力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

風邪で鼻づまりが辛い時に試したい解消法3選~耳鼻科にも聞いてみた~

hana_kosuru

風邪をひいたと思ったら、

ぐずぐずと長引く鼻づまり、

とっても不快ですよね。

筆者自身、風邪をひいたときには、

必ず鼻からくる鼻風邪です。

微熱が引いて風邪の症状が治ったあとも、

鼻づまりだけは長引きます。

ひどいときには副鼻腔炎を起こし、

蓄膿症になったこともすでに3回…

幼少期からアレルギー性鼻炎持ち

(ホコリ、ハウスダスト、花粉症、動物の毛などアレルゲンもいろいろ・・・)なため、

鼻炎および鼻づまりとは、

かれこれ20年以上のお付き合いです。

そんな筆者が実際に、

耳鼻科医さんに聞いた・おススメされた、鼻づまり解消法

そしてインターネットで検索して実践して効果があった!

と思った解消法をご紹介していきます。

今まさに鼻づまりに悩んでいるあなたへ、

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

【スポンサーリンク】

 

鼻づまり解消法① 鼻うがい

medical_ugai_bed

鼻うがい、聞いたことはありますか?

鼻炎や鼻づまりにしょっちゅう悩まされるような方であれば、

すでにご存じかもしれませんね。

鼻づまり解消法はいろいろ試してきましたが、

即効性・爽快感ともに、1位の解消法です。

筆者は花粉症で鼻炎が長引き、

鼻づまりが酷くてもう夜も眠れない・・・!

とまでなった時に、

かかりつけの耳鼻科医さんがお休みで、

初めてかかった耳鼻科医さんでして頂いた治療法です。

読んで字のごとく、

“鼻の中をうがい”するようなイメージです。

片方の鼻の穴に管を差し込み、

鼻うがい用の液を流し込んで、

口やもう片方の穴から出します。

ただの水道水では浸透圧の問題で、

耳の方に水がいってしまったり、

プールで水が鼻に入った時のように、

ツーンとしてしまいますからね。

専用の液でしなくてはなりません。

鼻の奥にたまった鼻汁や、

付着した花粉を洗い流してくれるので、

とてもスッキリ爽快な気分になりました。

あまりの爽快さが忘れられず、

自宅でできないものかとインターネットを調べたところ、

自宅でできる方法を発見!

 

鼻づまりに有効!自宅で鼻うがいをしよう!

sick_chuusya

用意するものはこの3つ、

・塩
・お湯(人肌くらいがベストです)
・シリンジ(針のない注射器のことです。ドラッグストア、100均で代用品が買えます。)

まずは鼻うがい液を作りましょう。

くれぐれも、水道水(それも冷たい水)で鼻うがいはしないでくださいね。

痛い目にあいます。

人肌くらいの37~38度のお湯100mlを用意したら、

1gの塩を溶かします。

そう、作っているのは濃度1%の生理食塩水です。

というのも、人間の体液の塩分濃度は、

約1%(実際のところ約0.85%)なんです。

体液に非常に近い塩分濃度の生理食塩水で鼻うがいをすれば、

まったく痛くありません。

あとはシリンジに作った食塩水を吸い上げ、下を向き、

片方の鼻ずつそっと鼻の奥に流し込みましょう。

あまり最初から強く豪快に流し込まないで、

優しくそっと流し込んであげてくださいね。

口から自然に液が流れだしてくるので、

飲み込まずに流れ出すままに身を任せましょう。

鼻をすすったりしないように注意してくださいね。

筆者は自宅でもしたいと思い上記の方法に行きつき、

実際に何度も試していますが、

今のところトラブルはありません。

初めてするけど不安!という方は、

一度かかりつけの耳鼻科医さんに、

相談してみても良いかもしれませんね。

 

鼻づまり解消法② ツボを押す

ashimomi-2

これも筆者が実際に試した方法で、

つらい鼻づまりが改善されたと実感した解消法です。

冒頭でも少し書きましたが、

酷い鼻づまりが続くと副鼻腔に炎症が起き、

蓄膿症にまでなってしまうことがあります。

特に花粉症シーズンは普段、

鼻づまりが起きないような人でも注意が必要です。

鼻づまりや副鼻腔炎になると、

頭痛鼻の横の皮膚を触ると痛くなる

といった症状が起こります。

これが鼻づまり同様不快なんです。

kafun_bottoshiteru

鼻づまりだけでなく、

これらの症状にも効果があったのが、

“ツボ押し”だったんです。

鼻づまりに効果的なツボはいくつかありますが、

一番有名なものは“迎香”と呼ばれるものです。

小鼻の左右それぞれにくぼみがありますよね?

ここが迎香です。

ここを中指の先などで、

ぎゅっ、ぎゅっ、と強く刺激しましょう。

迎香だけでも結構効果はありますが、

さらに“晴明”というツボを押すとなお効果的です。

晴明は目頭と鼻の付け根の骨の間に位置します。

ここも指の腹で押し込むようにして刺激すると良いでしょう。

筆者が調べたところ、

他にもいろいろ鼻づまりに効くツボはあるのですが、

ここではひとまずこの2つをご紹介しておきます。

わかりやすい場所にありますし、

ふとした時に思い出して押しやすいので、

実践度が高いのでお勧めです。

 

【スポンサーリンク】

 

鼻づまり解消法③ 脳をだます?鼻孔開放法

pose_ikidome

これは今までの2つの方法と、

ちょっと異なるタイプの解消法です。

筆者はこの方法をインターネットで知り、

何度か試してみたのですか、

効果のほどは半々くらいでしょうか。

まったく効かない?と思うときもあったので、

個人差があるのかもしれません。

鼻づまりが起きているということは、

鼻の中で炎症が起きて、

空気の通り穴がふさがっている状態ですよね。

この解消法はあえて酸欠の状態になることで、

脳に鼻孔を開かせるように錯覚させる

という観点から編み出されたもののようです。

手順は次の通り。

① 深く息を吸いましょう
② 吐く息がなくなるまで、ゆっくりと息を吐ききりましょう
③ 鼻をつまみます
④ 頭を上下にゆっくりと動かします。まず空を見て2秒、次に地面を見て2秒。ゆっくりとカウントしましょう

『もう苦しい・・・!』という、

酸欠ギリギリのところまで続けるのがポイントだそうです。

ツボ押しと同じく、出先でも、

そして特に何もアイテムがなくてもできるのが良いですね。

筆者はもしかしたら我慢が足りないのかもしれません。

まったく効果がなかったわけではないので、

さらに効果的になるよう模索していきたいと思います。

 

まとめ

他にも「鼻を温める」などの方法をネットで見かけました。

血行を良くして鼻づまりが解消される、

というもののようですが、

筆者は鼻炎で鼻づまりが起きた際に、

鼻科医に炎症が酷くなるので、

温めないよう言われて育ってきたので、

試したことはありません。

ですがこの方法で解消した方もいらっしゃるようなので、

次回鼻づまりの際に身をもって試してみたいと思います。

不快な鼻づまりは一刻も早く治したいものですよね。

今回ご紹介した解消法のなかで、

ご自分に合ったものが見つかれば幸いです。

関連記事

赤ちゃんが突然鼻水を出し始めた時はどうすれば良いの?

咳や痰、鼻水が止まらない!これって本当に風邪なの?

風邪で耳が詰まった感じがする原因とは?対処法をまとめてみた

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031