力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

耳掃除をするベストな頻度 子供と大人では違うの?

mimikaki_iyagaru

前回は間違った耳掃除の危険性についてお伝えしました。

※詳しくは『関連記事あなたの耳掃除、危険かも…正しいやり方をマスターしよう!

上記の記事をご参照ください。

今回は耳掃除の頻度について、

もう少し詳しく掘り下げてみようと思います。

自分では耳掃除ができない赤ちゃんや小さなお子さんがいるご家庭では、

どのくらいの頻度でお子さんの耳掃除をすればいいのか、

悩んだことはありませんか?

大人と子供の耳掃除のタイミングは違うのでしょうか?

また、

「子供が耳をかゆがっているけど、昨日もやったし・・・」

「子供の耳掃除をしなくちゃいけないけど、人のをやってあげるのは怖い・・・」

という方のためにも、

子供の耳掃除の注意点についてご紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

耳掃除は必要なのか?

hand-1218086_640

そもそも、耳掃除って必要なのでしょうか?

実は自分での耳掃除の必要性については、

耳鼻科の医師の間でも賛否両論があるようです。

というのも、実は耳垢は耳の細胞の働きや、

食事・会話による顎の動きなどで、

自然に耳の奥から入口へと移動し、

耳の外へと運び出されていくものなのだとか。

しかしその動きって実感できるほどのものではありませんよね。

それに食事中、会話中に耳からポロポロと耳垢が出ているのって、

想像するとなんだか・・・

耳垢がたまっていると不潔に見えますし、

耳垢がたまりすぎることで起こる病気もありますので、

耳掃除は必要だと思います。

 

耳垢がたまって起こる病気

nanchou

自分では耳掃除ができないお子さんには特に注意が必要なのが、

“耳垢栓塞(じこうせんそく)”という病気です。

読んで字のごとく、耳垢(耳あか)が、

外耳道(耳の中)をふさいでしまう状態です。

この状態になると、

耳垢が耳奥に詰まって、

鼓膜が見えないぐらいになります。

それほどの状態になっても、

特に自覚症状がないともいわれていますが、

このたまった耳垢がお風呂やプールで水を含んで膨張すると、

難聴や耳鳴りが起こってしまうのだとか。

 

【スポンサーリンク】

 

子供と大人で耳掃除をするベストな頻度は違うの?

mimikaki_woman-1

耳掃除のタイミングは耳穴の形や耳垢のタイプ

(ドライタイプかウェットか)で変わりますが、

一般的には大人の耳掃除は2週間に1回程度で十分と言われています。

子供の場合も月に1,2度くらいで良いといわれていますが、

ちょっと覗いてみて「たまっているな」と思えば、

掃除をしてあげる分には問題ないと思いますが、

耳垢には雑菌の繁殖を抑える役割もありますので、

必要以上にきれいにする必要はありません。

 

子供の耳掃除の正しいやり方

mimikaki_oyako-2

ご家庭で子供の耳掃除をする場合、

気を付けるべきポイントがあります。

それは「膝枕でしない」こと!

えっ意外・・・!

という方も多いのでは?

耳掃除といえば膝枕が定番のように思いますが、

実はこの姿勢はせっかく掻いた耳垢が、

耳の奥にポロポロと落ちていってしまったり、

綿棒や耳かきを必要以上に奥に入れすぎてしまうことがあります。

また、大人の綿棒は子供の耳穴には太すぎるので、

子供用の細い綿棒を使いましょう。

mimikaki_menbou

ドライタイプの耳垢のお子さんの場合、

綿棒を少し水で湿らせて、

見える部分の耳垢だけをからめとるようにして取り除きます。

ウェットタイプのお子さんなら湿らせる必要はありません。

耳の穴の形に沿って、

やさしくふき取るようにしてください。

どうしても自分でするのが怖い、

という方は素直に耳鼻科の先生にお願いしましょう。

「耳垢を取ってほしいのですが…」

というと、速やかに耳垢を取ってもらえます。

「耳垢だけを取ってもらうのってなんだかな…」

と思うかもしれませんが、

意外と耳垢だけ取りに行っている方も多いので、

恥ずかしがる必要は全くありません。

ぜひ一度、耳鼻科で耳垢を綺麗に取ってもらうのを

オススメ致します。

 

まとめ

耳掃除が好きで毎日やってしまう、

という人も多いかもしれませんが、

実は耳掃除のやりすぎは耳にとってよくありません。

耳かきで耳のなかを傷つけて雑菌に感染してしまったり、

摩擦で炎症を起こしてしまうことも

とはいえ、耳垢が耳奥にたまってしいるのもよくありません。

表面に見える手や顔の汚れと違って耳の中は見落としがちなものです。

特に赤ちゃんは自分で「耳がかゆい」と表現できませんので、

お風呂上りにチェックしてあげたりして、

気持ちよい状態に保ってあげたいですね。

 

関連記事

耳鼻科で取材!耳掃除のやり方を聞いてみた「耳垢は取る必要ありません」

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30