力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

咳をすると胸が痛い!ただの風邪じゃない可能性もあるの?

roujin_museru_seki

風邪をひいて咳が止まらない、次第に胸も痛くなってきた!

そんな症状にお悩みではありませんか?

特に今のような気温が低く空気も乾燥している時期は、

インフルエンザや風邪をひきやすいので、

咳が出始めた方は症状が悪化しないように注意が必要です。

関連記事インフルエンザ予防に栄養ドリンク!?もっと効果的な方法あります

通常、風邪をひいた後の症状として咳が出る場合は、

風邪が治れば症状が治まってくるものですが、

何週間も続くようであれば、

他の病気の可能性を疑わなくてはなりません。

今回はそれらの可能性についてお伝えしていきます。

中には放置していると重篤化する可能性がある病気も・・・?

 

【スポンサーリンク】

 

風邪をひいたときに出る咳

virus_seki (2)

風邪をひいている間、

もしくはひいた後にも咳が出続けることがありますよね。

咳をしている期間が3週間以内であれば、

原因は風邪と考えて良いでしょう。

風邪によって咳が出る原因はいくつかありますが、

風邪の元である細菌やウイルスが、

喉の奥に付着し炎症が起きている、

鼻水が喉の奥に流れて炎症が起きている、

鼻水が痰となり喉の奥に絡んでいる、などが考えられます。

咳が止まらないほど酷い場合、

喉の奥や気管支の炎症が激しくなり、

胸が痛むような場合があります。

鼻水・咳・微熱といった症状が少なくとも、

2~3日続けば風邪の可能性がありますので、

耳鼻科・内科・呼吸器内科などを受診しましょう。

kenkoushindan_monshin

多くの場合は抗生物質などの投与、

鼻水や咳を止めるための薬を処方されることで、

症状が改善されます。

胸の痛みも、咳が治まるにつれ、

改善されると考えられていますが、

胸の痛みだけが不自然に残るような場合、

安静にしていても、

胸の痛みがなかなか治らないような場合には、

他の病気の疑いがありますので、

再度医療機関を受診すべきです。

 

風邪をひいた後に咳が止まらない 放置しても大丈夫?

byouki_oldman

たとえ風邪が原因となり始まった咳でも、

3週間以上続くようであれば、

他の病気に発展してしまった可能性があります。

気管支炎、肺炎といったような病気から、

中には喘息を発症しているケースもあるそうです。

「咳がなかなか止まらないけど、まぁ風邪が原因のものだし、

放置していてもいつか治るよね」

と気楽に構えていたら、

いつの間にか怖い病気にかかっていた!

なんてことも。

心配しすぎるのも良くありませんが、

自分の体のことですから、

万一ということも考えてみましょう。

次項から、風邪に似た症状で、

咳が出る病気についてご紹介していきます。

思い当たるようなことがあれば、

ぜひお早目に医療機関を受診してくださいね。

 

可能性① 肺炎

sick_haien_kekkaku_ojiisan

肺炎と言えば、日本人の死亡原因の第4位である怖い病気です。

肺炎自体は不治の病というわけでもなく、

きちんと対処すれば治すことができる病気ですが、

なぜこんなに死亡率が高いかというと、

高齢者の罹患率が高いことが挙げられます。

免疫力や体力が低下している高齢者は、

ちょっとしたことでも肺炎にかかりやすくなってしまいます。

肺炎と言えば高熱・激しい咳といったイメージがありますが、

高齢者の場合は軽い咳・微熱でも肺炎を発症しているケースも。

ご自宅に高齢者の方がいる場合は、

肺炎を発症しやすい冬場は特に、

普段と違う様子がみられるなど違和感があれば、

すぐに医療機関を受診しましょう。

肺炎はなにも高齢者だけの病気というわけではありません。

クラミジアマイコプラズマといった、

病原菌が原因となる肺炎は、

若い世代でも多く発症しているそうです。

なかでもマイコプラズマ肺炎は、

患者の90%が30歳以下というデータもあります。

関連記事マイコプラズマ肺炎に子供が感染した時に見られる症状の特徴

クラミジア肺炎およびマイコプラズマ肺炎は、

どちらも軽い風邪のような初期症状が特徴です。

mask_man

しかし咳が長引く、高熱がでるといった特徴があれば、

この2つの肺炎にかかっている可能性があるので要注意。

特に夜間になると激しい咳がでる傾向があるそうなので、

思い当たる節のある方は特に注意しましょう。

そのほかにも咳や熱による頭痛・胸の痛み・息苦しさなどの、

症状が出る場合があります。

高齢者に比べ若い人は体力があるので、

死に至るといったケースは非常に稀です。

しかしただの風邪だと思って放置していると、

心臓や肝臓、脳や聴覚などに障害が残る場合もあり、

早目の受診が不可欠です。

クラミジア肺炎とマイコプラズマ肺炎の感染経路は、

咳やくしゃみによる飛沫感染であるため、

ご家庭や学校、職場などで爆発的に感染が広まることも。

日ごろからマスクの着用、手洗い・うがいなどを徹底し、

感染を防ぎましょう。

 

可能性② COPD(慢性閉塞性肺疾患)

seki_nerenai

COPD(慢性閉塞性肺疾患)という病気をご存知ですか?

