力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

風邪で耳が詰まった感じがする原因とは?対処法をまとめてみた

nanchou-2

風邪を引いたあと、

耳が詰まったような感じになったことはありませんか?

違和感は感じるものの、

うまく耳抜きができず、

耳に何かが詰まった感じがとれなくてイライラする・・・

そんな誰にでも起こりそうな症状の原因と、

対処法をまとめてみました。

 

【スポンサーリンク】

 

なぜ風邪のあとに耳が詰まった感じがするのか?

mimi_sumasu_man2

耳が詰まったその不思議な感じ、

医学的には“耳閉感”というようです。

例えば高層ビルタワーに上るとき

飛行機に乗ったときなど、

耳に何かが詰まったような感じになりますよね。

これは気圧の低いところへ急に移動することによって、

耳の奥に圧力がかかっているからです。

この体の中の圧力を調整する器官が、

“耳管”と呼ばれるものです。

ざっくり言うと鼻の奥から耳にまでつながっているもので、

通常はふさがっています。

あくびをしたり物や唾を飲み込んだ時に開き、

体の外の圧力と中の圧力を平衡状態にします。

この調節機能がうまく働かなかったり、

耳管が開きっぱなしになっていたりすると耳詰まり感、

つまり耳閉感が生じるようです。

 

耳管開放症と耳管狭窄症

body_mimi

耳管開放症と耳管狭窄症はどちらも耳管の機能が、

うまく働いていないために起こる病気で、

いずれも耳閉感を生じます。

耳管開放症は最近女性の患者さんが増えているようです。

というのも、ダイエットなどで急激に体重が減少すると、

耳回りの脂肪も減り、

耳管が緩んでしまうことがあるからです。

逆に耳管狭窄症は風邪や副鼻腔炎、

後鼻漏などで耳管開口部に炎症が生じ、

耳管が細くなってしまっている状態です。

風邪のあとに耳がつまった感じが消えなければ、

耳管狭窄症の疑いがあると考えてよいでしょう。

 

【スポンサーリンク】

 

耳管狭窄症の対処法

kenkoushindan05_jibika

耳管狭窄症の治療には、

耳管開口部の炎症を取り除く必要があります。

耳鼻科で鼻ネブライザーを処置してもらって、

炎症を抑える治療が一般的です。

滲出性(しんしゅつせい)中耳炎を併発してしまい、

鼻水のような液体が中耳や耳管にたまっている場合は、

粘液溶解剤と呼ばれる薬品でこれを取り除きます。

また、耳管通気という治療も効果的のようです。

これは耳管に直接空気を送りこむことで、

狭くなった耳管を膨らませて改善するという治療法です。

炎症の治療に比べ、直接耳管を広げる役割があるので、

何回か行うことで症状が改善されると言われています。

しかし風邪のような一時的なものではなく、

アレルギー性鼻炎花粉症といった症状が原因の場合、

何度も耳管狭窄症になってしまう場合があるので、

根気よく治療を続ける必要があります。

 

まとめ

風邪と耳の詰まったような感じの関係については、

お分かりいただけたでしょうか?

筆者自身も花粉症のせいで鼻炎持ちなので、

鼻づまりのあとに何回か耳閉感を感じたことがあります。

幸運なことに耳鼻科に行くまでもなく数日中に治りましたが、

あまりにも症状が長引くようであれば、

耳鼻科の受診をお勧めします。

 

関連記事

耳が詰まった感じ 頭痛やめまいの症状がある時に考えられる原因とは

耳が詰まった感じが不快!実はストレスが原因かも

不快!耳が詰まった感じの治し方と予防法

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年6月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930