力強く健康な体を作り上げるWEBマガジン

menu

Strong Life

母乳育児のメリットとデメリット 様々なストレスで辛いあなたへ

akachan_junyu

母乳で育てるか、ミルクで育てるか。

多くのママが悩む問題ですが、こっちが良い!と完全に言い切れるものではありませんよね。

時代によって世間一般の常識も変わりますし、個人の考え方によっても異なります。

なかには母乳が出にくいという問題を抱えたママもいらっしゃいます。

ただ、傾向としては最近では母乳育児を推奨する産院が増えているそうです。

それはやっぱり母乳育児のメリットに世間の注目が集まっているから、と言えそうです。

母乳を飲んでいる赤ちゃんはミルクだけで育つ赤ちゃんに比べ、ママの免疫力をダイレクトに受け取れます。

何より母乳だけで育てる“完全母乳”なら、ほとんどお金がかからない!というメリットも大きいようです。

逆に母乳育児は赤ちゃんが実際にどれだけの量を飲んだか分からないため夜間の授乳が増えたり、家族に赤ちゃんを長時間任せることができずママが疲れ切ってしまうというデメリットも。

実際の母乳育児には、他にどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

【スポンサーリンク】

 

母乳育児のメリット

akachan_ha_nyuushi

まずはメリットについて考えてみましょう。

母乳育児のメリットには、赤ちゃん側のメリットとママ側のメリットの両面があります。

 

赤ちゃん側のメリット

・特に「初乳」と呼ばれる、産後早い時期の母乳は栄養・抗体成分が豊富
・ママと直接触れ合う機会が多いことで、精神的状態が落ち着き、心が豊かになると言われている
・母乳に含まれる「レプチン」という成分により、赤ちゃんの脂肪細胞の増殖を防ぐ(肥満防止)
・あごの発達を促す
・免疫が受け継がれることにより、アレルギー予防に効果的
(引用元URL:http://ミルニック口コミ.xyz/

人間の赤ちゃんは哺乳類動物の中でも、最もか弱い姿で生まれてくると言います。

そんな赤ちゃんが丈夫に育つために欠かせないのがママからもらう免疫力です。

ママの身体の中で作られた母乳に含まれる免疫力は、おっぱいを通して赤ちゃんに身体にダイレクトに流れ込むので、母乳育児は赤ちゃんの身体に良いと言われています。

 

ママ側のメリット

・赤ちゃんが乳頭を吸うことで「オキシトシン」が分泌され、子宮収縮を手伝ってくれる
・骨粗しょう症や、乳がん・子宮がんが減ると言われている
・赤ちゃんとのスキンシップにより、マタニティブルーを軽減できる
・産後ダイエットに良い
・ミルク代がかからない
・ミルクを作る手間がいらない
(引用元:http://ミルニック口コミ.xyz/

まだ学術的に確かに検証されたことではないですが、母乳育児により乳がんや子宮ガンのリスクが減ると言われています。

また、栄養たっぷりの母乳を作り出すことでママの身体は大量にカロリーを消費しています。

「母乳育児は痩せる!」という声は実際に筆者の周りでも良く聞くところです。

経済面からしても、母乳育児のメリットは大きいようです。

本当に完全母乳で授乳期を終えることができるなら、ミルク代はゼロ円ですよね。

さらに哺乳瓶の購入費用など、雑費も抑えることができます。

子育てはお金がかかるもの。

できるだけ母乳で育てて将来に備えたい、と思うママたちには大きなメリットとなり得ますね。

 

母乳育児のデメリット

akachan_cry

良いところばかりの母乳育児のように思いますが、もちろんデメリットもあるようです。

例えば、

・授乳回数の多さや、薬・食事の制限などの身体的負担やストレス
・ミルクに比べ、赤ちゃんから長時間離れることが難しいため、他の人に預けられない
・外出時に授乳しにくい
(引用元:http://ミルニック口コミ.xyz/

などがあります。

完全母乳育児をしているママは四六時中赤ちゃんのそばにいなくてはなりません。

「ちょっと疲れたから息抜きしたい・・・」と思う時でも、赤ちゃんを家族に預けての外出もままならない、という知人の話を聞いたことがあります。

これでは愛しいわが子との大切なふれあいの時間も、次第に苦痛に感じるようになってしまうかもしれません。

また、母乳育児は赤ちゃんが実際にどれだけの量を飲んでいるか分からないので、おっぱいの量が足りず夜間の授乳回数が増えることがしばしばあります。

これはたとえ日中でも同じこと。

一回の授乳でお腹いっぱいになれなかった赤ちゃんが、お腹を空かせて頻繁に泣くと、ストレスを感じるママもいらっしゃいます。

そしてなかには体質的に母乳の出が出にくいママもいらっしゃいますよね。

『せっかくだから母乳で育てたい!』とやる気満々でも、いざ授乳を開始してみるとなかなか母乳が出ず、赤ちゃんに泣かれてがっかり・・・なんてことも。

 