最近ではメディアで取り上げられたり、

呼吸器内科など医療機関に行くとポスターが貼ってあって、

注意喚起を促していることが増えてきたように思います。

COPDも初期症状は咳や痰など、

風邪によく似た症状が出るため、混同しがちです。

肺や気管支に炎症が起こり呼吸困難を引き起こす肺気腫や、

慢性気管支炎などの病気を総称してCOPDというのですが、

呼吸器が弱っているため、

実際に風邪をひいても治りにくくなるなどの弊害があげられます。

COPDに特有の症状としては、

咳よりも“息切れ”が挙げられます。

kaidan_taihen_ojiisan

健康な方でも運動不足や加齢により呼吸機能が低下し、

駅の階段を駆け上っただけで、

息切れすることはありますよね。

しかしCOPDの場合、普通のペースで階段を上る、

ちょっとした荷物を持って歩くだけでも、

息切れをするようになります。

ただの風邪、あるいは加齢によるものと考えて、

放置してしまう方が多いようですが、

長期間放置すると肺がんを起こす可能性が!

若い方でも、

「最近ちょっとしたことで息切れするな」

と感じるようであれば、

運動不足や加齢の可能性ではなく、

COPDの疑いがあります。

医療機関で検査を受け、

早目に治療を始めましょう。

 

可能性③ 肺がん

monshin_doctor_serious

ちょっとした体調の変化が重病のサイン、

ということは良くありますが、

咳や痰もそのサインの一つである場合があります。

日本人の死因1位である肺がんも、

咳や痰が続くといった症状から早期発見につながり、

死亡リスクを低下させることができるんです。

肺がんには大きく分類して、

・中心型肺がん(太い気管支付近にできる)
・抹消型肺がん(肺の奥にできる)

の2つがあります。

この2つのうち、中心型肺がんには、

風邪によく似た咳や痰といった症状が出ますので、

微熱などを伴わないような咳や痰が、

しつこく続くような場合には、

細胞検査を受けてみることをお勧めします。

抹消型肺がんの方には、

咳や痰のような症状はあまり出ず、

進行してしまってから、

胸や背中の痛みがでることが多いようです。

特に風邪をひいたわけでもないのに咳や痰が続く、

といったような場合は肺がんの疑いがある

ということを覚えておきましょう。

若い方でも発症リスクは十分にありますので、

注意が必要です。

 

【スポンサーリンク】

 

可能性④ 大人の喘息

medical_nebulizer-1

最後に、大人の喘息の可能性についてご紹介します。

喘息と言えば子供のときにかかる病気、

大人になれば回復するもの、

といったイメージがありませんか?

実際、筆者も今回咳について調べて、

初めてこのリスクを知りました。

最近では、大人になって、

初めて喘息を発症する方が増えているようです。

喘息とは気道(期間や気管支)が、

慢性的な炎症にさらされることで発症します。

咳が長引き、特に発作がおこると、

激しい咳に加えのどがゼイゼイと鳴り、

呼吸困難を引き起こします。

kakokyu_woman

喘息の発作は夜間から特に明け方に多いので、

症状に思い当たる節のある方は、

呼吸器科などを受診して調べてもらいましょう。

風邪だと思って咳止めを飲んでいるだけでは、

治るものも治りません。

むしろ症状が悪化し、大きな発作が起きた場合に、

心不全が起こる最悪のケースも考えられます。

喘息の原因は様々ですが、

ほこりやハウスダストなど、

アレルゲンが元となっているものも少なくありません。

喘息にならないためにも、

こまめに掃除してハウスダストを除去しましょう。

また、ストレスも大敵。

喫煙している方はたばこの本数を減らし(できれば禁煙)、

激しい運動は避けるなど、

生活習慣から見直す必要があります。

 

まとめ

いかがでしょうか?

風邪からくるただの咳だと思っていても、

大きなリスクが潜んでいたということも。

咳や痰といったちょっとした体の変調も、

大病のサインということもありますので、

症状が長引くような場合には、

素直に医療機関を受診しましょう。

何事も早期発見・早期治療が回復への近道ですよ。

関連記事

風邪の引き始めに喉の痛みが…取るべき対処法のまとめ

これって風邪の治りかけ?鼻水の状態から把握しよう!

風邪の治りかけの咳と痰が辛い 止まらないけど我慢すべき?

風邪で耳が詰まった感じがする原因とは?対処法をまとめてみた

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031