力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

不快!耳が詰まった感じの治し方と予防法

nanchou

あなたは急に耳に何かが詰まったような感じに、

襲われることはありませんか?

例えばプールやお風呂の水が耳の中に入ったような感じです。

でもいくら耳を下にしてトントンしても水なんて出てこない・・・

これって何?

急な耳詰まりになる原因、

その治し方と予防法についてご紹介していきます。

 

【スポンサーリンク】

 

耳詰まりになる原因

hand-1218086_640

耳詰まりの原因としては、

どのような病気が考えられるのでしょうか?

 

突発性難聴

ある日急に耳が聞こえにくくなる病気です。

一度発症してしまうとなかなか完治が難しいため、

初期症状を自覚し、早くに治療を始める必要があります。

初期症状としては耳鳴りめまいなどがあるようです。

突発性難聴になる原因は、

多くの場合ストレスにあると言われており、

過度なダイエットや飲酒・喫煙、睡眠不足など、

生活環境が乱れている人は注意しましょう。

 

急性低音障害型感音難聴

読んで字のごとく、

ある日急に低音だけ聞こえにくくなる病気です。

特に20代、30代の若い女性が、

発症する確率が高いと言われています。

発症の原因の一つとして、

耳の奥にある内耳に水がたまっていることがあります。

水ぶくれのような状態が内耳を圧迫して、

特に低音が聞こえにくくなるそうです。

このような状態を引き起こす理由としては、

突発性難聴と同じくストレスや疲労の蓄積

睡眠不足、体調不良が多いと言われています。

治療は主にイソバイドという、

内耳にたまった水の排出を促す薬や、

体調不良を緩和するビタミン剤の投与で進められます。

また、軽い運動や健康的な食事など、

体調管理を行うことも重要です。

 

耳管開放症

難聴と言った聞き覚えのある病気とは違い、

なかなか耳にすることのない病名ですが、

実は最近ではこの病気にかかる人が増えているようです。

 

【スポンサーリンク】

 

耳が詰まった感じの原因 耳管開放症とは?

miminari

なかなか治らない謎の耳詰まりは、

もしかしたら耳管開放症かもしれません。

私たちの耳の中には、

気圧を調整する耳管という器官があります。

この耳管が開きっぱなしになると、

耳管開放症という症状になります。

耳管が開いたままの間は、

鼻の奥と中耳が常につながった状態になっており、

鼓膜が不安定になります。

そのため、耳詰まりを感じるのです。

他にも、

・キーンとした耳鳴り
・耳をふさぎながら喋っているように自分の声が大きく跳ね返って聞こえる

といった症状があるそうです。

 

原因

ikuji_noiroze

耳管開放症になる原因のひとつに、

急な体重減少が挙げられます。

無理なダイエットや病気などで体重が一気に減少すると、

耳管のまわりの脂肪も減り、

耳管が緩みやすくなるそうです。

そのほかの原因としても、

妊娠によるホルモンバランスの乱れ(女性特有)、

脱水症状、血行不良などがあるそうです。

kaze_woman

特に妊娠が原因の耳管開放症に関しては、

6人に1人の妊婦さんが経験するともいわれていますが、

出産後に自然に治癒するそうなのでご安心を。

そのほか、自律神経の乱れや、生活習慣の乱れも、

耳管開放症を引き起こす原因と言われています。

 

治し方

kenkoushindan_monshin

耳管開放症になると、

大きな耳垢が取れるようになるそうです。

耳垢を作らないようにするためにも、

重要なのが“鼻をすすらない”こと!

hana_kosuru

健康な人が鼻をすすってもさほど問題はありませんが、

耳管開放症になった人が、日常的に鼻をすすっていると、

大きな耳垢が発生してしまうようです。

この大きな耳垢が耳の中で炎症を起こしたり、

最悪の場合耳から脳へと炎症がうつり、

重大な病気になる可能性があります。

それではどのような治療法があるのでしょうか?

症状が悪化している場合、

手術で耳管を閉じる方法がとられます。

iryou_geka_doctor

しかしそれほど悪化していない場合、

初期の場合は基本的に、

自然治癒を促す治療法が多いようです。

自然治癒を促す方法としては、

・水分をたっぷりとる
・血行を促進する
・仰向けよりも横向きで寝る
・耳回りを温める(長時間熱いお風呂に入るのはNG)

といった方法があります。

 

まとめ

なかなか治らない耳づまりはとても不快なもの。

しかしそれが重大な病気のサインかもしれません。

耳管開放症に関しては、

最近では名前が知られてきていますが、

まだまだ知名度が低く、自覚が遅れ重症化してしまうことも。

小さな体の変化でも違和感を感じたら、

病院を受診してみましょう。

 

関連記事

耳掃除をするベストな頻度 子供と大人では違うの?

あなたの耳掃除、危険かも…正しいやり方をマスターしよう!

耳鼻科で取材!耳掃除のやり方を聞いてみた「耳垢は取る必要ありません」

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30