi

しばらく使用していなかったクーラーや空気清浄機内にカビが発生し、それらの家電を夏場に使用し出すと空気中にカビが拡散し、身体に有害なカビを大量に吸い込むことでアレルギー症状を引き起こします。

また、湿度が高く木造家屋の多い日本ならではのカビの発生源として、布団やカーペットの中、お風呂場などの水回りなど。日ごろからお布団を干したり、お風呂場を乾燥させてカビを発生させないよう心がけましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

夏型過敏性肺炎は人にうつる?

前述したとおり、夏型過敏性肺炎はカビによって引き起こされるアレルギーの一種です。そのため、風邪やウイルスのように人から人へうつることはありません。

しかし、身近に夏型過敏性肺炎を発症している人がいるということは、同じ空気を吸っている可能性が高いということ。

taikiosen_smog_pm25

カビが発生しやすい梅雨時には除湿や掃除をこまめに行い、特にクーラーや空気清浄機のフィルターは月に何度か掃除をしてください。

細かい汚れが落としにくいクーラーは業者の方に頼んで年に1度はクリーニングを行うことをお勧めします。

お布団やカーペットもこまめに天日にあててよく乾燥させましょう。乾燥機を使用するのもよいですね。

 

まとめ

暑い夏にはクーラーで部屋を冷やして快適に過ごしたいですよね。また、室内のホコリや汚れを吸い取り、空気をきれいにしようと思って使用している空気清浄器ですが、そこからカビが拡散され健康被害を引き起こしてしまっていては本末転倒というもの。

夏型過敏性肺炎の予防・対処には、一にも二にもまずカビを発生させない、発生してしまった場合は早急に取り除くことにあります。

ただ気を付けていただきたいのは、一度発生してしまったカビは表面上取り除いてもカビ菌が根を張ってしまい、湿度や気温の変化で何度も発生してしまう可能性があること。

そうなる前に、日ごろから除湿や掃除を心掛け、夏型過敏性肺炎を防ぎましょう。

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30