【スポンサーリンク】

 

母乳の出を良くするには?

aisatsu_arigatou

このように母乳育児にはたくさんのメリットがあるのですが、反面、多くのストレスがママを襲うことも。

できるだけストレスを感じず完全母乳育児を達成するには、やはり母乳の量が一定量定期的に出るようになることが肝心です。

ただ、前述のように中には体質的に母乳の出が悪いママも。

母乳の出を良くするには、

・乳房のマッサージ
・水分補給
・十分な睡眠(母乳は寝ている時に作られるそうです)
・母乳の回数を多くする

などが巷では良く言われている解決策です。

ですが『いろいろ試したけどなかなか良くならない!』というママには、いま流行りの“酵素”の力を生かし女性ホルモンを増加させるサポートドリンクをご紹介します。

 

温果実と酵素の力で女性ホルモンUP!

neoki_girl_sawayaka

いま世間は空前の“酵素”ブームですよね。

代謝を上げる効果を生かしたダイエットなどの健康面に始まり、中には酵素配合の洗顔剤なんてものも。

一番馴染みのあるものは“酵素ドリンク”と呼ばれる健康食品だと思います。

今回ご紹介したいものも“酵素ドリンク”ではあるのですが、注目すべきはその素材!

妊活中に飲み始め、無事妊娠を果たした女性から「おめでたドリンク」と呼ばれるほど、女性のホルモンバランスを整えるのに絶大な効果があるそうです。

もちろん妊娠だけでなく、出産後も「飲み続けることで母乳の出が良くなった!」という声がメーカーに届いているようです。

そのドリンクとは、言歩木が作り出した「若榴da檸檬」!

公式サイトで詳細をチェック!妊活中・妊娠中・産後のママさんに!【若榴da檸檬】

 

「若榴da檸檬」の主原料はその名の通り、ザクロレモン

この2つの果実は身体を温める効果のある“温果実”で、これが新陳代謝&体温アップの秘訣。

特にザクロには女性ホルモンの成長を促す“エストロン”が含まれているので、古来から女性の美をサポートする果実として親しまれてきました。

fruit_pomegranate

また、母乳育児で肝心なのはママが摂取する食べ物に含まれる農薬添加物のたぐい。

「若榴da檸檬」は安心・安全の国産素材にこだわっています。

国産 若づみザクロ(卵子の成長を促す成分“エストロン”や抗酸化作用の“エラグ酸”が豊富)
国産 青レモン(血流を改善する働きの“ヘスペリジン”や高い抗酸化作用のある“クエン酸”が豊富)
国産 山ブドウ(普通のブドウの約10倍の“ポリフェノール”、3倍の“鉄分”、4倍の“ビタミンC”を含む)
滋養豊かな山野草(栄養価が高く、様々な病気を予防する“自己防衛成分”が高い)

など。

世間に出回る一般的な植物由来の酵素ドリンクに含まれる酵素菌は、多くても30種ほどと言われていますが、「若榴da檸檬」はなんと52種類もの酵素菌を使用しています。

上記のこだわり素材をじっくり発酵させ、作り上げた酵素ドリンク。

酵素の力で血行を良くし、新陳代謝を上げることで身体のリズムが整い母乳が出やすくなります。

また女性ホルモンが含まれているのでホルモンバランスが整い、母乳を作りやすい身体になるのです。

お試しはこちら【妊活】醗酵温果実の力で基礎体温を整える!
【若榴da檸檬】

 

まとめ

母乳育児がいいのか、ミルクがいいのか。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、選ぶのはママと赤ちゃん次第です。

ただ、母乳育児がしたいのに母乳の出が良くなくて悩んでいる・・・といったストレスを抱えているママには、ぜひ上記のようなサポートドリンクをお勧めします。

繰り返しになりますが、安心な国産素材のみを使用しているので、赤ちゃんの健康にも影響しません。

一人で悩んでいるとどんどん気持ちがふさいでしまいますよね。

そんなママたちの悩みが少しでも解決できれば、と思います。

お試しはこちら妊活に必要な体づくりに!【若榴da檸檬】

 

【スポンサーリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031